ソロキャンプに最適!軽量で収納性抜群おすすめテントまとめ

ソロキャンプを始めようか考えている方で気になるのが、ソロキャンプ用のテントに求められる製品やオススメの製品でないでしょうか。
一言でテントと言っても多彩なメーカーから数多くのテントが販売されているため、ソロキャンプのテントを探すのも一苦労。
さらにソロキャンプ用に導入したテントが想像以上に大きかったり、設営が大変なモデルだったりと失敗してしまうことも。
そんなトラブルを未然に防ぐためにも、ソロキャンプ用のテントを選ぶのに必要な性能の数々などを紹介していきます。

ソロキャンプ用テントの魅力


ソロキャンプ用のテントは1人でのキャンプでも、問題なく活用できる重量や収納サイズが採用されているのが最大の魅力です。
どうしても大型のテントはポールの数が増える関係上、1人で設営するのは苦戦してしまうもの。
加えて設営の工数が少なく、素早く建てることができる製品が数多いのも嬉しいポイントです。

[初心者必見]無骨ソロキャンプの魅せ方

2020年9月8日

ソロキャンプ用テントに求められる性能


ソロキャンプ用のテントを導入するか検討している方で気になるのが、ソロキャンプで求められる性能ではないでしょうか。
テントの導入で失敗すると資金を無駄にするだけではなく、折角貴重な休みを利用して訪れたキャンプが台無しになってしまうことも。
そんなトラブルを未然に防ぐためにソロキャンプ用のテントを導入する上で押さえておきたい、以下の概要について詳細を解説していきます。

  • 収納サイズ
  • 重さ
  • 手軽さ

それぞれ詳細を見ていきましょう。

収納サイズ

ソロキャンプ用のテントに求められる性能の一つとして、一度に運べる荷物量が限られるため収納時のサイズが小さいかどうかが求められます。
特に登山やバイクを利用したキャンプツーリングにソロキャンプ用のテントを導入する場合には、事前に用意した収納バックなどにテントが仕舞える程度の大きさになることが求められます。
そのため購入に失敗しないためには収納時のサイズがどれくらい小さくなるか、購入前に事前確認が求められるでしょう。

重さ

ソロキャンプ用のテントで押さえておきたいのが、なんと言ってもテント本体の重さです。
特にポリコットン製品など、素材選びを間違えると極端に重たくなることも珍しくないので軽量化に特化した素材であるポリエステル製の商品を選択したい所。

社長
軽量化に特化した製品であれば、荷物として運ぶときの負担も軽減してくれるため特に重要視しておきたい項目の一つでしょう。

手軽さ

ソロキャンプ用のテントで抑えたい項目として、設営は簡単に行えるかどうかという点が挙げられます。
テントの中には設営までの工数が多く、組み立てるのに非常に手間がかかる製品も珍しくありません。
加えて大型のテントは1人で設営するのには苦戦してしまうアイテムが数多く存在するため、1人用とグループ用のアイテムは別々に分ける必要があります。
そのため設営を行う手軽さも、導入で検討すべき抑えたい項目の一つでしょう。

初心者必見!1泊2日のソロキャンプで揃えるべき最低限の道具

2020年5月31日

ソロキャンプにおすすめのテントを紹介!

ソロテントの導入で押さえておきたい項目を紹介したところで気になるのが、具体的なソロキャンプで導入したいおすすめのテントではないでしょうか。
押さえておきたい項目を知ったものの、条件を満たしたアウトドアアイテムを探すのは気が折れてしまうもの。
そこで具体的なオススメテントの数々を紹介していくので、ソロキャンプに最適なテントを模索している方は是非参考にしてみて下さい。

Coleman ツーリングドーム ST

ソロキャンプの代表格とも言えるグリーンとブラックのツートンカラーが特徴的な前室付きのテントが「Coleman(コールマン)」のツーリングドームST。
靴をテント内に持ち運ぶことなく、適度に設けられた前室により住居空間を汚すことなく利用可能な利便性抜群のテントとなっています。
加えて耐水性も抜群で設営・撤収の手軽さのバランスに優れた製品でしょう。

モンベル サンダードーム2型ソロキャンプ


出典:モンベル公式ページ サンダードーム

フルメッシュを採用することで通気性抜群の夏場に最適なソロテントがモンベルから販売される「モンベルサンダードーム2型」。
見た目のコンパクトさに対して内部は幅広く設定されている特殊なH型フレームを採用しており、登山などにも最適なアイテムとなっています。
価格帯も手頃に設定されており、夏場に快適性抜群のテントを導入したいユーザーに最適なアイテムとなっています。

BUNDOKソロドーム1 BDK-8

1万円以下の価格帯で購入できる高コスパのソロキャンプ用テントが「BUNDOKソロドーム1 BDK-8」。
バイク乗りのユーザーにも愛用されるコンパクトさに畳むことが可能で、ソロキャンプに必要な「収納サイズ・重さ・手軽さ」の条件を満たしたアイテムとなっています。
3,000mmの雨天に耐えることができる設計を採用し、軽量で尚且強度の高いジュラルミン製のポールを採用することで軽量さと強度の両立を実現。
値段帯に対して受けれる恩恵が数しれないソロキャンプには十分過ぎる性能が魅力のアイテムとなっています。

モンベルムーンライトテント1型ソロキャンプ

モンベルのソロキャンプの定番でもあり、ロングセラーモデルである「ムーンライトテント1型」。
月明かりのもとでも簡単に設計できるという謳い文句が名前の由来で、吊り下げ式を採用したテントは設営と撤収の素早さからソロキャンプでも安心な設計が採用されています。
ポールをつなぎ合わせて吊るだけの単純構造は、一度使うと他のテントが利用できなくなる手軽さが魅力のテントでしょう。

テンマクデザイン パンダライト

近年人気急上昇中のテンマクデザインが提供する三角形のシルエットが可愛らしいテントが「パンダライト」。
パンダテントシリーズの中でも生地の薄さを半分にすることで、最も軽量で素早い設営を実現。
加えて半分以上を誇る前室の存在感から、ワンポールテントならではの中央のポールが邪魔で気になるというデメリットを相殺しています。
旅テントをコンセプトとして作成されているので、撤収・設営が数分以内で終わるのも魅力のテントとなっています。

ogawa(オガワ) テント ドーム ステイシーネスト

バイク乗りに最適化された最高品質のツーリングテントから高い人気を誇る小川キャンパルの販売するソロキャンプ用のテントが「ステイシーネクスト」。
最大の特徴はなんと言ってもホワイトカラーの可愛らしいデザインで、ホワイトカラーにレッドのラインが入る個性的なデザインはキャンプ場で展開するだけでもお洒落キャンプを演出可能です。
加えて使用してるポリエステルの繊維を補足することでソロキャンプに必要不可欠な軽量化に成功。
展開すると住居スペースの広さに驚かされる、機能性とデザイン性を両立した最高品質のテントでしょう。

ザ・ノース・フェイス「ストームブレーク1」


出典:ザ・ノース・フェイス公式ページ ストームブレーク1

お洒落な登山アイテムが発端で一般ユーザーにも高い支持を得ている「ザ・ノース・フェイス」のソロキャンプテント。
登山で吹き荒れる吹雪や嵐に対応すべく風の抵抗を極限まで減らすことにより、突然の突風でテントが破損する心配のないアイテムとなっています。
加えて収納時のコンパクトさも登山リュックに入る形状が採用されているため、携帯性も良好です。

ソロキャンプ用テントを導入する魅力まとめ

ソロキャンプ用のテントの導入を検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。
周りのペースに合わせることなく、自分の世界を楽しみ尽くすことができるソロキャンプ。
近年のソロキャンプブームで、1人でのキャンプを始めてみようか検討している方に当ページの情報が活用頂けると幸いです。

ソロキャンプって何するの?1泊2日のスケジュールを紹介

2021年1月3日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!