アウトドアに最適な大容量のおすすめ防水リュック・バッグを紹介

自然の中で楽しむことを前提としたアウトドアでは、 突然の雨で荷物が濡れない工夫を行わなければいけません。
そこで活躍するのがテントや寝袋などアウトドアで濡らしたくないアイテムを、持ち運ぶのに必須な防水バックです。
ですが防水バックは様々なメーカーから多数のアイテムが販売されており、アウトドアに最適な製品を探すのが難しいのも事実。
そこで当記事ではアウトドアに防水バックを導入する魅力や、具体的なオススメアイテムの概要について詳細を解説していきます。
防水バックの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

防水リュック・バッグをアウトドアで導入する魅力


結論から言うと防水バックをアウトドアで導入するメリットは、 着替えなど絶対に濡らしたくないアイテムも突然の雨から守ることができる点が挙げられます。
特にテントや寝袋は浸水すると乾きにくいだけではなく、快適な睡眠を実現するのに大きな妨げとなってしまいます。
更にオフシーズンに長期保管でテントや寝袋を寝かしている場合に水分を含むと、カビなどで台無しになってしまうことも。
そんなトラブルを未然に防ぐことができるのも防水バックの魅力で、 アウトドアでできるだけ濡らしたくないアイテムを現地まで速やかに運ぶことが可能です。
また着替えや財布などの小物をポケットに収納するのにも防水バックが大活躍。

社長
特に車が利用できない登山やバイク旅といったシチュエーションで大活躍すること間違いなしのアイテムでしょう。

もう雨のキャンプも怖くない!設営・撤収・帰宅後にすべき雨天対策のまとめ

2020年7月17日

リュック・バッグ選びで知っておきたい防水と完全防水の違い


防水バックには大きく分けて3種類の防水製品が存在。
防水に関する主な種類としては、一例を挙げると以下の通りになります。

  • 撥水
  • 防水
  • 完全防水

それぞれ詳細を深堀りしていきましょう。

撥水

撥水は水を弾く性能を搭載した製品で、 内部に水が侵入する構造は採用されていません。
表面上をコーティングされている製品が多く、撥水性のしか備わっていないにもかかわらず「防水」と言う名目で販売する防水バックを珍しくないため、購入の際には十分注意しましょう。

防水

製品の生地を防水性の誇るものを採用し、内部に水分が侵入しづらい構造を採用したアイテム全般が防水アイテムです。
あくまでも内部に水分が侵入しづらい構造を採用している製品が大半で、水を貯めたお風呂などにつけると内部に水分が流入してしまいます。
そのため梅雨や台風などで発生する長時間の土砂降りには耐性がなく、完全に水分を遮断することができないため注意が必要です。

完全防水

ゴム素材などを採用することで完全に水分をシャットアウトすることが可能なアイテムが「完全防水」のアイテムです。
縫い目などは内部に水分に侵入を許さない構造を採用しており、チャック部分なども水分が中にはいらないように工夫されたバックが大多数。
特に絶対に内部のアイテムを濡らしたくない場合に検討すべきアイテムがこの「完全防水」のアイテムでしょう。

防水スプレーの安全な使い方と厳選ベスト7!

2019年8月9日

アウトドアに最適なオススメ防水バック

防水バックの種類や具体例について解説したところで気になるのは、具体的なオススメの防水バックではないでしょうか。
そこでアウトドアやキャンプに最適な防水バックのオススメ製品の具体例を紹介していきます。
寝袋が濡れる現象に悩まされている方や、これから防水バックの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

パタゴニア ブラックホールリュック・パック

アメリカ合衆国発端の登山やサーフィン用具、軍事用品の開発を行う「パタゴニア」から販売される防水パックが「ブラックホールバック」です。
アウトドアに必要な用具を詰め込むことができる25リットルの容量を採用しており、小型のテントや寝袋を楽々収納できる性能が魅力の製品となっています。
軍事用品や登山用品として開発されたのが詰め込まれた一品なので、機能性に特に信頼の置ける製品でしょう。

シマノ システムバッグXT

大手釣具メーカー「シマノ」が販売する大容量防水バックが「システムバックXT」です。
常に水と隣り合わせなフィッシング専用のアイテムとして開発されただけあり、防水性に対する性能はピカイチ。
生地が固めに作られているので、長年使い込む味わい深さや高い耐久力が期待できるアイテムでしょう。

デグナー ウォータープルーフボストンバッグ

リュックサックタイプではなく、アウトドアアイテムの持ち運びに最適なボストンバックタイプの防水バックが 防水製品を数多く販売するバイク用品メーカー「デグナー」から販売される「ウォータープルーフボストンバッグ」です。
大容量の40リットルを採用しており、横積みにできるため車での持ち運びやバイクでの移動に特化した形状が魅力的。
また開け閉めが楽々なボストンバックタイプを採用しているので、取り出したい荷物を横に並べてさっと取り出せるも「ウォータープルーフボストンバック」の魅力です。

ノースフェイス BC Duffel

機能性の高さとおしゃれさを兼ね備えた製品の数々から一般ユーザにも高い人気を誇る「ザノースフェイス」から販売されるボストンタイプの防水バックが「BC Duffel 」シリーズ。
脅威の容量70一リットルを採用しておりアウトドアアイテム意識を詰め込むことができる大きさが最大の魅力です。
加えてカラーバリエーションも豊富なので自分好みのカラーを選択して、長期間利用できるのも嬉しいポイントでしょう。

ラドウェザー 防水リュックサック

アメリカと日本の共同開発により制作されている大人気ブランド「ラドウェザー」が販売する超コスパの40リットル容量を誇る防水バック。
さらに丁度良いサイズ感からアウトドアだけではなく、バイク通勤など 現地の天候の変化に振り回されるシチュエーションでも活躍するアイテムです。
カラーバリエーションも豊富に展開されており高いデザイン性も魅力な、アウトドアスタイルとお洒落さを兼ね備えたアイテムでしょう。

コールマン リュックサックウォーカー33

高いコストパフォーマンスを誇る製品の数々から、幅広いキャンパーに高い評価を得ているアメリカ生まれのアウトドアメーカー「Coleman」が販売する防水バックが「リュックサックウォーカー」シリーズです。
テントや寝袋を収納するためのバックを別に所有しており、着替えや小物等の濡らしたくないアイテムを収納するのに大きすぎず最適なアイテムを探している方に最適な製品となっています。
お財布に優しい良心的な価格帯と機能性の高さもコールマン製品ならではの魅力でしょう。

サイバトロン バックパック

防水性の高さと機能性を兼ね備えた、アウトドアに最適なミリタリー製品を販売するメーカー「サイバトロン」の大容量バックパック。
無骨なデザインと機能性の量機能を兼ね備えており、 人工工学に基づいて設計された肩パットを採用し持ち運びの疲れを軽減することが可能な製品を行っています。
さらに低温下でも断裂しないKAMバックルを採用しているため、極寒地での使用にも耐えることができる頑丈さも魅力でしょう。

アウトドアリュックの人気のブランドは?キャンプにおすすめ!

2019年7月12日

アウトドアに最適なおすすめ防水バックまとめ

キャンプなどに用いるアウトドア用の防水バッグをお求めの方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。
防水バックは数多くのメーカーから様々な種類の製品を販売しているため、どうしても探すだけで一苦労。
そんな防水バックを探している方々や、 どんな製品を選べば良いか分からない方々への参考として、当記事がお役に立てば幸いです。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!