コスパ良好でアウトドアに最適なキャリーカートのおすすめ商品5選

グループキャンプやファミリーキャンプなど、大人数のキャンプで一度に運ぶ荷物が多く困ったことありませんか。
特に利用人数が多ければ多いほど、使用するアイテム大型になる傾向が強いので苦労する方も多い筈。
荷物が多いと家から車まで何回も荷物を運ぶために往復したり、現地に到着後テントサイトまで往復したりと非常に面倒です。
そんな悩みに最適なのが、一度に大量の荷物を運搬することが可能な「キャリーカート」となっています。
当記事では「キャリーカート」を利用するメリットや、 おすすめ商品の具体例について詳細を解説。
キャンプでの荷物運びに頭を悩ませている方に最適な内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプの荷物運びに最適!アウトドア用のキャリーカートとは?


結論から言うとアウトドア用のキャリーカートは、一度にアウトドアアイテムを大量に運ぶことができるカートです。
アウトドア用のキャリーカートは、通常はコンパクトなりテントサイトでの荒れた道でも運搬できる構造を採用しています。
そのため悪天候でぬかるみの激しい現地に遭遇した場合でも、 専門品ならではの活躍を見せてくれることも。
さらにキャリーカートを導入することによって得られる、以下の3ポイントについて解説していきます。

人数の多いキャンプで大活躍

キャリーカートは、大型のアイテムが集中しやすいグループキャンプやファミリーキャンプとの相性が最高です。
特に複数人で利用することを想定されたテントや、 タープなどを始めとしたアイテムは重量と大きさから1つずつしか運べないことも。
そんな悩みを抱えるキャンプでも、複数のアイテムを1度に大量に運べるため車への荷降ろし負担を大幅に軽減できます。

社長
設営と撤収の時間を大幅に短縮することができるので、貴重な休暇を圧迫したくない方々にも最適なアイテムですよ。

現地ではテーブル代わりになる製品も!

アウトドアアイテムの積み下ろしに利用した後ですが、アウトドア専用のキャリーカートはテーブル代わりになる製品も数多く存在します。
加えて使用しないときには折りたたみできる製品も珍しくないため、大きく場所を圧迫する心配もありません。

やまひつじ
利用しないアウトドアアイテムを一時的に避難する場所を確保できるのも、アウトドア用キャリーカートの魅力ですね。

BBQなど幅広いシチュエーションで活躍

キャリーカートはキャンプだけに限らず、BBQやレジャーなど大量の荷物が発生する場面で大活躍します。
そのため1つ導入しておくだけで幅広いアウトドアレジャーに応用が利くため、キャンプ以外にも活躍するのも嬉しいポイント。
加えて大型スーパーなどで大量の買い出しを行う場合や家具の購入、ゴミ出しなど私生活でも大活躍します。
そのためキャンプなどのアウトドアだけではなく、幅広いレジャーや日常でも活躍するのもキャリーカートのメリットの1つでしょう。

キャンプ道具を運ぶのにあると便利なキャンプカート!選び方とおすすめ商品をご紹介

2020年9月22日

荷物を積載しきるためにアウトドア用キャリーカートの選び方は重要


アウトドア用キャリーカートの選び方の目安としては、一度に運べる荷物の容量や機能性、耐荷重などが挙げられます。
荷物の容量を確認せずに、値段だけで選んでしまうとクーラーボックスなど大型の荷物が乗り切らないトラブルが発生することも。
またアウトドアの現地ではテーブルとして利用できる天板が付属されるかなど、機能性の項目もカート選びの重要項目です。
そのためアウトドア用キャリーカートを選ぶには値段だけではなく、荷物の容量や機能性等を確認した上で購入を行いましょう。

キャンプ道具を運ぶのにあると便利なキャンプカート!選び方とおすすめ商品をご紹介

2020年9月22日

キャンプに最適なおすすめのアウトドア用キャリーカート5選

アウトドア用キャリーカートの魅力や選び方の概要について解説したところで、気になるのが具体的なおすすめ製品ではないでしょうか。
そこでこれからアウトドア用キャリーカートの導入を検討している方に向けて、具体的なおすすめ製品の数々について紹介していきます。
アウトドア用キャリーカートの導入を検討しているものの、製品選びの時間がない方はぜひ参考にしてみてください。

【Amazon.co.jp限定】コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

アメリカ生まれの大人気アウトドアブランド「Coleman」が販売する、大容量のアウトドア用キャリーカート。
荒れた道でも頼り強く運搬してくれるストッパー付きのホイールが特徴で、荷崩れ防止のフックが備わっているのも嬉しいポイントです。
アマゾン限定カラーのワイルドなミリタリーカラーで、普段遣いにも最適なデザイン性が堪らないアウトドア用キャリーカートでしょう。

耐荷重:約100㎏ サイズ:約106×53×100cm

DOD(ディーオーディー) アルミキャリーワゴン

可愛らしいうさぎマークが目印のアウトドアブランド「DOD」から販売されるアルミ製カートです。
アルミで構成されていることにより、女性でもらくらく運べる軽さが魅力で 12時にはキャリーバックのように転がして運ぶことも可能。
利便性の高さに加えて、可愛らしいデザインを求める方にも最適な製品となっております。

耐荷重:(約)100kg サイズ:(約)96×58× 61cm

テントファクトリー キャリーワゴン オールランド ワゴン

どうしても泥などで汚れやすいアウトドア用キャリーカートのデメリットを、取り外し可能で丸洗い可能な生地を採用し解決した製品です。
付属される専用カバーは タイヤまですっぽりと収納することが可能なので、家庭での収納で見栄を気にする方にも最適。
加えて3種類のカラーバリエーションから選べるため、好みのカラーで統一したい方にも最適なアウトドア用キャリーカートでしょう。

耐荷重:約80kg サイズ:93x51x57cm

ロゴス(LOGOS) 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ

ファミリーキャンプ製品の品質の高さから、幅広い世代で人気を誇るアウトドアブランド「ロゴス」から販売されるアウトドア用キャリーカート。
タフに使用されることを想定し 頑丈に設計されたポリエステル製の生地により、 汚れにくく設計されているのが嬉しい製品です。
一度に大量の荷物を運べるカートだけではなく、飲み物の収納に最適なクーラーバックが付属されるセットタイプとなっています。

耐荷重:105kg サイズ:82×40×32cm

DABADA(ダバダ) キャリーカート

低価格にもかかわらず品質が高く近年高い人気を誇るアウトドアメーカー「DABADA(ダバダ)」のアウトドア用キャリーカート。
ネット通販でのみ取り扱いを行い、コストを抑えてアウトドアユーザーに提供している製品はアウトドア用キャリーカートも例外では有りません。
1万円を切る値段帯で、耐荷重150kgに設計されていることから値段に対して明らかに頑丈に設計されていることが数値から読み取れます。
できるだけ値段を抑えて大量の荷物を運べる頑丈なアウトドア用キャリーカートを探している方に、ぴったりの製品でしょう。

耐荷重:150kg サイズ:54.5×92.5×90cm(ハンドル最長)

アウトドア用キャリーカートの概要まとめ

最後にアウトドア用キャリーカートの魅力や、導入を検討している方が押さえておきたい選び方のポイントについてまとめていきましょう。

【アウトドア用キャリーカートの魅力】

  • 大型アイテムが集中しやすいグループキャンプやファミリーキャンプと相性が良好
  • 車への往復を最短で済ませることができるので、設営と撤収の時間を大幅に短縮可能
  • テーブル代わりなど機能性に優れた製品も
  • アウトドアだけではなく、幅広いレジャーや日常生活でも利用が可能

【アウトドア用キャリーカートの選び方】

  • 最大容量を確認する
  • 折りたたみ式や、テーブル化可能など機能性を確認する
  • 耐荷重を確認する

キャンプやアウトドアで一度に大量の荷物運べるアウトドア用キャリーカート導入を検討している方は、参考になったでしょうか。
アウトドアアイテムは利便性を追求するほど、ギアの数がどんどん増えていってしまうため荷物の運搬に苦労してしまうことも。
特に車への積み下ろしは、貴重なアウトドアの時間を圧迫してしまう無駄時間になりやすいため早めに導入を検討したいもの。

社長
導入するだけで アウトドアで楽しむ時間を確保し、帰宅時の片付けを楽にしてくれるアウトドア用キャリーカートの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!