キャンプに最適なアウトドア用ゴミ箱のオススメ製品を5選ピックアップ!

キャンプなどで意外と頭を悩ませるのは、アウトドアで発生しがちなゴミ問題ではないでしょうか。
どんなにお洒落なアウトドアアイテムを買い揃えようと、足元がゴミで汚れていた場合には全てが台無しになってしまいます。
そこで活躍するのがアウトドア専用のゴミ箱で、 導入するだけで見栄えが最悪のテントサイトを一変させることが可能です。
そんなアウトドア専用のゴミ箱を導入するメリットや、具体的なおすすめ製品について紹介していきます。
アウトドア用のゴミ箱を導入しようか検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アウトドア用ゴミ箱をキャンプに採用するメリット


一見すると必要がないように感じるアウトドア用のゴミ箱ですが、普段のキャンプに導入することで様々なメリットを得ることができます。
そんなアウトドア用ゴミ箱を導入するキャンプのメリットの数々について、以下の3ポイントで解説していきます。

  • 小汚い印象を一変させることが可能
  • 他のキャンプ用アイテムを汚すことなく使用できる
  • 気軽に物を捨てることができる快適性

以上のアウトドア用ゴミ箱の項目について、概要を解説していきます。

おしゃれなキャンプにするならゴミ箱を使おう!おすすめから自作も!

2019年5月11日

小汚い印象を一変させることが可能

アウトドア用のゴミ箱をキャンプに投入すると、ゴミで散らかりがちなアウトドアスペースを綺麗に保つことができます。
どうしてもビニール袋にゴミを詰め込んだ状態でキャンプを行うと、端から見るとどうしても汚く見えるもの。
しかしアウトドアでは飲み物や食材を開封するなど、 多量のゴミが発生しがちです。
そんな発生するゴミの数々をアウトドア用のゴミ箱は、端から見えないように片付けることが可能となります。

社長
アウトドア用ゴミ箱を導入するとキャンプで散らかりがちなテントサイトのスペースの印象を一変することができますね。

他のキャンプ用アイテムを汚すことなく使用できる

アウトドアで発生した食材などのゴミの数々は、 風で吹き飛ばされテントやターブに付着するなど汚れをつけてしまいがちです。
せっかくお洒落なアウトドアアイテムを導入したのに、生ごみが付着することにより匂いが取れないトラブルに発生することも。
そんなキャンプ用アイテムを汚してしまうトラブルを未然に防ぐことができるのも、アウトドア用ゴミ箱を導入する魅力です。

気軽に物を捨てることができる快適性

アウトドア用のゴミ箱を導入すると、キャンプ場でも自分の住居のように気軽にものを捨てることが可能です。
キャンプ場では周りが見えにくくなった夜間等でゴミ捨て用のビニール袋を毎回探すのは、どうしても煩わしいもの。
そんな面倒臭さもアウトドア用のゴミ箱を導入することで、決まった場所に処分することができるので解消することができます。

やまひつじ
処分用の袋を常に広げておく事ができるため、アウトドアクッキングで発生する生ごみの処理にも最適ですね。
社長
自宅のキッチンのような利用感で、アウトドアクッキングで発生するゴミを処分できるのも導入するメリットの一つでしょう。

近年のキャンプブームによるごみ問題


近年ではキャンプブームによりユーザーが増加していることから、人気のキャンプ場は残念ながら度々ゴミ問題が発生しています。
特にキャンプを初めて行う初心者であればキャンプ場で発生するゴミも想定できない場合も多く、心ない利用者が放置していくケースも。
市町村が運営する無料で利用できるキャンプ場の中には、マナーを守らないキャンパーの影響で閉鎖している場所も珍しくありません。
加えてキャンプ場でゴミを処分してくれる施設は限られているため、 アウトドアで発生したゴミは基本的に持ち帰りとなります。

社長
キャンプ場へのゴミ放置は初心者であれと言い訳にはならないため、今後も心地よく利用するためにも必ずゴミを持ち帰りましょう。

キャンプ時のマナーについて、あなたは自然と一体になれる?

2019年6月22日

アウトドア用ゴミ箱のおすすめ商品5選

アウトドア用のゴミ箱をキャンプに導入するメリットの数々について解説したところで、気になるのが具体的な商品ではないでしょうか。
そこでアウトドア用のゴミ箱に最適なお勧めの製品を5つほど、当記事では紹介していきます。
アウトドア用ゴミ箱の導入を検討しているものの、リサーチが面倒な方はぜひ参考にしてみてください。

DOD(ディーオーディー) ステルスエックス

ゴミ箱の上部に設置する蓋代わりの板を利用して、 軽作業を行うことも可能なアウトドアブランド「DOD」のゴミ箱。
ゴミ箱の内部では最大6種類のゴミ分別間で、丈夫で作業中でもサイドからゴミを捨てることができる機能性が魅力的です。
ベージュカラーとブラックカラーの2種類が販売されており、インテリアのようなお洒落なデザインも嬉しいポイントでしょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFダストスタンドカバー

高品質の金属製アウトドア製品で高い人気を誇るアウトドアメーカー「ユニフレーム(UNIFLAME) 」のアウトドア用ゴミ箱。
シンプルながらも質の高い作りから、アウトドアだけではなく家庭用としても最適なアイテムとなっております。
社長
ただし購入の際にはカバーと本体が別売りとなっているので、十分注意しましょう。

Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー) JUTE Dust Bags

created by Rinker
Oregonian Camper(オレゴニアンキャンパー)
お洒落を追求している方にお勧めしたい製品が、可愛らしいデザインを採用した「オレゴニアンキャンパー」のダストバッグ。
紙袋上の形状採用しており、鉄芯部分がないため畳んだり折りたたんだりして運ぶことが可能なのも嬉しいポイントです。
積載量が限られる場面でゴミ箱が導入できない悩みをお持ちの方でも、利用しやすいダストバックでしょう。

スノーピーク(snow peak) ガビングスタンド DB-030

お洒落なアウトドアアイテムの数々から高い人気を誇るスノーピークのアウトドア用のゴミ箱が「ガビングスタンド」。
特殊素材であるターポリン素材で構成されており、汚れや水に強い ゴミ箱に求められている性能を思う存分発揮できるアイテムとなっています。
加えてスノーピークの大人気商品「IGT」ともマッチするデザインを採用しているので、スノーピーク製品で全てを統一したい方にも最適な製品でしょう。

Hilander(ハイランダー) ダストスタンド

近年コストパフォーマンス良好なアイテムを数々排出していることから、人気が高まっている「Hilander(ハイランダー)」のダストスタンド。
軽量で丈夫なポールを組み合わせて構成された構造により、軽量にも書かわらず高い耐久度を実現しているアイテムとなっています。
加えて大人気商品であるウッドローテーブルの天板にジャストサイズのサイズを採用しているのも、嬉しいポイントでしょう。

アウトドア用ゴミ箱の概要まとめ

最後にキャンプでアウトドア用ゴミ箱を利用するメリットをまとめていきましょう。

【アウトドア用ゴミ箱メリットまとめ】

  • ゴミで散らかりがちなテントサイトを綺麗に保つことが可能
  • テントやタープ等をゴミで汚すことなくキャンプを楽しめる
  • 自室のように気軽にゴミを捨てることができるため、快適性が向上

アウトドア用ゴミ箱の導入を検討している方は、参考としてお役立ていただけたでしょうか。
アウトドアブームよりキャンパーのマナーが最重視されている現状で活躍間違えなしの、アウトドア用のゴミ箱。
どうしてもゴミが散らかりがちなキャンプでゴミを綺麗に回収できるため、 環境への配慮にもぜひ導入したいアイテムの1つです。

社長
今後キャンプでのゴミ処理に活躍するアイテムとして、 アウトドア専用のゴミ箱の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コスパ最強のアウトドアグッズ「100均アイテム」とアレンジ方法を紹介!

2020年9月11日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!