【真冬キャンプの必需品!?】キャンプ用薪ストーブの魅力・注意点やおすすめ製品を紹介

真冬でのキャンプは、透き通った空気により周囲の景色が美しく夏場とは違った楽しみを堪能することが可能です。
ですが冬の間のキャンプは生半可な装備では気温に対応できず、景色どころではないことも珍しくありません。
そこで活躍するのが真冬のキャンプでも、周囲を高火力で温めてくれる大活躍する薪ストーブです。
当記事では真冬に大活躍する薪ストーブの数々について、概要を解説していきます。
真冬で暖房器具の一つとして薪ストーブを検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

アウトドアで薪ストーブを導入する魅力


一見するとキャンプにはオーバースペック見に見える薪ストーブですが、寒い季節には大活躍するアイテムの一つ。
そんな肌寒い季節や厳冬に大活躍する、薪ストーブを導入する魅力の一例を以下の2ポイントで解説していきます。

  • 真冬キャンプに大活躍
  • 熱を利用して料理ができる製品も存在

薪ストーブの導入をキャンプで検討している方は、是非参考の一例にしてみて下さいね。

真冬でのキャンプで大活躍

真冬のキャンプで問題になるのが、厳しい寒さにより凍えながら過ごす夜となります。
折角澄み渡った空気と冬の大三角形が織りなす絶景の夜空が楽しめても、外で凍え続けては感動より辛さのほうが勝ってしまうことも。
そこで活躍するのが家庭用ストーブや暖炉のような利用感で、周囲を温めてくれる薪ストーブです。

社長
厳しい寒さが辛いキャンプでも快適な環境を実現することができるのも、薪ストーブの嬉しいメリットでしょう。

中には熱を利用して料理ができる製品も

薪ストーブの中には暖を取りながら、同時に料理をすることができる製品も数多く販売されています。
加えて釜の中では400度以上の熱を伴う製品も珍しくなく、家庭では実現することが出来ない高火力での焼き上げも可能です。
そのためピザや焼き芋といった幅広いバリエーションの料理を作成できるのも、薪ストーブを導入するメリットとなっています。

キャンプに使う薪ストーブの魅力って?おすすめの人気薪ストーブについてもご紹介!

2019年3月9日

薪ストーブの選び方のポイント


薪ストーブの魅力が分かったものの、気になるのが薪ストーブを選択する上で重要なポイントではないでしょうか。
結論として薪ストーブの選び方としては構成されている素材や重量、他社製品にはない機能性などが挙げられます。
薪ストーブは主にステンレスや鉄を素材とする製品が大多数で、それぞれ以下のような特徴を持っています。

  • ステンレス:錆びにくく耐久度抜群、比較的軽い
  • 鉄:コスパ良い製品が大多数で、熱伝導により暖かい

ステンレス製品は食器などにも採用されていることの多い、耐久度と軽さが自慢の製品で良い製品を長く使用したい方に最適です。
一方鉄製品は錆びやすいのでマメなメンテナンスが必要なものの、良好な熱伝導率により温まりやすいといった特性を持っています。
加えて鉄製品は遠赤外線効果により料理をより美味しくできる効果も持っているので、アウトドアクッキングに拘りたい方にも最適でしょう。

薪ストーブ使用の際で注意したいこと

薪ストーブを使用する上での最大の注意点は、テント内など室内で使用して一酸化炭素中毒に陥る事です。
製品によってはテントなどの室内で利用することを想起させるイメージ画像を載せている場所も多いのが実情。
ですが原則として利用禁止しているところが大多数で、最悪の場合は一酸化炭素中毒に陥り命を落とす危険性も。
特にファミリーキャンプで小さなお子様を連れる場合、身体が小さな子どもは肺も小さくなるため呼吸回数が多い点に注意が必要です。
そのため子供は大人と違い血液に一酸化炭素を取り込みやすいので、一酸化炭素には十分注意を払いましょう。
そのため室内で使用する際にはユーザー側の自己責任となるため、自身がない場合には利用しないなどの選択を取りましょう。

薪ストーブの煙突温度は何度? ポリテント/TCテントが溶ける温度を検証してみた!

2020年4月17日

薪ストーブのおすすめ商品5選

薪ストーブの魅力などの注意点を解説したところで次に気になるのが、具体的なおすすめ製品の数々ではないでしょうか。
そこで薪ストーブの導入をキャンプで検討していることに向けて、おすすめの薪ストーブ製品を5つほど紹介していきます。
薪ストーブの導入を検討しているものの、どのアイテムを選べば良いかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO

入門用のアイテムの数々から、様々なアイテムを取り扱うアウトドアメーカー「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 」の薪ストーブ。
他社製品の薪ストーブより比較的良心的な値段に設定されており、まずは薪ストーブというものを試してみたい方に最適な製品です。
大小のゴトクも備わっており、同時に2つの料理を作成することができるのも「KAMADO」の大きな特徴でしょう。

笑’s フォールディング薪ストーブ 焚き火の箱G-neo

比較的コンパクトに収納できる、最高品質の薪ストーブを販売しているのが「笑’s」です。
全面炎眺めながら暖をとることができる耐熱ガラスを採用しており、いつまでも飽きがこないデザインがポイント。
加えて清掃が面倒な灰も下から引き出せる機能より、 わざわざ道具を使用して掻き出す必要もありません。
最高品質の商品を長期的に利用したい方には、特にオススメしたい製品の1つでしょう。

ogawa(オガワ) ちびストーブ3

名称通り持ち運びに特化した折りたたみ式の薪ストーブが「ogawa(オガワ) 」から販売される「ちびストーブ」です。
採用されている材質はステンレス製で比較的軽く、薪ストーブらしい見た目可愛らしいアイテムとっています。
薪ストーブを導入したいものの、最小限の荷物で済ませたいユーザーと相性ぴったりの製品でしょう。

ホンマ製作所 ステンレス ストーブコンロセット

ホンマ製作所ならではの洗練されたデザインと、高い耐久性を兼ね備えたメイドインジャパンが売りの薪ストーブ。
不安定になりやすい煙突も支えるためのセットが付属されているため、風などで倒れる心配が少ない嬉しい機能性が搭載しています。
耐火ガラスが三面用意されているので、視覚的癒やし効果溢れる炎を視覚的に楽しむことができるデザインも嬉しいポイントです。

CHANGE MOORE 薪ストーブ

「CHANGE MOORE」が販売する、ストーブ内の空気を調整することにより内部の火力を調整できる巻ストーブです。
側面に採用されている耐火ガラスは、高品質なガラス製品を数多く多く手がけるドイツ社の「Schott(ショット)」が製造。
最大動作温度は摂氏1,200度にも及ぶ高い耐久度を誇る、高品質なガラス越しに揺らめく炎を堪能することが可能です。
また煙突から排出される火の粉によるトラブルを防ぐ、「スパークアレスター」を搭載している安心材料も魅力の薪ストーブでしょう。

薪ストーブにお手入れは?必要性やお手入れ方法を解説!

2020年12月15日

薪ストーブの魅力・注意点の概要まとめ

薪ストーブの魅力や、導入の際での注意点についてまとめていきましょう。

【薪ストーブ利用の魅力・注意点】

  • 400度以上を伴う熱により、周囲を温めることが可能
  • 暖をとりながら、アウトドアクッキングを楽しむことができる
  • 家庭では実現できない高温で、美味しく料理を仕上げることが可能
  • サビにくく耐久度抜群で比較的軽い製品を求めている場合には「ステンレス」製品
  • 熱伝導率から温まりやすく美味しい料理を撮影したい場合には「鉄」製
  •  一酸化炭素により死亡事故に発展する恐れがあるため、利用の際には細心の注意を払う

寒い季節のキャンプで、薪ストーブの導入を検討している方は参考としてお役立て頂けたでしょうか。
辛い季節で寒さを和らげてくれる重要アイテムの1つである薪ストーブは、 冬場での必需品とも言えるアイテムです。

社長
冬ならではの澄み切った空気で、 満点の星空を眺めることができる絶景キャンプへ出かけてみてはいかがでしょうか。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!