キャンプでパン焼きを行う方法・おすすめアイテムの概要を紹介(ホットサンド・ロースター・窯)

気軽にキャンプやデイキャンプなどで本格的なパン料理を楽しめる「パン焼き」。
キャンプで用いる「パン焼き」は、導入するだけで料理のバリエーションを数多く増やすことができます。
加えてキャンプでのパン焼きは家庭用のオーブンと異なり、薪などの燃料調達が可能です。
そのためアイテムを揃えれば、キッチンでは作成できない風味でパンを焼き上げることができるのも魅力的。
そこで当記事では、キャンプで活躍するパン焼きアイテムの数々を紹介していきます。
キャンプなどで、料理のバリエーションに悩んでいる方に最適な内容です。
キャンプにパン焼きアイテムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャンプ飯のバリエーションを増やしたいならパン焼きに挑戦しよう!


結論から言うとキャンプでパンを焼く方法は複数存在し、焼き上げる方法によって導入するアイテムが異なります。
理由としては用いるユーザのニーズが異なって、選択すべきアイテムが大きく異なるため。
手軽に焼き上げて簡単に料理のバリエーションを増やす目的のアイテムと、本格的なパンの焼き上げを求めているユーザーでは揃えるアイテムが異なります。
ですがキャンプ初心者であれば、どのようなアイテムで目的に沿ったパン焼きを行えるか具体的事例がわからないもの。
そこで以下の5アイテムの概要について、詳細を深掘りしていきます。

  • 「ホットサンドメーカー」を使う焼き上げ方法
  • 「ロースター」を使う焼き上げ方法
  • 「フライパン」で焼く方法
  • 「ダッチオーブン」で焼く方法
  • 「焼き窯」で焼く方法

それぞれの概要について詳細を解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ホットサンドメーカー」を使った手軽なパンの焼き方


ホットサンドメーカーを利用してキャンプでパン焼きを行う場合、おすすめのユーザーの特徴として以下の3ポイントが当てはまります。

  • 手軽で素早く、バリエーション豊富なキャンプの朝食を楽しみたい方
  • 油の汚れの激しい料理を求めておらず、片付けの手間を減らしたい方
  • サクサクとした香ばしい焼き加減を求めているユーザー

ホットサンドメーカーを利用したパン焼きに向いているユーザの特徴として、「手軽さ」を求めていると言う点が挙げられます。
ホットサンドメーカーは5分ほどで次々と、サクサクとした食感のホットサンドを楽しむことができるアイテムです。
加えて汁物や油を大量に消費するキャンプ料理と比較しても、最低限の汚れで済ますことも可能。
そのため 手軽にパン焼きを楽しみたいユーザーには、「ホットサンドメーカー」がおすすめのアイテムでしょう。

やまひつじ
最近ではホットサンドメーカーを利用したキャンプ飯も流行っていますよ!

ホットサンドメーカーの活用レシピをご紹介!おすすめのホットサンドメーカーについても

2020年5月14日

ソロキャンパーにもおすすめ!「ロースター」を使ったパンの焼き方

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひろし(@hiroshi_no_camp)がシェアした投稿


ホットサンドメーカーを利用してキャンプでパンを焼を行う場合、おすすめのユーザーの特徴として以下の3ポイント。

  • キャンプのパン焼きで、自分好みの焼き上げを求めているユーザー
  • パン焼き以外にも、キャンプ料理で応用が可能なアイテムを求めているユーザー
  • 最低限の荷物でパン焼きを行いたい、ソロキャンプユーザー

キャンプのパン焼きでトースターの導入がオススメな方の特徴として、最低限の荷物で応用が利くアイテムを求めている方という点が挙げられます。
「ロースター」とはバーナーやコッヘルを利用して、自分好みの焼き加減でパン焼きなどを行うことができるアイテムです。
パン焼きの他に、お餅や焼き鳥などを焼き上げるのにも応用が効くのもロースターを導入する魅力の1つ。
特に一度に運べる荷物の量が限られるソロキャンプや登山、ツーリングなどと相性が良好なパン焼きアイテムでしょう。

生地からこねる本格的なパンの焼き方


キャンプでのパン焼きは食パンなどを利用して手軽に焼き上げる方法のほかに、生地をこねて焼く本格的な方法が存在。
生地からこねたパンをキャンプで楽しむために必要な道具の一例として、以下の3点などが挙げられます。

  • キャンプのパン焼きを、フライパンで行う方法
  • キャンプのパン焼きを、ダッチオーブンで行う方法
  • キャンプのパン焼きを、焼き窯で行う方法

それぞれキャンプで、生地から練り上げたパン焼きを楽しみたい方が導入検討の視野となるアイテムの詳細を解説していましょう。

フライパンで焼く

生地からこねたパンを焼き上げる方法として、選択肢の1つとして挙げられるアイテムが「フライパン」です。
キャンプでパン焼きを行いたい方に「フライパン」の導入が向いているユーザーの特徴は、以下の3ポイントとなります。

  • 最低限の道具で、一から練り上げたパンを焼き上げたい方
  • 既に家にあるアイテムを利用して、キャンプでパン焼きを行いたい方
  • 一度に大きなパンを焼きあげたい方

キャンプで生地を練り上げる場合には、 汚れがつかない場所を確保する必要があります。
ですが野外活動において、土などの汚れを一切混入せずパン生地を練り上げるのは中々難しいもの。
そこで活躍するのがフライパンで、フライパン内部で生地の練り上げや発酵、焼き上げまで全て行うことが可能です。
また家庭に一つは揃えている代表調理器具の一つなので、わざわざキャンプ専門アイテムを揃えなくてもよい点もポイント。

やまひつじ
フライパンは、家庭にある最低限の道具で全ての作業を済ませたい方に最適なパン焼きアイテムですね。

ファミリーキャンプにおすすめのフライパン!素材も解説!

2020年4月27日

ダッチオーブンで焼く

更に生地から練り上げたパン焼きを行うのに適したアイテムの一つが、様々な料理に活躍する「ダッチオーブン」です。
「ダッチオーブン」を利用したパン焼きを行うのに向いているユーザーの特徴は、以下の3ポイントとなっています。

  • 既にダッチオーブンを持っている方
  • ダッチオーブンと焚き火を組み合わせて、更に料理のバリエーションを増やしたい方
  • 高温調理により家庭で再現できないパンの味を楽しみたい方

寒い季節のキャンプで、汁物作成に最適なダッチオーブンは焚き火の高温を利用してパン焼きを行うことができます。
そのためメイン料理の作成前に、事前に用意した生地を焼き上げることでプラスもう一品追加できるのが嬉しいポイントです。
ただしダッチオーブの注意点としては火力調整が難しいため、クッキングシートを利用するなどの工夫が必要になります。

本格的なキャンプ飯を楽しめる!ダッチオーブンの選び方とおすすめ品の解説!

2020年12月22日

焼き窯で焼く

最後にキャンプでしか味わうことができない、本格的なパン焼きを行いたいユーザーに最適なアイテムが「焼き窯」です。
「焼き窯」でキャンプのパン焼きをおすすめしたいユーザーの特徴は、以下の3ポイントです。

  • 高火力で外側をサクサクに焼き上げた、本格的なパン焼きを行いたい方
  • 薪特有の香り付けを行い、家庭では再現できない味を楽しみたい方
  • 焼き窯の熱を利用して暖を取りたい方

焼き窯は薪を焚べ400度近くの熱により内部で焼き上げる事が可能で、本格的な味を楽しみたい方に最適なアイテムです。
若干荷物がかさばるため道具を運ぶ人での多い、 ファミリーキャンプやグループキャンプに最適の選択肢の1つでしょう。
また焼き窯を利用すると本格的なピザなどを楽しむことが可能なので、興味がある方は以下の記事も是非参考にしてみて下さい。

冬のキャンプ飯作りに最適!?アウトドアにピッタリなオススメのピザ窯用オーブン5選

2021年1月23日

キャンプに最適なパン焼きアイテム5選

キャンプで声掛けを行うアイテムの数々の概要を解説した所で気になるのが、具体的なオススメアイテムの一例ではないでしょうか。
そこでキャンプのパン焼きに最適なオススメアイテムの一例を、5つほど紹介していきます。
キャンプでパン焼き器を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー

大手アウトドアメーカー「Coleman」の、大人気ホットサンドメーカー。
焼き上げた焦げ目がColemanのブランドロゴに仕上がる、遊び心溢れる可愛らしいアイテムとなっています。

CHUMS(チャムス) ホットサンドウィッチ

アウトドアファッションアイテムを数多く手掛けるCHUMS(チャムス)が販売する、ホットサンドメーカー。
焼き上がりデザインが堪らない、ファッションブランドらしい焼き上がりが魅力のアイテムでしょう。

ユニフレーム「ミニロースター」

経済的に良質なアイテムを生み出す、アウトドアユーザーに大人気のユニフレームが販売する「ミニロースター」。
ステンレス製で耐久度が高く、コンパクトで軽いアイテムなので末永く使用したい方にも最適なロースターとなっています。

LODGE(ロッジ) キャンプオーブン

アウトドア用の鋳鉄製品で高い人気を誇り、定番とも言えるLODGE(ロッジ) が販売するダッチオーブン。
最大サイズであれば一気にパンを焼き上げる事ができる他、グループキャンプでも応用の効く利便性の高いアイテムでしょう。

Ooni ウニ Karu ポータブル ピザ窯

イギリスのアウトドア用焼き窯専門ブランド「Ooni ウニ」が手掛ける焼き窯で、パンだけではなくピザなどを楽しむことが可能。
パン以外にもクッキーやタルトなどのスイーツ作成にも最適なので、料理好きなパートナーと持参したいアイテムの一つでしょう。

キャンプに最適なパン焼き方法の概要まとめ

キャンプなどのアウトドアでパン焼きを検討している方は、参考としてお役立て頂けたでしょうか。
主食として機能するパンは、気軽に味付けを変えることができるので何時までも楽しむことができる万能食材です。
そんなパンをより美味しく楽しめるアイテムを導入することで、キャンプの楽しみもより一層広がります。

社長
アウトドアでパン焼きを楽しむアイテムを導入して、 一味違うキャンプへ出かけてみてはいかがでしょうか。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!