キャンプの照明やインテリアに!キャンプランタンの選び方とおすすめ品を紹介!

キャンプを楽しむにあたり、明かりの確保は夜を安心・安全に過ごすためにも重要です。
夜のキャンプ場は明かりがないと想像以上に真っ暗なので、明かりは常に確保しておく必要があります。
ここでは、キャンプの必需品のひとつである、ランタンの選び方やおすすめ品などを紹介していきます。

ランタンを使用するシーン


ランタンはあたりを照らすライトのようなものです。
一般的な懐中電灯でも代用することもできますが、ランタンはキャンプシーンを想定して作られているため、性能や機能の面でもキャンプシーンにおいては当然ながら懐中電灯よりも使いやすくて優れています。
ランタンの効果は、機能や性能、種類によってではなく、基本的には使用するポジションに」よって効果が異なります。
ですので、ランタンを選ぶ際は「どのポジションで使うのか」も大きなポイントになるといえるでしょう。

メインランタン

メインランタンはキャンプサイト全体を照らす役割を担います。
例えば、タープポールや、専用のランタンポールなどに吊り下げて、高い位置にそれを配置することで、サイト全体に明かりを照らします。

テーブルランタン

いわゆる卓上用のランタンで、料理をする際や、テーブル上で何か作業をする際などに効果的です。
卓上を照らすことを目的としているため、小さいサイズで省エネタイプのランタンが好んで使われます。

テント内ランタン

いわゆる室内灯の役割を担います。
キャンプにおいて夜の時間帯は明かりの確保が重要になることは上記でもありましたが、居住区でもあるテント内の明かりの確保は特に重要といえます。
ランタンを使った明かりの確保が基本とはいえますが、サイトようのメインランタンとは違い、テント内は密閉された空間でもあります。
ここでは火事や一酸化炭素中毒などのリスクを避ける意味でも、電池や電気などを使ったLED式が好ましいです。

ランタンの選び方

ここからは、ランタンの選び方について項目別に解説してきます。
上記で紹介したランタンのポジションやキャンプスタイルや環境などに応じて、それぞれに適したランタンを選ぶようにしましょう。

燃料の確認

ランタンはポジションのような使い道の他にも、使われている燃料によっても種類分けすることができます。
燃料の種類は、ポジションにも大きく関係するため、まずは燃料の種類それぞれの特徴を知っておきましょう。

LEDランタン

電池や電気を燃料にしたタイプで、以前であれば電池式のランタンは蛍光灯が主流でしたが、最近では電池式のLEDランタンが主流です。
商品数も幅広く、取り扱いも簡単なので初心者から上級者まで、幅広いユーザーに支持されているタイプです。
火を使わないため、テント内の事故のリスクも少ないため安心・安全に使うことができますが、ものによっては明かりの弱いものや連続使用時間が短いものもあるため、選ぶ際はその商品のスペックに注目しましょう。

ガスランタン

ガスを燃焼して明かりを灯すタイプのランタンです。
LEDに比べ明かりが強いことが特徴で、メインランタンとしてサイト全体を照らすのにおすすめです。
ガスを使用するためテント内での使用はおすすめできませんが、メインランタンとしてだけではなく、夜間のバーベキューなどのテーブルランタンとしても使えます。
また燃料を他のキャンプアイテムと併用できる点もメリットのひとつです。

ガソリンランタン

ガソリンや灯油を燃料にしたタイプのランタンです。
ガスと同様に火を使うためテント内での使用はおすすめできませんが、ガスと同様に明かりが強いため、メインランタンにおすすめです。
ガスランタンとの大きな違いは「ポンピング」をすることにあり、それによって明かりを安定的に保つことができます。

燃焼時間や使用時間

燃焼時間や使用時間が長いほど、燃料交換の手間が省け、燃料費のコストも抑えることができます。
LEDライトの場合は連続使用時間、ガスやガソリンランタンの場合は、連続使用時間に加え燃費の良さなどにも注目しましょう。
連続使用時間の目安は一夜を過ごすことを考え、10時間前後のものを基準にしておくといいでしょう。

ランタンの有名ブランドは?

ランタン選びに迷った際は、ランタンで有名なブランドや、アウトドアブランドのものから選ぶのもありです。
以下のブランドは、キャンプを想定してランタンが作られており、またブランド力の高さから商品の質が安定している傾向も強いです。

コールマン

テントやコンロなどの大型アイテムから、ウェアなどの衣料品、調理器具や小物まで、アウトドアに関連するさまざまな商品を取り扱う、超有名アウトドアブランドです。
価格帯の幅が広く、また商品の質も安定していることから、初心者キャンパーから上級者まで幅広いユーザーから支持されています。
ランタンではガソリンランタンが人気です。

スノーピーク

コールマンと同じく、多くのキャンパーから支持されているこちらも超有名アウトドアブランドです。
高級感のあるデザインのものや、機能や性能に特化したものまで、好みやこだわりに応じて幅広く商品を選ぶことができます。
ランタンではOD缶ガスを使用したガスランタンが人気です。

ロゴス

上記の2ブランドと同様にこちらもアウトドアで有名なブランドです。
アウトドア用品を一通り取り扱っていることに加え、エコ関連グッズや日用雑貨も多く取り扱っています。
高級感のある商品が多い点もロゴスの大きな特徴といえるでしょう。
ランタンでは実用性が高いLEDランタンが人気です。

キャンプランタンのおすすめ品

ここかから、これまでの情報を踏まえて、キャンプ時におすすめしたいランタンをいくつか紹介していきます。

ロゴス サンダーパワーランタン 480


引用:Amazon ロゴス ランタン 2電源・サンダーパワーランタン 480 (AC/電池) 74175580

重量約820g、寸法は13×11.5×25.5cmの標準サイズのLEDランタンです。
単一乾電池を4本使用で、約12時間の使用が可能です。
持ち運びがしやすい持ち手も付いているので、懐中電灯としても使え、黄色く光量の多い明かりでテント内全体を明るく照らしてくれます。

スノーピーク リトルランプ ノクターン GL-140

キャンプに適したOD缶ガスを使用したスノーピークのガスランタンです。
ガス缶で得られる高効率実用リトルランプを採用し、小さな光ながらも、あたりを明るく照らしてくれます。
着火方法も本体下部からライターで着火できるので、初心者の方でも簡単に着火することができます。
使用するOD缶も、スノーピークの各製品との併用が可能なので実用性も高いといえるでしょう。

コールマン パワーハウスツーマントルランタン

コールマンが販売するハイパワースペックのガソリンランタンです。
本体重量約1.8Kgに加え、燃料が940㏄加わりますから、重量自体は少々重くなりますが、燃焼時間は7時間から14時間と、高い光量を安定的に供給してくれます。
デザイン性も高く、キャンプの雰囲気にも実にマッチするので、キャンプ時のインテリアにもおすすめです。

こちらもおすすめ!キャンプLEDランタン

ユージャック(UJack)充電式 LEDランタン ケース リモコン付

こちらは8モード明るさを切り替えられる、USB充電式のLEDランタンです。
白色、暖色、非常灯があり、使用状況や気分によって切り替えられます。
ライト本体はモバイルバッテリー機能も搭載されており、USBケーブルもmicro/Lightning切替機能付き!
付属の充電式リモコンはLEDライト付いているので、非常用の携帯用ライトとしても活躍します。

小型クラス最強明度!UJackの充電式リモコン付きLEDランタンがおすすめすぎる件

2019年1月17日

まとめ

ここまで、キャンプにおすすめのランタンの使い道や種類についての解説、ランタン選びのポイントやいくつかのおすすめ品などを紹介しました。
ランタンは使用用途とスペックを合わせて使うことがポイントともいえるので、キャンプスタイルやランタンの用途、これらに応じたランタン選びを心掛け、安全・安心・快適にキャンプを楽しみましょう。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!