冬のキャンプの必需品!アイテム選びのポイントやおすすめ品を解説!

昨今のキャンプブームに伴って、冬キャンプも注目集め人気があります。
冬キャンプの場合、夏の暑いシーズンや春や秋といった比較的暖かいシーズンとは違い、いかにして暖を取るのかが大きなテーマといえます。
ここでは、冬のキャンプに必需品となる、アイテム選びのポイントやおすすめ品などを解説していきます。

冬キャンプは暖をしっかりと取ることが大事


冬キャンプでは暖をしっかりと取ることが何よりも大事です。
暖をしっかりかつ効果的にとることで、暖かく過ごせることはもちろん、寒い時期のキャンプ場でも快適に過ごすことができます。

暖かく夜を過ごすための寝具

キャンプにおいての寝具といえば「寝袋(シェラフ)」を誰もがイメージしますが、特に冬キャンプの場合はより体を温める機能を持ったシェラフ選びが重要です。
極端な話、夏の暑いシーズンであればハンモックひとつで夜を過ごすことも可能ですが、冬の寒いシーズンでそのようなことをすれば凍えてしまいます。
冬キャンプにおいてのシェラフ選びのポイントは以下のようになります。

  • 封筒型よりマミー型
  • 水濡れに強いタイプ
  •  快適温度をチェック

封筒型よりマミー型

シェラフは主に封筒型・マミー型の2つの形状で分類されます。
封筒型が広いスペースでゆったりと寝れるタイプのシェラフで、マミー型とは体を包み込むように寝るタイプ、いわゆる蓑虫型がそれにあたります。
封筒型の場合はゆったりと眠ることができる反面、体とシェラフの間にスペースが生じるため、隙間風が入ることで体が冷えてしまう場合があります。
ですが、マミー型の場合は、体にシェラフが密着するためスペースが生じにくく、隙間風で体が冷えることを防いでくれます。
封筒型でも中で毛布やカイロなどを使えば、体を暖めることができますが、運用や持ち運びなどを考えるとマミー型の方がコンパクトに収まるので、冬キャンプにおける寝具は封筒型よりもマミー型の方が効果的だといえるでしょう。

水濡れに強いタイプ

水濡れに強いということは、撥水性が高く風邪を通しにくいということです。
そのため、冬キャンプにおいて水濡れに強いタイプのシェラフは体を効果的に温めてしっかりと保温してくれます。

快適温度をチェック

シェラフにおいての快適温度とは、シェラフそのもののスペックを図る項目ともいえます。
メーカーによって表記は異なりますが、例えば「外気温-5℃まで使用可能」とされていれば、外気の最低気温が-5℃まで使用ができるということです。
つまり、表記されている快適温度が低ければ低いほど、暖房性に優れたシェラフということになるので、表記されている快適温度を目安として選びましょう。

居住空間を暖かくする暖房器具

例えば調理スペースにおいての焚き火台や、エリア一帯を暖めてくれる薪ストーブなどが代表的ですが、その他にもオイル式のヒーターも使えますし、専用のモバイルバッテリーがあればテント内にホットカーペットを敷くこともできます。
キャンプ用の暖房アイテムは数多く販売されていますが、使い方や工夫によっては家庭で普段使っているものも使えるため、キャンプに必要な暖房アイテムを購入する際は、まずは家庭で使えるものはないかを確認し、その後に必要となるものを購入しましょう。

暖かく活動できる衣類

寝具や暖房器具と同様に、冬キャンプにおいては普段の活動に必要となる衣類も冬キャンプを過ごすための大きなポイントです。
分厚くて暖かいものが寒さ対策にはもちろん効果的ですが、キャンプ時は普段よりも動くことが多いため、暖かさに加え動きやすいものをチョイスすることが大事です。
スキーやスノボウェアなどは、暖房性・撥水性に優れさらに動きやすいように設計されているので、これらの衣類は冬キャンプにも適しているといえます。
冬キャンプにおいての衣類を選ぶ際は、暖房性・撥水性に加え、動きやすさにも注目して選ぶようにしましょう。

雪対策に使える便利アイテム

冬場のキャンプでは雪対策のことも常に考えておく必要があります。
キャンプ場で雪が降りそれが積もった場合は、そのキャンプが雪中キャンプとなるのですが、それを想定した対策や関連アイテムが多くあります。
テントへの防水加工用に防水スプレー、雪の中でも活動がしやすいように長くつ、雪かきに必要なスノースコップなど、これらのものが雪対策に必要な主なアイテムとなります。
冬場のキャンプの場合、いつどこで雪が降ってくるか予想できないので、最低限でもこれらのものは用意しておきましょう。

冬キャンプにおすすめのシェラフのおすすめ品


冬キャンプにおいてのシェラフ選びは、上記にあったようにマミー型、撥水・保温性、快適温度、これらの項目がポイントです。
キャンプ場に行く時期やエリアなどに応じ、最適なシェラフを選んで、冬キャンプの夜を暖かく過ごすようにしましょう。

モンベル(mont-bell) 寝袋ダウンハガー800

キャンプシェラフでおなじみのモンベルが販売するマミー型シェラフです。
中綿に800FPの高品質ダウンを使用し、抜群の保温性で冬キャンプの寒い夜から体を守ります。
リミット温度-18度、コンフォート温度-10度と、シェラフとしてもスペックの高さも、その数値から表れています。

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

居住空間を暖かくする暖房器具のおすすめ品


冬キャンプにおける暖房器具は、オーソドックスなところで、焚き火台や薪ストーブが代表的です。
焚き火台の場合は、人数に応じてサイズ、運用のしやすさなどに注意して選び、薪ストーブの場合は、換気用の煙突、運用しやすい重量などに注目しましょう。
焚き火・薪ストーブ共に、調理や照明など幅広く使えるものであればなお良しです。

ファイアグリル バーベキューコンロ/ユージャック

組み立ては各パーツを見るだけで、直感的に組み立てられるほど簡単です。
カップルか3人家族に最適なサイズです。
キャリーバッグに収納できて、持ち運びしやすいのも魅力です。

ホンマ製作所 ステンレス 時計1型ストーブセット

暖炉のように使えるコンパクトサイズの薪ストーブです。
薪や小枝、枯葉などの自然物を燃料に発火させる本格的な薪ストーブですが、そのコスパに良さから幅広い層のキャンパーに人気があります。
暖房器具としてはもちろん、野外調理、防災用品と幅広い用途での使用が可能です。

冬キャンプにおすすめのストーブ6選【キャンプでストーブを使う注意点も】

2020年10月15日

アクティブに動きやすい衣類のおすすめ品

冬キャンプにおいての衣類選びは、基本的なことはシェラフ選びと同様に、撥水・防水性の高さが基準となります。
ですが衣類の場合は、それに加えて動きやすさや、速乾性の高さ、また中に着るインナーにも注目する必要があります。
高い撥水・防水性のアウターを着た状態で動き回ると、汗を多くかくため、インナー選びには汗をしっかりと吸水し、また乾きやすい速乾性の高いインナーを選びましょう。

モンベル ラウンドネックシャツ

保温性はもちろん、その高い速乾性から幅広い層から支持されている、モンベルのインナーウェアです。
冬キャンプのインナーとしてはもちろん、夏場のウォータースポーツでも使える仕様になっているので、オールシーズンを通して使えます。

パタゴニア トレントシェルジャケット

冬キャンプの場合、寒さを防ぐことはもちろん、雨や雪に強い上着が効果的で便利です。
そう考えた場合、防水性透湿性抜群のレインウェアである本商品はまさにおすすめといえます。
見た目からもわかるようにフォルム全体がゴワゴワしていないため動きやすく、また、高い防水性と保温性で体を寒さから守ってくれます。

冬のキャンプを楽しむには?服装から料理、暖房グッズや寒さ対策についても!

2019年2月15日

まとめ

ここまで、冬キャンプにおける必需品を種類や項目に応じて解説してきました。
冬キャンプは夏や秋とは違い、景色や料理なども冬ならでは楽しむことができますが、まずは寒さ対策をしっかりとしておかなければ、快適・安全に楽しむことができません。
時期やエリア、環境やスタイルに応じて、ポイントごとにアイテムをしっかりと選び、冬キャンプを快適・安心に楽しむように心がけましょう。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!