冬キャンプにおすすめ!関西で通年営業しているキャンプ場7選

夏はにぎやかだったキャンプ場も、冬になると人が減り静かになります。
澄み渡る空気や自然を間近に感じながら、焚火をしたりアウトドア料理を楽しんだりできるのも冬キャンプならではです。
関西エリアで通年営業しているキャンプ場を紹介しますので、キャンプ場を探すときの参考にしてください。

滋賀県で通年営業しているキャンプ場

マイアミ浜オートキャンプ場


引用:マイアミ浜オートキャンプ場 公式サイト

マイアミ浜オートキャンプ場は、琵琶湖の畔にあるキャンプ場です。
オートサイトが3つにキャンピングカーサイトが1つ、キャビンサイトの利用も可能です。
キャンプサイトには電源やコインシャワー、炊事場もあり初心者にも利用しやすいでしょう。
オートキャンプ場は車のすぐ横にテントを設営できるのも魅力です。
区画はきれいに整備されており、柵もあるので適度にプライバシーを保てます。

【基本情報】
公式サイト:http://maiami.info/
住所:滋賀県野洲市吉川33261
電話番号:077-589-5725
アクセス:
・彦根インターから湖周道路
・竜王・栗東インター8号から湖周道路
料金:
・テントサイト3,050円~
・キャビン5,600円~
・キャンピングカー3,560円~
・バイク2,030円
受付時間:チェックイン14時~17時/チェックアウト9時~12時

京都府で通年営業しているキャンプ場

笠置キャンプ場


引用:笠置キャンプ場 公式サイト

笠置キャンプ場は、京都の最南端木津川上流の山峡にあるキャンプ場です。
国道163号線の木津川河川敷に広がる、3万平方メートルもの広大な敷地を誇ります。
笠置キャンプ場は予約なしで利用できるので、急に思い立ってキャンプに行きたくなったときにもおすすめ。
オートキャンプ場は車で乗り付け横にテントを設営できるので、荷物を運ばなくてもいいのがポイント、料金も安いので気軽に利用できます。
トイレはありますが、トイレットペーパーがないので各自で持参してくださいね。

【基本情報】
公式サイト:http://www.kankou-kasagi.com/service3.html
住所:京都府相楽郡笠置町笠置栗栖4
電話番号:0743-95-2011
アクセス:京奈和自動車道山田川I.Cより約30分
料金:
・1泊2日:大人1,000円/子供600円
・デイキャンプ:大人500円/子供300円
受付時間:8時~17時

兵庫県で通年営業しているキャンプ場

丹波悠遊の森


引用:丹波悠遊の森 公式サイト

周囲を自然に囲まれた丹波悠遊の森には、キャンプ場やコテージ、レストランや森林学習舎があります。
敷地内には古墳やハイキングコースもあり、キャンプ以外にもさまざまな楽しみ方があるのもポイントです。
キャンプ場はテントを持ち込み設営する以外に、常時テントやログハウスの利用もできます。
11時~16時まで利用できるデイキャンプサイトもあるので、自身に合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。
敷地内にあるレストランでは、テイクアウトメニューも用意されていますので、気軽に遊びに行けますよ。

【基本情報】
公式サイト:https://tamba-yuyu.com/
住所:兵庫県丹波市柏原町大新屋1153-2
電話番号:0795-72-3285
アクセス:中国自動車道滝野社ICより40分/JR福知山線柏原駅よりタクシーで5分
料金:
キャンプ場:テント6,000円~/ログハウス9,000円~/デイキャンプ1,000円/協力金1人300円
コテージ:18,000円~
受付時間:チェックイン11時/チェックアウト16時
定休日:火曜・年末年始

和歌山県で通年営業しているキャンプ場

ACN南紀串本リゾート大島


引用:ACN南紀串本リゾート大島 公式サイト

ACN南紀串本リゾート大島は、本州最南端にあるキャンプ場です。
テントサイトにコテージ、グランピングまで幅広いキャンプスタイルに対応しています。
敷地内には露天風呂や体験施設などもあり、子供連れのファミリーにもおすすめです。
テントサイトは全サイトペット同伴が可能、グランプングは食事付きなので優雅に冬キャンプを楽しめます。
テントサイトを利用する場合は、21時減灯・22時消灯というルールがあるので注意してください。

【基本情報】
公式サイト:https://resortohshima.com/
住所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035‐6
電話番号:0735-65-0840
アクセス
・大阪方面:近畿自動車道和歌山線を南下→阪神自動車道→紀勢自動車道終点→R42経由で40分
・名古屋方面:東名阪自動車道伊勢自動車道→紀勢自動車道終点→R42→尾鷲熊野道路・尾鷲南IC→R42経由40分
料金・受付時間
・テントサイト:1800円~/チェックイン13時30分~17時、チェックアウト8時30分~12時
・コテージ:7,000円~/チェックイン14時~17時、チェックアウト8時30分~10時
・グランピング:2名2食付き30,000円~/
・露天風呂(完全予約制):大人500円/子供300円/幼児無料

大阪府で通年営業しているキャンプ場

安穏農園キャンプ場


引用:安穏農園キャンプ場 公式サイト

安穏農園キャンプ場は、梅田から車で35分ほどのところにある交通アクセスに便利なキャンプ場です。
1日4区画限定ですが1区画が10×6mと広々としており、ペットも一緒に遊びに行けます。
1区画は8名まで利用できるので、4区画貸し切りで32名までの利用が可能です。
バーベキューは10時~16時までですが、16時以降はキャンプ場として翌朝10時まで宿泊することもできます。
バーベキュー道具はレンタルできるので、食材さえ持っていけば気軽にバーベキューを楽しめますし、ゴミは完全分別で回収してもらえます。
デイキャンプとしての利用もおすすめです。

【基本情報】
公式サイト:http://annon-nouen.com/
住所:大阪府豊能郡豊能町川尻85
電話番号:06-6653-0666
アクセス
車:新御堂筋→箕面グリーンロード→423号線北上→金石橋交差点右折
バス:千里中央駅から(27)余野行き→川尻駅下車徒歩5分
料金:1区画5,000円/2区画8,000円/3区画12,000円/4区画15,000円

奈良県で通年営業しているキャンプ場

サンビレッジ曽爾奥香落


引用:サンビレッジ曽爾奥香落 公式サイト

大阪・京都・名古屋からいずれもアクセスに便利なキャンプ場です。
コテージやバンガローサイトもあるので、冬にテント泊は厳しいという方も安心でしょう。
炊事場やトイレ、温水シャワーやコインランドリーも完備されていますし、管理棟には売店や浴場もあります。
バーベキュー棟は屋根があるので、天気に関係なく利用できるのもポイントです。
敷地内には日帰りの天然温泉もあります。

【基本情報】
公式サイト:http://www.soni-kogen.com/camp/
住所:奈良県宇陀郡曽爾村大字今井911-1
電話番号:0745-94-2619
アクセス
・大阪方面:阪神高速松原JTC→西名阪・名阪国道針IC→R369
・京都方面:R24郡山IC→西名阪天野IC→名阪国道針IC→R369
・名古屋方面:東名阪亀山IC→R25上野→R369名張
料金
・オートキャンプ:個別サイト4,800円/グループサイト13,000円
・コテージサイト:20,000円~
・バンガローサイト:8,500円~
・バーベキュー棟:6名3,000円/2時間
・温泉:中学生以上750円/子供450円

三重県で通年営業しているキャンプ場

島ヶ原温泉やぶっちゃ


引用:島ヶ原温泉やぶっちゃ 公式サイト

木津川上流の山里にある「島ヶ原温泉やぶっちゃ」には、温泉やお食事処、スポーツ施設や野菜の直売所などもあり、自然を生かしたアウトドア施設内でデイキャンプやオートキャンプを楽しめます。
オートキャンプ場はAサイト・Bサイトの2ヶ所と、デイキャンプ場に分かれています。
各サイトには炊事場とトイレも完備されていて、電源や野外炉もあるので初心者やファミリーにもおすすめです。
敷地内には源泉かけ流しの温泉があり、露天風呂や内風呂でゆっくりと温まることができますよ。

【基本情報】
公式サイト:http://www.yabutcha.com/
住所:三重県伊賀市島ヶ原13680
電話番号:0595-59-3939
アクセス:東名阪自動車道・大内ICから約15分、西名阪自動車道・大内ICから約15分
料金
・オートキャンプA:5,500円/管理費110円/電源利用料1,100円
・オートキャンプB:4,700円
・デイキャンプ:大人700円/子供400円
・温泉:大人700円~/子供350円~
受付時間
・オートキャンプA:チェックイン14時/チェックアウト11時
・オートキャンプB:チェックイン12時/チェックアウト11時
・デイキャンプ利用時間:9時~17時(11/1~3月末まで10時~16時)
定休日:毎週火曜(祝日の場合は営業)

まとめ

今回ご紹介したキャンプ場はごく一部ですが、冬も快適にキャンプを楽しめるところばかりです。
ソロキャンプやツーリングキャンプ、ファミリーキャンプまで幅広く楽しめるので、関西地方にお住まいの方で冬キャンプを予定しているならぜひ足を運んでみてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!