家族連れや初心者キャンパーにこそおすすめ!快適で安心コテージ泊!

キャンプといえば、テントを設営して火を起こして自炊し、自然を堪能することが主なテーマですが、コテージを上手く活用すれば気軽にかる安心してキャンプを楽しむことができます。
ここでは、初心者キャンパーや家族連れでキャンプをしたい方にこそおすすめの、コテージ泊の魅力やおすすめポイントなどを詳しく解説していきます。

コテージってどんなところ?


コテージといえば「木造で別荘的な建物」とイメージすればわかりやすく、キャンプ場でありながらも、自然を堪能できる宿泊施設のことをいいます。

テントの設営やキッチンのセッティングなどをする必要もなく、常設されている設備や備品の種類が多ければ、手ぶらでもキャンプをすることができます。

コテージの特徴

コテージとは建物の名称ですが、その形状や機能はキャンプ場によって異なります。

テント箔の場合、調理に使うコンロやキッチン、寝床や居住区などは、各自で確保する必要がありますが、コテージの場合はキッチンや食事のスペース、調理に使うコンロ、また居住区や寝床などが、コテージ内に揃っているので、通常キャンプに必要となる手間や技術を大幅に省くことができます。

キャンプ場によってはコテージ内にトイレやお風呂も付いている場合があるので、キャンプ場で利用できる格安のホテルや旅館などをイメージすればわかりやすいです。

バンガローやロッジとの違い

キャンプでの施設においてコテージと同じくらいの頻度で登場するのが、バンガローやロッジです。

コテージ、バンガロー、ロッジ、これら3つの施設はよく比較されたり、違いがわからないといわれますが、これら3つは似ているようでまったく違う施設といえます。

  • コテージ:バスやトイレ、ガスキッチンなど施設が充実しています。
    キッチンがあるのでコテージ内での自炊も可能です。
  • バンガロー:施設内のスペースを使うことを目的にしており、そのためコテージのようにトイレ、バス、キッチンなどの設備もありません。
    ですが、キャンプ場によってはベッドやコンセントなどがあったりなど、最低限の設備が備わっている場合もあります。
  • ロッジ:バンガローより設備が充実し、コテージよりも利用価格が安く、その分グレード的に下がることが多いのが特徴で、利便性で言えばコテージとバンガローのちょうど間くらいです。基本的にはコテージと同じように冷暖房からトイレやお風呂、キッチンもあるので食材だけ用意すればなんとかなります。
    ただ場所によってはバスやトイレなどは共有であったりするため、山小屋風の旅館をイメージすればわかりやすいでしょう。

初心者にこそコテージがおすすめの理由


ここからは、上記のコテージの情報を踏まえて、初心者にこそコテージがおすすめの理由を項目別に解説していきます。

施設が充実している

まず一番の理由は施設が充実していることにあります。

初心者キャンパーの方が最初の壁は、テントの設営と調理に必要な火を起こすことですが、コテージの場合は、コテージ内にベッドがあるためまずテントが不要ですし、ガスやIHコンロが設置されていることがほとんどなので、火を起こす必要もありません。

もちろん、雰囲気を楽しみたい方も、野外やコテージのテラスでバーベキューをすることもできるので、充実した施設を使いながらも、しっかりと自然を満喫することができます。

ファミリー層も安心

こちらも施設が充実していることに関連しますが、例えば女性や家族連れでキャンプを楽しみたい場合、トイレやお風呂などがネックになってしまい、結局レジャーや旅行からキャンプを外してしまうことも多いです。

ですがコテージを利用すれば、それらのネックを解消できるので、女性の方や家族連れでも安心してキャンプを楽しむことができます。

格安で旅行感覚を味わえる

通常、家族やグループで旅行する際は、宿泊代や交通費など費用がたくさんかかってしまうことが多いですが、コテージを利用すれば格安で旅行感覚を味わえます。
コテージの宿泊費用は必要ですが、旅館やホテルなどと比べ非常に格安で利用できるので、例えば、「今年は予算が少ないけど家族で旅行したい」などといった場合は、コテージを利用したキャンプも十分旅行先の候補になります。
料理や身の回りの世話はセルフでやることが前提ですが、その代わり旅行費用を大幅に抑えることができるので、安くで旅行を済ませたい方や、予算に不安にある方などにも、コテージを利用したキャンプはおすすめといえるでしょう。

コテージを利用する手順


ここからは、コテージを利用する際の流れなどについて解説していきます。

情報集する

上記でもあったように、コテージはキャンプ場によってルールや施設の充実度が異なります。
ですので、コテージを利用してキャンプを楽しむ際は、そのコテージの情報を事前に収集しておくことが大事です。
例えば、極力手ぶらで気軽にキャンプを楽しみたい場合であれば、常設している設備や備品などにどのようなものがあるのか、売店の商品の充実度などが選ぶポイントになります。
コテージのキッチンが最新で、炊飯器や各種食器が備わっていれば、「食材だけを準備しておけば問題ない」ということになります。
キャンプの楽しみ方は人それぞれでスタイルも違うので、自分のスタイルにあったコテージに泊まるためにも、まずはコテージの情報集をしっかりと行いましょう。

予約する

自分のスタイルやご家族に合ったコテージ、また気に入ったコテージを見つけたら、後は宿泊予約を取るだけです。
宿泊予約はオンラインや電話などで直接取ることができるので、スケジュールを確認しキャンプ場に問い合わせをしましょう。
キャンプ場によってはチェックイン・チェックアウトの時間も異なったりもするので、スケジュールとよく照らし合わせて宿泊予約を行いましょう。

コテージを利用する際のポイント


それでは最後に、コテージを利用する際のポイントを項目別に解説していきます。

施設や備品などに応じて持ち物を決める

例えば、ガスコンロが付いていれば火に必要となる炭が不要ですし、食器などの備品が備わっていればそれを使えばいいので新たに食器を用意する必要もありません。
ですが、食器はあっても用意したものを使いたい場合もあるので、別途用意するのも個人の自由です。
持ち物はあるに越したことはないですが、荷物がかさばるためある程度の分別は必要で、それを最適にするためにも、コテージの施設や備品は事前にチェックしておくことが大事です。

周囲の施設やスポットを確認

施設が充実しているのがコテージの大きな魅力ではありますが、食材に関しては基本的に個人で確保する必要があります。
出発の前日に数日分の食材を買いそろえておくのもいいですが、仮に食材が足りなくなった場合などは追加で買い出しが必要になります。
これらのことを想定した場合、宿泊するキャンプ場の周囲の施設やスポットなどを事前にチェックしておくことも大事なポイントです。
例えば、付近にスーパーや道の駅などがあれば買い出しも楽ですし、観光目的も兼ねているのであれば、観光スポットのチェックもしておけばキャンプと観光を両方楽しめます。

シーズンに応じたアイテム選びを

コテージによっては冷暖房が完備されているキャンプ場もありますが、そうでない場合もあります。
そのような場合は季節に応じて使えるアイテムを別途用意しておけば安心です。
例えば、夏の暑いシーズンであれば清涼感のシーツや小型扇風機などを、冬の寒いシーズンであれば暖房機能が高い毛布やヒーターなどを用意しておけば快適かつ安心して過ごすことができます。

まとめ

コテージ泊はキャンプ場で安心かつ衛生的に過ごすことができ、キャンプに必要な設備が揃っているため、初心者の方がお試しでキャンプの雰囲気を味わってみたい場合にもおすすめです。
女性の方やご家族連れの方も、気軽に安心にキャンプを楽しむことができるので、キャンプには興味はあるけどハードルが高いと感じている方や、格安で旅行気分を味わいたい方などは、ぜひコテージ泊を候補に検討してみてください。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!