キャンプのBBQにおすすめ!手軽なのに本格的なホイル焼きレシピ

キャンプにはBBQが欠かせない!という方も多いのではないでしょうか?
焚火BBQから、炭火やコンロを使ったBBQまでスタイルは実に様々です。
自然の中で食べる食事は格別ですが、毎回同じメニューでは飽きてしまいますよね。
BBQは好きだけどメニューのマンネリをなんとかしたいという方に向けて、簡単なのに本格的な料理が作れるホイル焼きのレシピをご紹介します。

キャンプでホイル焼きを楽しむためのポイント

ホイル焼きのメリットは、簡単なのに美味しく仕上がること、普段料理をしない人でも失敗なく作れることです。
食材をホイルに包むだけなので簡単ですし、そのまま食べられるのでお皿は不要!
洗い物が減るので後片付けも楽ちんです。
ただし、適当に包めばいいというわけではないので、包み方のコツは覚えておきたいところです。
蒸し焼きにすることで美味しさをギュっと閉じ込められるので、隙間がないよう丁寧に包みましょう。
1枚だけでは破けてしまう可能性があるため、2重にするのもポイントです。
ホイルだけでは心配な場合は、スキレットやクッカーに乗せましょう。
ホイルは幅が限られていますので、大きい食材はカットしてホイルの中心にくるよう置きます。
2重にするときは、縦方向と横方向を組み合わせるのもおすすめです。

初めてのホイル焼きにおすすめの簡単レシピ

初めてホイル焼きに挑戦するなら、失敗なく作れる簡単なレシピから試すのがおすすめです。

包んだら放ったらかしでOK!じゃがいものホイル焼き


じゃがいもはホイル焼きにピッタリの食材です。
芽がある場合は取り除き、よく洗ってから皮はむかずにホイルで包みます。
そのままだと少し時間がかかるので、早く仕上げたいなら半分にカットするか、輪切りにしておくとよいでしょう。
隙間がないようしっかりと包んだら後は焼くだけです。
火加減にもよりますが、炭火なら20分~30分で焼き上がります。
後はバターや醤油、マヨネーズなど好きな味付けで食べてください。

やまひつじ
同じ要領で、玉ねぎやニンニクもホイル焼きで美味しく食べられますよ。
さつま芋を使えば焼き芋も簡単に作れます。
デザート感覚で食べたいときに試してみてくださいね。

お鍋やお湯がなくてもゆで卵が作れる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megumi Sugiyama(@meg294n)がシェアした投稿


ホイル焼きは蒸し焼き状態にすることで、食材の旨味や栄養を逃さず丸ごと食べられるのが魅力です。
蒸し焼きを応用すれば、ゆで卵も作れるのをご存知でしょうか?
ゆで卵を作る場合は、濡らしたキッチンペーパーや新聞紙で卵を包んでからホイルで包むのがポイントです。
こうすることでお鍋やお湯がなくても、10分ほどでゆで卵が作れます。

やまひつじ
キャンプ場で朝ごはんにゆで卵が食べたいときに試してみてくださいね。

おかずやおつまみにもなる肉を使ったホイル焼きレシピ

BBQといったら肉は外せませんよね!
肉を使ったレシピもホイル焼きすることで、旨味を閉じ込め美味しい肉汁まで丸ごといただけます。

低カロリーでさっぱり食べられる!鶏むね肉のホイル焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiramatsu Tsuyoshi(@azito27)がシェアした投稿


【材料2人分】

  • 鶏むね肉1枚
  • きのこ適量(しめじ・えのき・しいたけなどお好みで)
  • 玉ねぎ1/2個
  • レモンスライス4枚
  • 塩コショウ適量
  • オリーブオイル適量

【作り方】

  1. 鶏むね肉はそぎ切りにして塩コショウをしておく
  2. 玉ねぎはスライス、きのこは食べやすい大きさにカットしておく
  3. ホイルの中央に玉ねぎスライス・鶏むね肉・きのこの順に乗せる
  4. レモンスライスを乗せオリーブオイルを回しかけたら包んで焼く

鶏むね肉はカロリーも低くタンパク質が豊富なので、ヘルシーなキャンプ飯が食べたいときにおすすめです。
具材はお好みでアレンジしてもいいでしょう。

社長
20分くらいで完成しますが、食べる前にしっかりと火が通っているか確認してくださいね。

ホイル焼きならハンバーグもジューシーに仕上がる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

y____mi(@yyymin2)がシェアした投稿


子供から大人まで喜ばれるハンバーグも、ホイル焼きで美味しく食べることができます。
ハンバーグは各ご家庭のレシピで人数分タネを作っておきましょう。
手軽に済ませたいなら、チルドハンバーグでも代用できます。
ホイルの上にスライスした玉ねぎやもやし、にんじんやしいたけなどの野菜を置きその上にハンバーグを乗せます。
タネから作るなら中にチーズを入れたり、上にスライスチーズを乗せチーズハンバーグにするのもおすすめです。
だいたい20分くらい焼けば、ジューシーなハンバーグが食べられます。

キャンプ場でおしゃれなランチが食べたいときにおすすめのホイル焼きレシピ

夜に焚火を囲みながらのBBQもいいですが、昼間は自然を感じながらおしゃれにランチを楽しんでみませんか?
キャンプ女子におすすめのおしゃれなホイル焼きレシピをご紹介します。

バゲットを丸ごと使ったバゲットピザ


【材料】

  • バゲット1本
  • ピーマン1個
  • トマト1個
  • 玉ねぎ1/2個
  • ベーコン2枚
  • ピザ用チーズはお好みで好きなだけ
  • バター適量(なければマーガリンでもOK)

【作り方】

  1. バゲッドには1.5cm~2cmくらいの切込みを入れておく(切り落とさない)
  2. 切り込みを入れたところにバターを塗り具材を挟む
  3. ホイルでバゲットを丸ごと包み10分~15分焼いたら完成

バゲットを丸ごと使うので見栄えもよく、食べても美味しい良いことづくしのレシピです。
インスタ映えするレシピとしても人気があるので、食べる前に写真を撮っておくとよいでしょう。
厚みがあって食べにくいなら1cmくらいでもOKです。
具材もお好みでアレンジできますし、ピザソースをプラスするなどお好みの味で試してみてください。

たけだバーベキューさんのレシピでワンランク上のキャンプ飯を楽しもう

魔法のアルミホイルレシピ100 – 洗いもの、ほぼゼロ! – (ヨシモトブックス) Kindle版

キャンプやBBQに詳しくレシピ本の出版もしている、たけだバーベキューさん。
簡単なのにおしゃれなレシピをたくさん紹介しています。
たけだバーベキューさんのレシピを参考に、おしゃれなキャンプ飯を作ってみましょう。

簡単なのにおしゃれで美味しい|ホイル焼きアクアパッツァ

【材料1人分】

  • 鱈の切り身1切れ(なければ鮭や鯛でもOK)
  • アサリ5個
  • プチトマト2~3個
  • 塩コショウ少々
  • レモン適量
    ☆白ワイン大2
    ☆ニンニク少々(チューブでOK)
    ☆アンチョビ少々(チューブでOK)

【作り方】

  1. ホイルに塩コショウした鱈、プチトマト、アサリをバランスよく乗せる
  2. ☆を混ぜ調味液を作り1に回しかける
  3. 隙間がないよう周囲を折り重ね包んでいく
  4. 15分~20分2火かけ火が通ったら仕上げにレモンを絞りかける

アクアパッツァというと手がかかり難しいようなイメージがありませんか?
作ってみると意外に簡単ですし、とっても美味しいのでぜひ試してみてください。
ワインやバゲットと一緒におしゃれにいただきましょう。

ホイル焼きならデザートも楽しめちゃう!

ホイル焼きは料理だけではなく、デザートも楽しめます。
食後に別腹でデザートが食べたいときにもおすすめです。

放ったらかしでOK!焼きりんご


【材料】

  • りんご
  • バター 10g
  • 砂糖 適量
  • シナモンパウダー 適量

【作り方】

  1. りんごは芯をくり抜く(完全にくり抜かず底は残す)
  2. くり抜いた部分に砂糖とシナモんパウダーとバターを詰める
  3. ホイルで包み焼き網の上に乗せて30分~40分で完成

キャンプデザートの定番と言ってもいい焼きりんご。
ダッチオーブンがなくてもホイル焼きで美味しく仕上げることができます。
BBQを楽しんでいる間に焼いておけば、食べ終わる頃には丁度いい具合に焼き上がっていますよ。
準備して後は放ったらかしでいいので、手間もかかりません。
子供から大人まで幅広く喜ばれる定番デザートです。

まとめ

ホイル焼きはとても簡単なのに、美味しく食べられるのが魅力です。
普段料理をしない人も失敗なく作れるのでぜひ試してみてください。
焼き上がったらそのまま食べれば、お皿が汚れず洗い物が少ないのも嬉しいところです。

社長
次のキャンプではぜひホイル焼きに挑戦してみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!