LED・燃料・ガス式ランタンのメリット・デメリットとは?種類別おすすめ商品も

ランタン(ライト)と一言でいってもLED式やガソリンなどの燃料式など形、種類もさまざまです。
また異なる用途のランタンやライトを数種類揃えることで、キャンプがより楽しくなります。
この記事ではLED・燃料式ランタン(ライト)の特徴やメリット・デメリット、キャンプでよく使う種類や用途のほか、「メイン」、「サブ」、「携帯用」と種類別ランタン(ライト)のおすすめ商品をご紹介します。

キャンプで1台は持っておきたいライト

キャンプ場では街中や住宅街のように明かりがほとんどありません。
食事中やトイレやキャンプファイヤーなど夜の移動中には必ず持ち歩かなければ、大自然の中の夜道は危険です。
キャンプ中の夜を安全に快適に過ごすためにはライトが必要です。

キャンプでは数種類のライトを使い分けよう

キャンプ中はライトは最低でも3つ持っているとその場に応じて使い分けることもできます。
山道やテントサイト、広場など比較的広範囲を照らすライトか、足元やテント内などをスポット的に照らすタイプなのか、その場に応じた種類のライトで用意しましょう。

キャンプで使うランタンやライトはどんなものを選べばいいか?

キャンプなどで使うランタン(ライト)には、LED式とガス、ガソリン式、オイルなどを使う燃料式とにわかれています。ここではそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。

LED式ランタン(ライト)の特徴

赤外線・紫外線をほとんど含んでおらず、有害な物質も含んでいないため人にも環境にも優しいというメリットがあります。
また発行し続けても低温なので発光効率が低下しないことや、衝撃や振動に強い、防水構造のものが多いなどLEDならではの特徴があります。

【LED式のメリット】
LED式は長時間安全に使用できるというメリットがあります。
テーブルの上など風が吹いて万が一倒れてしまっても心配がないのでテント内に持ち込むことも可能です。
電池があれば使えますし、ランタン(ライト)自体の価格がリーズナブルで、特別なメンテナンスが要らないなどのメリットがあります。

【LED式のデメリット】
白色電球は明るく作業がしやすいのですが、人工的な光で無機質なため、キャンプの雰囲気になじみにくい部分があります。
暖色のLEDでは光量を出しづらく、全体的に薄暗くなることも多いです。
また自然の暖かさにかけるという点もあります。
光のゆらぎがなくガスランタンのような炎の美しさなどもありません。
最近ではキャンドルモードのように明るさを意図的に増減できる機能がついたものも出てきましたが、それでも自然の光の美しさには敵いません。

燃料式の特徴

燃料式は、灯油やパラフィンオイルを使用して明かりを灯します。
燃料を入れて芯に着火するだけなので着火しやすいのが特徴です。
LEDと比べると照度は低いものの、ゆらゆらと揺れながらともる炎の雰囲気が魅力です。

【燃料式のメリット】
オイルランタンの仕組み上、外気温低下の影響を受けにくくなっているので、冬場など寒い場所でも安定した炎が得られるメリットがあります。
このことから別名「ハリケーンランタン」とも呼ばれています。
その他、燃料を含んだ芯を燃やすだけなので、ガスボンベやマントルなど他のランタンに比べてゴミが出ず、使ったあとの手間も少なく済むのも燃料式のメリットです。

【燃料式のデメリット】
燃料式の場合ですが、テントの中で使うと火気を近づけたり、締めきられたテントの中では不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生することがあるなどそうした危険があるので注意が必要です。

ガス式の特徴

ガス式は、ガスを燃料とし、マントルという布を燃やして明かりを灯す仕組みになっています。

【ガス式のメリット】
ガス式を使うメリットとしては、燃料を一つに絞れること。
キャンプ中に、ガスストーブやガスバーナーなど他のアイテムと兼用して使える燃料なので、燃料を一つに絞ることで、荷物を減らすことができ、燃料を無駄なく使うことができます。
それ以外にも、LEDランタンよりも光量が大きく、本体価格も高性能なもので1万円以下で買えます。

【ガス式のデメリット】
反対にデメリットは、燃焼時間が短いという点です。
通常サイズのガス缶を使用した場合の連続燃焼時間は約5時間。それ以上になると予備が必要になるため、コスパがよいとはいえません。
また、光量が一定しないという欠点もあります。
連続使用中にガスの燃料が少なくなってくると、光量が弱くなることがあります。また外気の影響を受けやすく、気温が低くなると、光量が小さくなりがちなので、冬場や寒冷地でのキャンプでガス式のものを使うことはあまりおすすめしません。

キャンプでよく使うライトの種類と用途について

キャンプでは「大・中・小」と大きさや照らす範囲の違うライトを3種類ほど用意すると、場面によって使い分けできますし、スポット的に照明が必要なところを的確に照らすことができます。

キャンプで使うライトは「大・中・小」で揃える

ライトの大きさごとの役割としては、

「大」…テントサイト全体を照らす
「中」…テント内や作業エリアを照らす
「小」…手元や足元を照らす

などで使い分けできます。

3種類のライトを持っておくと暗闇で身動きが取れにくくなったり作業しづらくなったりすることを防ぐことができます。
このような位置づけをした上で、実際使うときのイメージがわきやすいようにもう少し詳しくご説明します。

メインライト

メインライトは主にテント周り全体を照らしたり、夜広場でレクリエーションをしたりする際に広範囲を照らす必要があり、ライト自体も大きなものが必要です。
また長時間使用することが多いので、連続使用可能時間ができるだけ長いものを選びましょう。

Coleman(コールマン) プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン

コールマンの定番商品で、燃料の交換・再充電が可能です。
ホワイトガソリンを燃料とし、広範囲を照らすのには最適な、とにかく明るいランタンです。
ライト本体の雰囲気もおしゃれです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン フィールド ガス ランタン M 圧電点火装置付 UF-9

こちらはガスを燃料としたランタンです。
白熱電球60W相当で、点火してわずか3分で、最高照度に達します。
LEDの暖色では物足りないが、白色電灯は苦手という方におすすめのライトです。

GENTOS(ジェントス) LED ランタン

暖色の優しい明かりが魅力的。
2段階調光ができ、最大27~28時間点灯し続けることができます。
テーブルの上や、地面などに直接置けるだけでなく、ビルトインフックで木の上やテント内に吊るすことができます。
光のムラを最小限に抑え、均一に照射する「ストライプカバー」付き。
カバーを外すと陰ができにくいのもポイントです。
またインスタントオフスイッチといって、Highモードを点灯してから数秒後にスイッチを押すことですぐに消灯することができます。

サブライト

テーブルの上を照らすことで雰囲気がでます。
メインのものより光量は少なめで、構いません。

GENTOS(ジェントス) LED ランタン EX-136S

テーブルの上やテント内においてムラなく照らすことができます。
キャンドル機能や、2m落下耐久、防水機能などがついており、3段階調光が可能なLEDライトです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタン アンティーク 暖色 LEDランタン グランピング

レトロな形のランプですが、LED式でどなたでも使いやすいランプです。
防水構造はなく、雨の日は使えませんが、晴れた日に外で食事をする際や、テントの中に吊るすランプとして活躍しそうです。

ユージャック(UJack)充電式 LEDランタン ケース リモコン付

こちらは8モード明るさを切り替えられる、USB充電式のLEDランタンです。
白色、暖色、非常灯があり、使用状況や気分によって切り替えられます。
ライト本体はモバイルバッテリー機能も搭載されており、USBケーブルもmicro/Lightning切替機能付き!
付属の充電式リモコンはLEDライト付いているので、非常用の携帯用ライトとしても活躍します。

小型クラス最強明度!UJackの充電式リモコン付きLEDランタンがおすすめすぎる件

2019年1月17日

携帯用ライト

テントから離れてトイレに行く時など、夜道の移動時には必須のライトです。
スマホのライトでも代用できますが、緊急時に使用しなければいけないスマホとは別に懐中電灯などポケットサイズのライトを持っておきましょう。
急な雨や落下に備えて、防水性や耐久性の高いものを選びましょう。

LEDランタン キャンプランタン

コロンとした形がかわいい、手の平に乗るサイズで、保管や携帯用に非常に便利です。
USB充電式LEDランタンで、5200mAh超大容量リチウム電池が内蔵されています。
移動電源としても使用可能で、例えば、スマートフォン、タブレットPC、GPSなどにも充電できます。
屋外活動、室内活動及び防災など多様な場面で使用できるのが魅力です。
テントから離れてトイレに行く時など、夜道の移動時には必須のライトです。
スマホのライトでも代用できますが、緊急時に使用しなければいけないスマホとは別に懐中電灯などポケットサイズのライトを持っておきましょう。
急な雨や落下に備えて、防水性や耐久性の高いものを選びましょう。

OLIGHT(オーライト) S1R BATON II 懐中電灯 1000ルーメン IPX8防水

最大出力1000ルーメンの携帯小型ライトです。
3色に変化するLEDが埋め込まれていて、緑→黄→赤の順で変化します。
要最小限の明るさ光束0,5lmから1000lmまで広い範囲に渡り、5段階の切り替えも可能です。

デコレーションライト

テントの周りに飾り、自分のテントがどれなのか周りのものと区別するのにもあると便利です。
テントの入口に飾ることで実際の家ではないのですが、「我が家」感な雰囲気を出すことができます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) LED ライト LEDデコレーションライト 10灯 全長3.3m

LED発光ダイオードが10個ついており、8通りの光り方で、キャンプサイトを楽しく彩ります。
連続点灯時間は約30時間。
テントの周りに点灯しておくと、おしゃれな目印として使えます。

コールマン(Coleman) ライト ガーランドストリングライト フォリッジ/ピンク

お昼間はフラッグとして、夜はストリングライトとして昼夜兼用で使えるストリングライトです。
長さ3mでキャンプサイトを自由に飾りつけることができます。
電源はアルカリ乾電池3本、最大20時間使用できます。

まとめ

キャンプで使うライトといっても、どのような用途で使うかによって種類や形も異なります。
暗闇を照らし安全性を確保するだけでなく、目印代わりになるもの、食卓の雰囲気を出すものなど、ライトの役割もさまざまです。

社長
製品によってライトの暖色具合なども少しずつ異なってきますので、ぜひご自身が気に入った照明を見つけてくださいね。

キャンプにおすすのおしゃれなLEDランタンは?機能的や雰囲気別にご紹介!

2019年2月12日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!