キャンプの必需品!オイルランタンの魅力とは?おすすめ商品もご紹介

外灯やコンセントのないキャンプ場では、ランタンが必須です。
ランタンにもいくつかの種類がありますが、ビンテージ風な雰囲気がおしゃれだとキャンパーの間でオイルランタンが注目されています。
オイルランタンの魅力と選び方、おすすめの商品をご紹介しますので購入を検討している方は参考にしてくださいね。

オイルランタンの魅力

キャンプといえば焚き火のイメージですが、灯りが欲しいときはランタンがあると便利です。
ランタンにもいくつかの種類がありますが、ほんのりと揺らめく炎を見ていると癒やされるという理由から、オイルランタンが注目されています。
オイルランタンは別名ハリケーンランタンとも呼ばれているように、嵐の日も火が消えにくく長時間使用できるのが魅力です。
メーカーによる違いはあるものの、ビンテージ風なデザインがおしゃれなのも人気の理由となっています。
使用するオイルは、ホワイトガソリンやパラフィンオイルなどいくつか種類がありますが、灯油は燃料費も安いのでコスパの良さも魅力です。

ガスランタンやLEDランタンとの違い

ガスランタンはガス缶を使用すので、光量が大きくメインの灯りとして使用できます。
ただし長時間の使用には不向きで、テント内では使用できません。
寒い時期には光量が低下するので季節によって違いが生じます。
LEDランタンはLEDライトを使用しているので明るいのがポイントですが、明るすぎるため雰囲気を楽しみたいときには不向きです。
電池式や充電式は電源がない場所でも使用できますし、灯油やガスと違いテント内でも使用できるのがメリットです。

社長
テントの中で使用するならLEDランタン、テントの外で雰囲気を楽しみたいときはオイルランタンやガスランタンというように使い分けるとよいでしょう。

オイルランタンのメリット

オイルランタンは燃料を入れて火を灯すだけなので初心者でも簡単に使用できます。
光量はあまり高くはないものの、天候や気温に左右されることがなく安定しているのもポイントです。
芯の交換や煤を取るなど手間はかかりますが、メンテナンスをして手間をかけることで愛着が湧くのが最大のメリットです。
焚き火とは違う小さい炎ですが、いつまでも眺めていられる不思議な魅力があります。
煤が出るのが嫌という場合は、パラフィンオイルがおすすめです。
ただしパラフィンオイルは灯油よりも高いのでランニングコストがかかります。

社長
コスパ重視なら灯油、手間をかけたくないならパラフィンオイルを選ぶとよいでしょう。

キャンプで使うランタンの選び方教えます!

2020年9月12日

キャンプでオイルランタンを使用する際の注意点

オイルランタンを使用するにあたりいくつか注意しておきたいことがあります。
安全にキャンプを楽しむために大切なことですので、注意点について理解しておきましょう。

テント内では使用しないようにする

灯油を使用するオイルランタンは、一酸化炭素が出るのでテント内では使用できません。
狭い空間のテント内で使用すると、一酸化炭素中毒のリスクがあるからです。
一酸化炭素は色もニオイもなく目に見えないので、テントの中では使用しないようにしてください。
テントの外で使用している場合でも、うっかり倒れると灯油が漏れ引火する可能性があります。
テントや服に燃え移ると危険です。
地面やテーブルの上に置くとうっかり倒してしまうことがあるので、ランタンスタンドとセットで使用するのがおすすめです。
灯油のオイルランタンなら災害時にも使用できますし、自宅でキャンプ気分を味わいたいときにもおすすめです。

やまひつじ
室内で使用する際は、十分に換気をしてくださいね。

UJack ハンマーランタンスタンドがおすすめな理由、今一番売れているランタンスタンド!

2018年8月28日

持ち運ぶ際はガラスが割れないよう慎重に

オイルランタンの魅力でもあるホヤは耐熱ガラスを使用しており、ガラス越しに見える揺らめく炎はなんとも言えない美しさがあります。
持ち運びの際、落としたりぶつけたりすると割れてしまうので扱いには注意が必要です。

やまひつじ
メーカーによってはホヤを交換できることもありますが、割れたガラスで怪我をしないよう扱いは慎重にしてくださいね。

オイルランタンの使い方

オイルランタンは正しく使用すれば長期間使用できます。
使い方はとても簡単なのでぜひ覚えて活用してください。

芯をカットする

芯は使用するたびに減っていきます。
ある程度使ったら交換をしますが、交換までは使う前に芯の両端をカットして整えておきましょう。
両端をカットすると、燃焼効率が高まり美しい形の炎になるというメリットがあります。
初めて使用するときと、芯を新しく交換した際は、しっかりと芯にオイルを染み込ませてから使用してください。

着火後は安定するまで炎を調節する

芯に火を付けてからしばらくは、炎が大きくなりやすい状態です。
ホヤの中の温度が安定すれば炎も落ち着きますが、大きいままにしておくとホヤ内が煤で汚れます。
着火してから炎が落ち着くまでは、芯の長さを調節するとよいでしょう。

持ち運ぶ際はオイル抜きをする

オイルランタンは安全性を考慮して設計されているので、燃料容器を完全に密閉できません。
普通に使用する分には問題ありませんが、持ち運ぶ際に倒したり傾けたりするとオイルが漏れる可能性があります。
オイルはオイルタンクに入れておき、キャンプ場に着いてからランタンにオイルを入れて使いましょう。
帰るときランタンの中にオイルが残っている場合は、オイル抜きをします。
オイル抜きはスポイトで吸い取ってもいいですし、新聞紙やキッチンペーパーで吸い取ってもOKです。
新聞紙やキッチンペーパーに吸い取らせた灯油は、自治体のルールに従って処分してください。

キャンプにおすすめのオイルラランタン4選

キャンパーに人気のオイルランタンを5つ紹介します。
気になる商品が見つかったらぜひチェックしてみてくださいね!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) UK-506

キャンプ用品全般を扱う人気ブランド・キャプテンスタッグからもオイルランタンが登場しています。
サイズやカラーはいくつかバリエーションがありますが、ブロンズはビンテージ風で味がありどんなシーンにもマッチするのでおすすめです。
燃料は灯油かパラフィンオイルを使用できます。
取っ手がついているので持ち運びもしやすく、芯はリングを回すだけなので調節が簡単です。

FEUERHAND(フュアーハンド) ランタン 276 ジンク 12562

ベテランキャンパーにも愛用者が多いフュアーハンドは、ドイツ生まれのブランドです。
ツヤを抑えたマットシルバーは、シンプルで洗練された印象が特徴的。
フュアーハンドランタンは、芯に火を灯し温められた空気が煙突から放出される上昇気流を利用して、新鮮な空気を下部にあるバーナーに送るという構造です。
独自の構造により燃焼を促進させるのがポイント!
灯油とパラフィンオイルに対応しています。

ハリケーンランタン DIETZ90 グリーンGT 大型

デイツもドイツ製のブランドで、ホヤは熟練の職人が手作業で仕上げるため微妙なバラツキがあるのが特徴です。
手作業ならではの気泡やキズ、ロゴのかすれやズレはある意味では世界にたった一つと考えてもいいでしょう。
使用には全く問題ないので安心です。
手頃な価格で購入しやすいのもポイント。
灯油はファンヒーターや石油ストーブと同じ物を使用できます。

ホルムガードHOLMEGAARD オイルランタン

デンマークで作られた装飾のないシンプルなデザインは、キャンプはもちろんのこと自宅でも使用できます。
インテリア性にも優れているので、火を灯さずに置いておくだけでもおしゃれです。
ガラスの曲線美とレザーンバンドのバランスが良く、北欧デザインならではの魅力があります。
おしゃれなオイルランタンを選びたい方におすすめです。

まとめ

オイルランタンはキャンプ場で灯りとしてだけでなく、トイレやお風呂に行きテントを離れたときの目印や虫よけまで幅広い目的で使用できます。
焚き火とは違う優しい炎に癒やしを感じるキャンパーも少なくないようです。

社長
雰囲気を楽しみたい方にはうってつけなので、ぜひ今度のキャンプにはオイルランタンを使用してみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!