夏キャンプは暑さ対策が重要!快適に過ごすためのコツや必需品をご紹介

夏休みやお盆休みなど長い休みがある夏はキャンプに最高のシーズンです。
しかし冷房のない屋外で過ごすので暑さ対策が欠かせません。
猛暑日のキャンプは熱中症のリスクも潜んでいます。
どうしたら快適に過ごせるのか、夏キャンプを快適にする方法と暑さ対策に役立つ必需品をご紹介します。

夏キャンプの暑さ対策その1:キャンプ場の選び方

快適に夏キャンプを楽しみたいなら、キャンプ場選びからこだわってみましょう。
アクセスに便利なことやキャンプ場の設備が整っていることも大切ですが、暑さ対策を重視するなら標高の高い場所にあるキャンプ場がおすすめです。
気温は標高が100m上がるごとに0.6度下がると言われているので、標高の高い高原にあるキャンプ場なら朝晩は真夏でも肌寒いほどです。

社長
気温が上がる日中でも平地に比べるとだいぶ涼しく過ごしやすいでしょう。

暑さ対策を取りやすい場所とは?

高原にあるキャンプ場でも環境はそれぞれに異なります。
より快適に過ごしたいなら木陰の多い林間サイトか、川沿いにテントを設営できるキャンプ場がおすすめです。
木陰が多いほど涼しく過ごせますし、川沿いは川から涼しい風が吹きます。

やまひつじ
冷房ほどではないものの、気温が低く風が冷たいと快適に過ごせますよ。

電源サイトなら扇風機が使える

高原の林間サイトや川沿いのサイトでも、電源があるのとないのとでは快適度も変わってきます。
電源サイトなら扇風機が使えますので、予約する際は電源が使えるかどうかも確認するとよいでしょう。
電源サイト以外ではポータブル電源を持って行くか、モバイルバッテリーが使える充電式のUSB扇風機も便利です。
充電式でも大容量バッテリーを搭載していれば、長時間使用できます。
こちらは照明変わりにもなるので、テント内で使用したいときにおすすめです。

日陰がない場所での暑さ対策にはタープがおすすめ

高原や林間サイトでも場所によっては木陰がなかったり、時間によって直射日光が当たったりすることもあります。
そういうときに役に立つのがタープです。
タープがあれば木がない場所でも日陰を作ることができますし、テントの上にタープを張るだけで日を遮ぎり暑さ対策にも役立ちます。
スノーピークのペンタシールドは、遮光ピグメントPUコーティング加工を施しているので日が当たる場所でも涼しく過ごせます。
トレッキングポールやパドルでも設営できるので、木がない場所でも設営できるのがポイント。
テフロン撥水加工も施されているので雨の日も安心です。

夏キャンプの暑さ対策その2:テントの選び方

高原や林間サイトのように平地よりも涼しいキャンプ場を選んでも、やはり日中は気温が上がるのでテント内は熱がこもります。
日中は暑くてテント内にはいられませんし、夜になってもテント内が暑いままだと寝苦しいので熟睡できません。

素材は風通しの良いメッシュがおすすめ

暑さ対策を考えてテントを選ぶなら、テント内の通気性が良いメッシュ素材が多いものがおすすめです。
テントは耐久性を重視して設計されているので、気密性の高い素材を使用したものが多く見られます。
冬は暖かいので快適ですが、夏は蒸し風呂のような状態です。
暑さ対策にはメッシュ部分の多いテントを選びましょう。
メッシュなら風が通るので熱がこもらず夜になって日が落ちればそれ以上温度が上がることはありません。
フライトシートは日が落ちるまでは上げておき、日中はインナーテントのみにするとよいでしょう。

テントの色でも快適度は変わる

テントはキャンプにとっての必需品ですが、色によっても快適度は変わってきます。
黒は熱を吸収しやすいので、日が当たる場所にテントを張ると内部は高温に!
暑さ対策を考えて選ぶなら、白や白に近い日を反射する色を選ぶとよいでしょう。
白やアイボリーのように薄い色なら、見た目にも涼しげです。
おしゃれにこだわりたいなら、キャンプグッズの色を白やアイボリーに統一するのもおすすめです。
やまひつじ
タープも同様に白やアイボリーの方が日を反射するので涼しさが変わりますよ。
コールマンの2ルームハウステントは、ファミリーにおすすめです。
日中はフライトシートを上げておけば、メッシュスクリーンから風が通ります。
日差しを90%ブロックして、テント内の温度が上昇するのを防ぐのもポイントです。

テントの設営時間に注意

キャンプ場に到着したらすぐにテントを設営しないといけない、こう思っていませんか?
早朝の涼しい時間ならテントの設営もさほど辛くありませんが、日が昇ってからだと汗だくになってしまいます。
頑張ってテントを設営しても炎天下ではテント内が暑くなりくつろげません。
キャンプ場についたらまずはタープで日陰を作りましょう。
タープで日陰を確保しておけば、直射日光にさらされることもなく涼しく過ごせます。
後からタープの下にテントを張る事を考えて、高さも調節しておくと安心です。
テント設営は、日没の少し前からでも十分間に合います。

キャンプの暑さ対策に役立つ便利アイテム

キャンプ場で快適に過ごすためには、テントやタープ以外にもこだわってみましょう。
夏キャンプにあると便利なアイテムを紹介します。

寝るときはキャンプコットがおすすめ

夜になっても地面の熱が下がらないと、床が暑く寝苦しいことがあります。
寝るときは地面よりも少し高い位置で眠れるよう、コットを使うとよいでしょう。
地面の熱が直接体に伝わらないので寝苦しさから開放されます。
やまひつじ
ひんやりマットや冷感ケットを使うとより快適に眠れますよ。
水を入れるだけのクールウォーターパッドは、冷房や扇風機がないときも背中がひんやりとして快適です。
使い終わったら水を抜けばコンパクトになるので荷物になりません。

クーラーボックスはハードタイプがおすすめ

キャンプ場で冷たい飲み物を飲んだり、バーベキューの食材を保管したりするにはクーラーが欠かせません。
クーラーボックスはキャンプの必需品ですが、夏は保冷力の高いハードタイプがおすすめです。
社長
容量は人数に合わせて選べますので、持ち運びしやすさも考慮して選びましょう。

意外に便利な真空断熱タンブラー

暑い日は冷たい飲み物が飲みたくなりますよね。
氷を入れても普通のコップではすぐに溶けてしまい、生ぬるくなってしまいます。
真空断熱タンブラーがあれば、氷も溶けにくいですし長時間冷たいまま美味しく飲めておすすめです。
真空断熱タンブラーは冷たい飲み物だけでなく、温かい飲み物も温かいまま飲めるので季節を問わず使えるのもポイント。
キャンプに持っていくと重宝しますので、ぜひ使ってみてください。

虫対策も忘れずに

暑さ対策はバッチリでも、屋外では虫対策も欠かせません。
虫除けスプレーや蚊取り線香を焚くのもいいですが、それだけでは万全ではありません。
虫対策には蚊帳がおすすめです。
キャプテンスタックの レニアススクリーンメッシュタープセットは、4面にメッシュを採用しており蚊帳としても使用できます。
ウォールを巻き上げていれば風が通りますし、ウォールを下げれば目隠しにもなるので安心です。

熱中症予防には冷却グッズもおすすめ

夏のキャンプ場は熱中症のリスクも有るので、冷却グッズを活用しましょう。
体を冷やすことで暑さ対策にも熱中症予防にも役立ちます。
水に濡らして絞るだけでひんやりする冷感タオルは、夏キャンプにもおすすめです。
水気が残っていれば、ぬるくなっても振ればひんやりが続きます。
子供でも簡単に使えるので、1人につき1枚用意しておくと安心です。
やまひつじ
服の上から使える冷却スプレーは、スプレーすればすぐに冷やせるのでキャンプ場に持っていくと便利ですよ。

まとめ

夏はキャンプに最適な季節ですが、日中の暑さに参ってしまうこともあります。
暑くなるとわかっているなら、快適に過ごせるよう暑さ対策を取り入れれば良いのです。
キャンプ場選びも重要ですが、キャンプ場での過ごし方のコツを知っていれば快適に過ごせます。

社長
暑い季節は熱中症のリスクも高まるので、こまめに水分補給も心がけましょう。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!