雨の日こそ自然の中のキャンプを楽しみたい!どんな準備をしていけばいい?

楽しみにしていたキャンプの日、朝起きたら、暗い空に雨……。
最初はいい天気だったのに、いきなり雨が降ってきた!
何回かキャンプを重ねると、そんなことも起こりますよね。
でも、雨もまた自然の一部です。
どんな状況でもキャンプを楽しみたいですよね。
この記事では、雨の日のキャンプを乗り切るための対策、どう過ごせばいいのかなど、詳しくご紹介します。

雨の日のキャンプはどんな服装で行けばいい?

天気予報では晴れでも、突然空の様子があやしくなり、雨がザーザー降ってくる……なんてことも、キャンプでは珍しくありません。
キャンプに行くときには、必ず、雨が降っても困らない服装を持っていきましょう。

レインスーツ


レインコートは雨の日のキャンプの必需品です。
できればフード付きで、上下に分かれたものが、最も雨を防いでくれます。
ポンチョタイプだと、下半身がドボドボに濡れてしまったりするので、レインパンツ付きのものを選ぶのがおすすめです。
あと、袖口が絞れるタイプのものだと、手首から腕に向けて、雨が伝ってくることもありません。
テントやタープの設置や片付け時に雨が降っていると、意外に袖口から雨が入ってきやすいので、袖が絞れるレインスーツはとても重宝しますよ。

レインブーツ


レインコートと同じくらい、レインブーツも雨の日のキャンプの必須アイテムです。
足首丈やふくらはぎ丈ではなく、膝丈くらいのレインブーツを選ぶようにしましょう。
レインブーツも、吐き口を絞れるタイプのものがあります。

やまひつじ
雨の侵入を防ぐことができますので、できれば吐き口を絞れるタイプを選ぶと便利ですよ。

吸湿速乾性のインナー


レインコートを着用すると、ご存知の通り、非常に汗をかきますよね。
特に夏のキャンプだと、レインスーツはまるでサウナスーツのように感じるほど、暑いものです。
そこで便利なのが、吸湿速乾のインナーです。
このインナーを着用していると、いくらか湿気を感じなくなるので、快適に過ごせるようになります。
夏のキャンプには、本当におすすめです。

【梅雨キャンプ】魅力や注意点、寒さ対策のポイントを徹底解説!

2020年5月25日

雨の日のキャンプ対策!テントの設営はどうしたらいい?

雨の日のキャンプのテント設営は、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。
ご紹介します。

雨が降っている時テント設営

例え晴れの天気であっても、キャンプ時は、急に雨が降ってくることがあります。
「雨が降るかもしれない」という心づもりで、以下の点に気をつけて、テントを設営するようにしましょう。

水はけのよい場所を選ぶ

出来るだけ、土のサイトは避けるようにしましょう。
ぬかるんだりして、後片付けが大変になります。
芝生のサイトか、砂利のサイトを見つけて、陣取るようにしてください。
木が屋根の代わりになってくれることもあるので、森や林のなかにあるサイトもおすすめです。
また、低い場所や、くぼんでいる場所には、テントを張らない方が無難です。
大雨が降ってきたとき、水たまりの中にテントがある状態になってしまうからです。

まずはテントシートを敷く

テントは、地面に直に設営するのではなく、必ずテントシートを敷いてから、設営するようにしましょう。
いきなり雨が降ってきても、地面の濡れや浸水、汚れからテントを守ることが出来ます。

社長
テントシートがテントの底面よりも大きければ、内側に立てて折り込んでおくと、水の侵入を防ぎやすいですよ。

タープをあらかじめ車とテントの間を渡すように張る

タープを、車とテントの橋渡しをするように張っておくと、急に雨が降ってきても、濡れずにテントと車の間を移動することができます。
(オートキャンプ場の場合)
あまりの大雨で、急きょテントから車の中に避難したいときなど、非常に便利ですよ。
また、タープの真下にテントを張っておくこともおすすめです。
夏のキャンプであれば、日差しや熱を二重に防ぐことができますし、雨が降ってきても、濡れずにテントの片づけをすることが可能です。

車中泊をする

雨が降る可能性が濃厚な場合、もしくはすでに雨が降っている場合は、車中泊にしてしまうという手段もあります。
座席をリクライニングして、人数分の寝袋や毛布、タオルケットなどがあれば、車の中で寝ることが可能です。

社長
酸欠になってしまう場合があるので、窓は少し開けておいたほうがいいでしょう。

テントをしまうための大きなビニール袋を用意しておく

購入したときにテントに付属している袋は、テントをしまうのにぴったりな大きさに作られています。
逆に言えば、上手に畳まないと、なかなか入れることができません。
雨でぬれた場合、付属の袋に入れることはなかなか難しいでしょう。
そこで、大き目のビニール袋を用意しておくと、非常に役立ちます。
テントを撤収したら、さっとビニール袋に入れて片付けることができます。
キャンプに行くときは、必ず用意しておきましょう。

雨の日のキャンプならではの楽しみ方!子どもも満足する遊びって?

雨の日は、テントの中で過ごす時間が増えます。
家族や友人同士で顔を突き合わせて過ごす時間、楽しく過ごしたいですよね。
そこで、子どもも喜ぶ、盛り上がるゲームをご紹介します。
ぜひ、雨の日のゆったりした時間を楽しんでくださいね。

トランプ

トランプは、1つあるだけで複数の遊び方ができます。
ババ抜き、七ならべ、神経衰弱、スピード、大富豪など、飽きずに遊ぶことが出来ます。
キャンプに行くときは、必ず持っていきましょう。

カードゲーム“UNO”

大人気カードゲーム“UNO”も、グループで遊ぶと非常に盛り上がります。
トランプとはまた違ったルールで、楽しめますよ。

ハンカチ落とし

子どもも大人も一緒になって体を動かして遊べるのが、ハンカチ落としです。

やまひつじ
大人も童心に返って、ドキドキわくわくしながら遊べますよ。

オセロ

最近では、100円ショップなどでも販売されているオセロは、気軽に手に入れられるゲームです。
2人でしか遊べないため、3人以上のグループにはあまりオススメできませんが、テント内でも頭脳戦を楽しむことが出来ます。

人生ゲーム

昭和の時代からずっとある人生ゲーム。
皆が楽しめるゲームは、やはり残っていくものですね。
大どんでん返しがあったり、大人も子どもも手に汗握って遊べるボードゲームです。
一度やり始めると長時間かかるので、雨の日のゆったりしたキャンプ時間に、グループで楽しむことができますよ。
人数が多ければ多いほど楽しいので、家族や友人グループでのキャンプにおすすめです。

雨の日のキャンプ後の道具の手入れはどうしたらいい?

雨の日のキャンプでは、テントやタープ、テントシート、クーラーボックスの底などが、土や泥で汚れてしまいます。
そのため、帰宅後の掃除、お手入れは必須でしょう。

帰ってからの作業を少しでも楽にするため、もしキャンプ撤収時に雨がやんでいた場合は、ある程度、土や泥を落としておくようにします。
また、車内のラゲッジスペースには、ゴミ袋やレジャーシートでもいいので、ビニールを敷いておくようにしましょう。
そうすれば、車内の汚れが最小限になります。

帰宅後は、キャンプ道具すべての汚れを落とし、天日に当てて、乾かしてください。
水分がついたまま片付けてしまうと、嫌なにおいやカビの発生につながり、不衛生です。

社長
かならず水洗いし、完全に乾いてから、片付けるようにしましょう。

もう雨のキャンプも怖くない!設営・撤収・帰宅後にすべき雨天対策のまとめ

2020年7月17日

まとめ

以上、雨の日のキャンプの準備、楽しみ方、撤収時の片付けまでをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
雨の日のキャンプは敬遠されがちですが、私は雨の日を楽しめてこそ、自然と一体化できるのではないかと考えています。
もちろん、台風や度を越した大雨の日は敬遠するべきですが、小雨程度であれば、ぜひ準備を万端にして、キャンプを楽しんでいただけたらと思います。

社長
この記事が、雨の日のキャンプを不安に思っている方にとって、少しでも役に立てたなら幸いです。

雨のサインを知っておこう!キャンプ中の雲や自然の現象から占う天気予報

2020年7月25日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!