キャンプでの虫除け対策はこれで決まり!効果的な対策とおすすめグッズをご紹介!

アウトドアを楽しむ方も多い夏の季節。
やっぱり気になるのは、刺されると痒くてたまらない、蚊やブヨなどの「虫」ですよね。
私も、これまで散々悩まされてきました。
そこでこの記事では、虫のストレスなくキャンプを楽しむためのおすすめ対策や、厳選アイテムをご紹介していきます。
5分ほどで読めますし、これさえ読めば今年の夏は快適にアウトドアを楽しめると思うので、まずはご一読を!

キャンプでこの夏取り組むべき虫除け対策3選

現地で虫除けスプレーかけたり、蚊取り線香たいたり、数ある虫除け対策の中で「これは間違いない!」というものを厳選しました。
ぜひキャンプに行く際の参考にしてくださいね。

肌の露出を抑える


虫除け対策のまず一歩目。
それは、肌の露出を抑えることです。
山には、一般的に煙たがられる虫の他にも、蛇やマダニなど、注意しなければ命の危険にもなりかねない生物がたくさんいます。
そんな生物が襲ってきたとき、衣服が重要なプロテクタとなるのです。
特に忘れがちなのが、マダニ対策。
マダニは木の上から降ってくることがあるので、首まわりにタオルなどを撒いておく必要があります。
一般的には害が少ないと思われがちなマダニですが、ご年配の方や乳幼児などは噛まれると命の危険のある要注意生物です。

社長
しっかり対策をして、自分と大切な人の命を守りましょう。

季節や場所を考える


よく虫除けの対象とされる虫として

  • ブヨ
  • アブ

などが挙げられます。
これらの生物は、それぞれ発生する条件や時期が違うのです。
ですから、キャンプをする場所や、時期をずらすことで、嫌いな虫に遭遇しないこともできます。
具体的な対策としては、

  • 蚊は池や水の流れが少ない水辺に発生するので、そのような場所は避ける
  • ブヨは綺麗な川の周りに発生するので川が近くにない山奥のキャンプ場を利用する、時期をブヨの数が減る秋口にする
  • アブは6月〜9月に発生するのでキャンプの時期を少し秋に遅らせる

といった対策が挙げられます。
いずれにしても、全ての虫を避けるのは難しいです。
どの虫を特に避けたいか考えて、対策を講じるのが良いでしょう。

「キャンプ場でアブ・ブヨ(ブユ)に刺された!! どうする? 予防と対処法」

2019年4月10日

質の高いアイテムを準備する

事前の準備として特に大切なことが、質の高いアイテムを準備することです。
快適なアウトドアライフを送るには、アイテムのスペックが非常に重要。
「虫除けスプレーを使ったはずなのに、めっちゃ蚊に刺された」なんて経験をしたことはありませんか?
同じ虫除けスプレーでも、成分によっては効き目が全然違います。
高いスペックのアイテムを揃えて、ストレスフリーなアウトドアライフを楽しみましょう。

キャンプでの虫除けにオススメなアイテム5選


なんといっても虫除けの肝は、アイテムです。
医療が日々進化するように、虫除けも日々進化を続けています。
ここでは、キャンプに持っていけば大活躍間違いなしの、おすすめアイテムをご紹介します。

虫除けスプレー

虫除けの代表格である虫除けスプレーですが、その成分には3つの種類があります。
ここでは、それぞれの違いをご紹介しましょう。

ディート

虫除け剤で最も一般的に使用されている成分。
非常に有効な成分ですが、12歳以下の子供に対しての使用には回数制限があります。
ディートが配合されている虫除けスプレーとしては、

などです。

イカリジン

日本では2015年から認可されている新しい虫除け成分です。
ディートと同程度の虫除け効果を発揮しますが、皮膚への刺激が少ないので、年齢制限なしで子供にも安心して使用することができるという特徴があります。
イカリジンが配合されている虫除けスプレーとしては、

などです。

ハーブなどの天然成分

虫が嫌う天然素材のハーブなどを使用しているため、肌が弱い方や赤ちゃんにも安心して使用することができます。
具体的には、ハッカやミント、レモングラスなどが一般的です。
ディートやイカリジンに比べると効果は薄いので、使い分けをおすすめします。
天然成分が配合されている虫除けスプレーとしては、

created by Rinker
メイド・オブ・オーガニクス(made of Organics)
これらの配合成分の特徴をよく理解した上で、どの製品が自分に合っているか、吟味することが大切です。

アウトドアの虫除けはアロマがおすすめ!作り方からアイテムまで

2019年7月4日

虫取りLEDライト

近年、蚊などの虫を捕まえるためのLEDライトが、様々なメーカーから発売されています。
その威力は申し分ない上、薬剤も使わず、煙も出ない、しかも置いておくだけという安心安全かつ手軽な特徴で、新たな虫除けの選択肢として注目されている製品です。
今まで、虫除けスプレーなどで効果を実感できなかった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか!

キャンプ場にいる虫とは?虫除けには蚊取り線香やランタンが効果的?

2020年6月1日

着る虫除け!「着るだけで虫除けできる服」


虫除け向けの服も非常におすすめです。

  • メッシュ生地で虫を防ぎつつ、通気性も抜群なタイプ
  • 服の上から刺されることを防ぐ吸汗速乾性のパーカータイプ
  • 虫除け成分を繊維に織り込んだTシャツタイプ

など、様々なタイプのものがあります。
自分に合ったタイプの服を着て、快適なアウトドアライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

蚊取り線香の10倍の威力!?「森林香」


みなさんは赤い蚊取り線香があることをご存知でしょうか。
その名も「森林香」。
防虫効果の高い「メトフルトリン」という薬剤を使用していて、サイズ感も通常の蚊取り線香より遥かに分厚いのが特徴です。
元々は山で作業をする林業家のために開発されたいわばプロ仕様の蚊取り線香。
最強の呼び声も高く、効き目は抜群です。

「パワー森林香」「獣除け線香」はキャンパーの必需品

2019年8月31日

スクリーンタープ


暑い夏のキャンプにぜひ持っていきたいのが、「スクリーンタープ」。
スクリーンタープとは、四方の壁が網戸のようなメッシュになっているテントのことです。
通気性を確保しながら、虫を入れないという嬉しい特徴を持っています。

やまひつじ
テントの四隅で蚊取り線香を炊いておけばより安全ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
一口に虫除けと言っても、このように様々なアプローチの形があります。
自分に合うものを探したり、複数の対策を組み合わせたりしながら、より快適なキャンプライフを楽しんでみてください!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!