べランピングデビューしたい!雰囲気作りのコツやおすすめのアウトドアグッズを紹介

ベランピングという言葉をご存知でしょうか?
ベランピングは、自宅で気軽にできるアウトドアの新しい形として、最近注目を集めています。
「やってみたいけど、何から手を付けて良いのか」と悩む人も多いはず。
そこで今回は、ベランピングでの空間作りのコツやおすすめのアウトドアグッズについてご紹介します。

べランピングって何?

べランピングとは、「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の3つの言葉を合わせたもので、 ベランダで素敵なキャンプスタイルを楽しむことです。

自宅でかんたんにアウトドア気分を楽しめるアクティビティとして、最近注目されています。
実際、ベランピングには「こうしなければ!」という決まったルールはありません。
自宅のベランダで、自分のやりたいアウトドアライフスタイルを楽しむだけ。

たとえば、バーナーでコーヒーを作ってのんびりとベランダで飲んでみたり、子供とベランダで遊んだりするのもベランピングの楽しみ方のひとつです。
普段からキャンプ気分を楽しみたい人や本格的にキャンプデビューする前に体験したい人、子どもが小さいためまだキャンプに連れていけないといった人に、とくにおすすめしたいスタイルです。

自宅で出来るキャンプ!べランピングとは?始め方も紹介!

2020年5月4日

べランピングの雰囲気作りのコツ

ベランピングに細かいルールはありませんが、せっかく楽しむならよりアウトドア感がある空間を作りたいですよね。
そこでまずは、べランピングの雰囲気作りのコツについて紹介します。

自然を感じる物を取り入れる

キャンプの醍醐味は、やはり自然に囲まれた雰囲気があってこそ。
ベランピングも、ベランダとはいえ自然を感じられる空間を作る演出は欠かせません。
そこでおすすめなのが、観葉植物やフェイクグリーンをおいてみることです。
グリーンの色彩があるだけで、自然豊かな雰囲気を演出できます。

やまひつじ
ウッドテーブルのなどアウトドアグッズを置けば、アウトドア感も出て、より一層気分が盛り上がりますよ。

人工芝やウッドパネルを敷く

足元の工夫次第で、キャンプ気分は高まります。
たえば、ベランダに人工芝などを引けば、一気におしゃれな空間に早変わり。
とくに人工芝やウッドパネルは初心者でも挑戦しやすいDIYなので、おすすめです。
ベランダはコンクリートがむき出しになっていることが多く、放っておくと汚れやゴミなどがたまりやすい場所です。
ベランピングをする前にしっかり掃除しておきましょう。

室外機など生活感のあるものは隠す

ベランピングは自宅で楽しむ「おうちキャンプ」です。
自宅のベランダ感が出てしまうエアコンの室外機などはうまく隠しておきましょう。
室外機が見えていたら、いくらお洒落なアウトドアグッズを置いても雰囲気が決まりませんからね。
たとえば、すのこなどで手作りの室外機カバーなどを作って隠し、その上にグリーンをプラスすると雰囲気も出るのでおすすめです。

ベランピングにおすすめのアウトドアグッズ

アウトドアグッズを使うことで、ベランピングはより楽しむことができます。
ここからは、キャンプやBBQ活躍するのはもちろん、ベランピングにもおすすめのアウトドアグッズをご紹介します。

タープで雨の日も楽しもう

タープを用意しておけば日差しや雨からベランダに置いてあるものを守るだけでなく、外からの視線もシャットアウトできます。
とくにキャンプ用のタープは撥水性が高いため、雨の日でも気にせずベランピングが楽しめます。

サマーオーニングタープ

サマーオーニングタープは、UVカットはもちろん湿気や気温変化にも影響されにくく、気温が暑い日でも心地良いべランピングが楽しめます。
カラーは、「グレイッシュベージュ」「グリーンベージュ」「ブラウンストライプ」「チャコールグレー」の4種類。
水にも強いので、万が一雨が降っても安心です。

ウッドテーブルやチェアで本格的に

ウッドテーブルやチェアを置くだけでも、一気にキャンプ気分が強まります。
テーブルやチェアがあれば食事も楽しめるので、子どもと一緒に食事したり、お酒を飲みながら夜の雰囲気を味わったり、なんて楽しみ方も。
常設するのが難しい場合は、必要な時だけ持ちだせるコンパクトなものを選びましょう。

ペレグリン ファニチャー(Peregrine Furniture) ウィングテーブル

チェアと合わせてアウトドア感を盛り上げてくれるのがアウトドアテーブル。
ウッド調なのでナチュラルな色合いがベランピングにとてもよく馴染みます。
折りたためるので、片付けもかんたん◎。
ローチェアとも相性が良いので、快適なロースタイルを満喫することができます。

テントで夜まで楽しもう

スペースが広いなら、テントを設置してみてはいかがでしょうか。
テントがあるだけでアウトドア感が一気に強くなります。
ペグがいらないワンタッチ式テントなら、設置もかんたんです。

オールアバウトアクティビティ(ALL ABOUT ACTIVITY)ポップアップテント

オールアバウトアクティビティのポップアップテントは、サッと広げて使えるワンタッチ式テントです。
UV カットや通気性に優れた背面メッシュ仕様で、暑い夏場でも快適に使用できます。
カラーは全部で3種類。
使わないときはしっかりバッグに収納できるので、片づけるときもあまりスぺースを取らずに収納できる点も魅力です。

雰囲気たっぷりのランタン

「夜もベランピングを楽しみたい!」という人はランタンを用意しておきましょう。
安全性を考えればキャンドルタイプよりも、電池式のLEDランタンの方が無難です。

社長
風で落下することないよう置き場所には十分注意してくださいね。

キャプテンスタッグ LEDランタン

キャプテンスタッグのLEDランタンは、まるで西部劇などで見かけるようなオイルランタンのよう。
明るさは無段階調節ができ、好みに応じて設定できます。
やまひつじ
アンティーク調なので、置いておくだけでもグッとアウトドアな雰囲気を演出できますよ。

芝生シートで自然空間を

芝生シートをベランダに敷くだけで、生活感のあるベランダから一気に非日常感を演出することができます。
他のグッズを置くときの汚れを防いだり、寝転ぶスペースにしたり、さまざまな使い方ができるのも魅力のひとつ。
他にも、ウッドデッキ用パネルやすのこをベランダサイズにカットして敷くのもおすすめです。

HUGOO 芝生シート

ベランダの雰囲気をガラッと変えたいなら、床を変えてしまいましょう。
芝生シートを敷くだけで、驚くほどアウトドア仕様のベランダに生まれ変わります。
あとは好きなアウトドアグッズをセッティングしてベランピングを楽しむだけ。
やまひつじ
芝生シートを敷くだけで足元がふわふわになるので、チェアなしでも快適に過ごすことができますよ。

ゆっくりするならハンモック

寝転んだり、座ったり、読書を楽しんだりしたいなら、ハンモックがあると便利です。
「ハンモックはどこかにぶら下げなければダメなんでしょ」と考える人も入るでしょうが、最近のハンモックは自立式のものもたくさんあります。
体を冷やさないよう、ブランケットも一緒に用意しておく良いでしょう。
また、似たような使い方として、コットもベランピングにぴったりのアウトドアグッズです。

MRG 自立式ハンモック

MRGの自立式ハンモックは3WAY仕様です。
ベッドの代わりに言ったり寝転んだり、スタンドを調節してチェアとして使ったり、付属のポールでハンガー掛けとしても使用できます。
重さは10kgもないので持ち運びやすく、組み立ても収納もかんたん◎。
全面塗装されているので錆にも風にも強いので、べランピングやキャンプなどさまざまなシーンで活躍します。

まとめ

べランピングは、やりたい時に気軽に非日常感を楽しめる「おうちキャンプ」です。
アイデア次第でどんな形にも広がるアクティビティであり、楽しみ方は無限大です。

社長
近隣住民の迷惑にならないよう騒音などには十分注意して、楽しいベランピングライフを過ごしてくださいね。

外出自粛期間、家でできることしよう!キャンプ道具はメンテナンスが大事

2020年4月23日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!