長く使いたいなら寝袋は洗うべし!正しい洗い方やおすすめの寝袋を解説

キャンプや登山、車中泊などさまざまなシーンで便利な寝袋ですが、何年も使いっぱなしでそのままにしちゃっている人はいませんか?
何の手入れもせずにそのまま放置していると、いつの間にか大切な寝袋がカビだらけ…ということも。
そんな事態を防ぐために、寝袋は定期的にきちんと正しい方法で洗っておくことが大切です!
そこで今回は、寝袋の正しい洗濯の仕方とおすすめの寝袋について解説します。

寝袋を洗う目安は約30~50回に1回

「寝袋は屋内で使うから汚れていない」と 思う人もいるかもしれません。
しかし、実は目に見える大きな汚れがなくても、寝袋は洗濯した方が良いです。
寝袋には自宅の布団のようにカバーがないため、 皮脂汚れや寝汗などが寝袋の内側についていき、どんどん本体が汚れていきます。
また、汚れだけでなく、洗わなければ保湿力も落ちてしまいます。

やまひつじ
長く使いたいなら、きちんと洗濯しましょう。
一般的な洗濯のタイミングは、30回~50回使用した頃です。
頻繁に使わない人は、キャンプシーズンが終わるぐらい、年に1回程度でかまいません。
寝袋の臭いがきつくなってきたり、食べ物をこぼしたり、汗をかきやすい夏場に使ったりした場合は洗濯しておきましょう。

寝袋を洗濯前に見るべき2つのチェックポイント

寝袋は買い替え頻度の少ない消耗品なので、できるだけ長く活用したいですよね。
しかし、あまりに適当に洗ってしまうと、寝袋がボロボロになってしまうかもしれません。
そうならないために、寝袋を洗濯する前にはかならず2つのポイントを確認しておきましょう。

寝袋の中綿は化学繊維?ダウン素材?

寝袋の中綿の素材は、大まかに分けると「化学繊維」と「ダウン素材」の2種類です。
どちらの素材が使われてるかによって、洗濯の仕方や乾燥手段が違います。
自分の使っている寝袋はどちらのタイプなのか、しっかり見ておきましょう。

化学繊維タイプの場合

化学繊維タイプのものは、コストが比較的に安く、水に強いのが特徴です。
そのため、雨や湿気の多い場所にも使え、洗濯機で丸洗いOK。
濡れても乾きやすいのもメリットのひとつです。
保温性はダウン素材と比べて低くなりますが、手洗いが面倒という人におすすめです。

ダウン素材タイプの場合

ダウン素材タイプのものは、高い保温力と軽くてふわふわな寝心地の良さが特徴です。
そのぶんデリケートにできており、水に弱く、雨や湿気の多い場所には適していません。
洗濯機で洗えば中の羽毛がへたれてしまうこともあるので、基本的に手洗いしましょう。
このように、ひとことで寝袋といっても素材によって洗濯や使用に適した環境がぜんぜん違います。
素材の部分に「ダウン」と書かれていない場合は、化学繊維が使われていると思って良いでしょう。

洗濯絵表示はどうなっているか?

洗濯をする前には、素材だけでなく洗濯絵表示をチェックすることも大切です。
一般的に洗濯機OKといわれる化学繊維タイプの寝袋のなかにも、製品によっては手洗いを勧めるものも。
製品ごとに適した洗い方があるので、洗濯前に確認する癖をつけておきましょう。
また、洗い方だけでなく使うべき洗剤も違います。
化学繊維タイプなら中性洗剤、ダウン素材タイプならダウン専用の洗剤を選び、洗剤を入れすぎないように注意しましょう。

【寝袋の洗い方】手順を解説

寝袋の素材や絵表示のチェックが終われば、さっそく洗濯にうつりましょう。
ただ、寝袋は洗い方を間違えると、寝袋の寝心地の良さなどが半減してしまいます。
とくに、ダウン素材の寝袋は洗い方を間違えると、ぺったんこになってしまうことも。

やまひつじ
自分の寝袋に合ったやり方で洗ってくださいね。

化学繊維タイプは洗濯機で OK

多くの化学繊維タイプの寝袋は洗濯機で洗えます。
そのとき、寝袋のジッパーはすべて閉じ、寝袋の性能を落とさないように必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。

手順は以下の通りです。

  1. 洗濯ネットに寝袋を入れて、洗濯機に入れる
  2. 必要量の洗剤を入れ、洗濯表示に従って脱水まで
  3. ジッパーを全て開けて、風通しの良い場所で陰干しする
  4. 完全に乾けば、手で片寄った中綿をほぐす

ポイントは、洗濯機は使えるが、乾燥機の使用はNGということ!
洗濯機で脱水まで終われば、ベランダなど広い場所で陰干ししましょう。

季節や天候によっては、一週間ほどかかることもあります。

ダウン素材タイプは手洗いをしよう

ダウン素材タイプの寝袋を洗濯する場合は、ジッパーをすべて閉じたうえで手洗いをしましょう。
洗濯機を使って激しく洗うと、寝袋の中の羽が抜けてしまうリスクがあります。

手順は以下の通りです。

  1. 浴槽にぬるま湯を張って洗剤を溶かす
  2. 寝袋を浴槽に入れ、手や足で優しく押し洗いをする
  3. 水が濁らなくなるまで、念入りにすすぐ
  4. バスタオルを寝袋の上から押さえて脱水する
  5. 低温の乾燥機で乾燥させる
  6. 完全に乾けば、手で片寄った中綿をほぐす

ダウン素材タイプの寝袋は、洗濯機が使えない一方で、家やコインランドリーの乾燥機の使用はかまいません。
しかし、乾燥機だけでは中まで完全に乾ききらないことも。
そのため、最後には風通しの良いところで陰干しをしておきましょう。
自然に乾燥させる場合は、風通しの良い日陰で一週間ほどを目安に干しておいてください。

丸洗いOK!おすすめの寝袋はこれ!

ここからは、丸洗いできるおすすめの寝袋を3つ紹介します。

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5

生地と中綿にポリエステルが使用されており、家の洗濯機で洗える封筒型の寝袋です。
同モデルの同サイズの寝袋と連結できるため、家族が一緒に寝ることも◎。
小さな子どもと一緒に寝ることができるのはうれしいですね。
使用可能な下限温度は0度、快適温度は5度以上。
使う環境にもよりますが、初夏から秋のシーズンにおすすめです。
ジッパーを全開にすれば掛け布団にも敷布団にも使え、防災としても重宝する寝袋です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) クッションシュラフ

中綿は、丸洗いに適したポリエステルのウルトラファインファイバーが使われています。
そのため繰り返しの洗濯にも強く、中綿が片寄りしにくいのも特徴です。
こちらもひとつ前に紹介したコールマンの寝袋と同様に、同タイプの寝袋とつなげばダブルサイズで使うこともできます。
また、専用の収納袋に入れればクッションにもなるので、これを枕にしてゴロゴロしたり、足起きにしたり、使い方はさまざま◎。
使用温度の目安は12°以上で、夏向きの寝袋です。

LOGOS(ロゴス) 寝袋

ミニバンの室内サイズに合わせて作られた、ミニバン専用寝袋です。
車内泊はもちろんのこと、テントに使う大きなサイズの寝袋を探している人にもおすすめです。
サイズは約142×190cm。
分割することで、一人用の寝袋となったり、収納時はクッションとして使ったり、ひとつ持っていればいろいろなシーンで活躍してくれます。
もちろん、大型洗濯機で丸洗いOK。
使用可能な最低温度は-2℃とあり、かなりの保温性に優れています。
ただ、首元が閉まらない封筒型の寝袋なので、ネックウォーマーやニット帽など少し工夫するとより快適に寝られるでしょう。

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

まとめ

しっかりとポイントを押さえて洗濯することで、清潔で寝心地の良い寝袋がキープできます。
快適な睡眠は、アウトドアを思いっきり楽しむためにとても重要ですからね。

社長
定期的に洗濯して寝袋のコンデションを保ち、キャンプや車中泊でも快適な睡眠を確保しましょう。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!