【キャンプの火起こし】お酒は着火剤になる!?アルコールが何度(何%)だったら着火するか検証してみた !

読者の皆さんこんにちは。
今回は少し変わった火起こしの検証をご紹介していきたいと思います。
題して、「お酒のアルコールが何度(何%)だったら着火するのか!」です。
理科の実験でアルコールランプがあるように、アルコールには引火性があります。
もし、キャンプで着火剤や、ガスバーナーを忘れたら際にお酒が着火剤として代用できたら助かりますよね。
これが可能ならより手軽にキャンプの火起こしができること間違いなしです!

着火剤なし、ガスバーナーはガス切れ!?火起こしはどうしよう…

いつも筆者は火起こしをファイヤースチール(メタルマッチ)とフェザースティックを使った、ブッシュクラフト流で行っています。
しかし、このブッシュクラフト流の火起こしは時間がかかるため、手軽に素早く火起こしができる方法とは言えません。
フェザースティックを何本か作ろうとすると10分程度かかる上に、着火もなかなか上手くいかない場合もあるためどうしても時間がかかってしまうのです。

キャンプをしていると、火起こしを素早く済ませてしまいたい時もありますよね?
普通ならガスバーナーを使用しますが、うっかりガスを切らしてしまっていたらどうしましょう。
先日、筆者がキャンプを行った際に同じような状況になりました。
その際、いつもの火起こし道具で持っていたのはファイヤースチールとナイフのみでした。
フェザースティックを作る時間もなく、他に着火剤の代わりになるものがないか探していたところ、思いついたのがちょうど持っていた無水エタノールによる火起こしでした。

無水エタノールはアルコール度数がほぼ100%(約99.5%)、アルコールには引火性があります。
やまひつじ
よく火気厳禁と記載されているものは引火するからなんですね。
実はこの100%アルコールはガスバーナーのような炎でなくても、ファイヤースチールの火花で着火するんです!

というわけで本題に戻って、「アルコールが何度(何%)だったらファイヤースチールで着火するのか!」を検証していきたいと思います。

社長
筆者自身も前々から気になっていた検証なので結果が楽しみです。

大人な男の携帯水筒!UJack(ユージャック)304ステンレス スキットル をご紹介

2020年4月19日

アルコール着火の検証に用意した実験材料

今回用意した実験材料はこちらです。

上(左から)

  • 無水エタノール(99.5%)
  • スピリタス(96%)
  • ジン(47%)
  • ウイスキー(39%)
  • ジン(47%)
  • 焼酎(25%)
  • マキロン(アルコール度数わずか)
  • モンダミン(アルコール度数わずか)

下(左から)無水エタノールを希釈したもの

  • アルコール水溶液80%
  • アルコール水溶液70%
  • アルコール水溶液60%
  • アルコール水溶液50%
  • アルコール水溶液20%
社長
お酒には不純物が含まれていますので正しい検証結果がわかるようにアルコール水溶液も度数をわけて用意しました。

アルコール着火の検証

手順はアルコール度数の高い順に、原液に対してファイヤースチールで火花を散らして何度までなら着火するのか検証していきたいと思います。
ファイヤースチールで着火しなかった場合はガスバーナーで直接炎をあてて着火するのか確認していきます。

無水エタノール(99.5%)

まずは無水エタノールから。
スキットルの上に原液を垂らしていきます。
ファイヤースチールで火花を散らすと…


やまひつじ
すぐに火がつきましたね!
社長
アルコールを使った炎は青いため少し見えにくい場合があるかもしれませんね。

アルコール度数 99.5%
つまり、スキレットに残ってしまっている水分は0.5%。
ティッシュで水分をしっかり拭き取って次の検証に移ります。

スピリタス(96%)

次は世界で最もアルコール度数が高いお酒と言われている、スピリタスです。
ちなみにアルコール度数の高いお酒は40~80%に希釈することで消毒液としても使えますよ。


やまひつじ
無水エタノールとほぼ同じ度数なので簡単に着火しましたね。

アルコール水溶液 80%

次はアルコール水溶液80%を試していきます。


社長
こちらもすぐに火がつきました、燃える勢いは100%とのものと比べて変わりないですね。

アルコール水溶液 70%

次はアルコール水溶液70%を試していきます。


社長
こちらも一発で着火しました、まだ燃える勢いは変わらないですね。

アルコール水溶液 60%

次はアルコール水溶液60%を試していきます。
このあたりから個人的には火がつきにくくなるのではないかと思うのですがどうでしょうか…

やまひつじ
お、これもまだつきますね。
社長
ただ、含まれているアルコールが少ないのでその分燃焼時間が短かったですね。

同じ量の原液を垂らしていますが、水分が結構残っていますね。

アルコール水溶液50%

次はアルコール水溶液50%を試していきます。


やまひつじ
ん?ついたけど明らかに火が小さくなりましたよ!
社長
70%や80%に比べると半分は水なのでやはり火の勢いがありませんね、そして消えるのも早い。

ジン(47%)

次は普段、筆者が飲んでいるジンを試していきます。
アルコール度数は47%なので50%の水溶液とほぼ同じですが不純物がたくさん含まれています。


社長
問題なくつきました、実は以前にジンはキャンプで火口にかけて着火に成功していますので、ここまでは大体イメージ通りですね。

ウイスキー(39%)

次はウイスキー39%を試していきます。


やまひつじ
かなり弱いですが火がついていますね。

社長
燃え残りの水分もかなり残っています。

焼酎(25%)

次は焼酎25% ミニ五郎を試していきます。
アルコール度数も段々下がってきました、はたして火はつくのでしょうか…


やまひつじ
あれれ、つかない??
社長
何度もファイヤースチールで火花を散らしましたが全くつきませんね。
ファイヤースチールでつかないので、ガスバーナーで炙ってみましょう。


若干ですが火がついています。
写真の矢印の先に薄っすらと青い火が見えます。
しかし、この火の弱さだと着火剤にするのは難しいですね。

アルコール水溶液 20%

次はアルコール水溶液20%を試していきます。
アルコール水溶液なのでお酒より不純物が少ないものになります。


社長
こちらも焼酎25%同様につきませんね。
こちらもガスバーナーで試してみましょう。


社長
んー、一瞬火がつくような気がするけど、ガスバーナーを離してしまうとすぐに消えてしまいますね。

マキロン(アルコール度数わずか)

ここからは可能性は限りなく低いですが「ついたらいいな」というロマンもかねてせっかくですから検証していきましょう!
マキロンにはエタノール(アルコール)が微量ですが添加物として含まれています。


社長
はい、ファイヤースチールもガスバーナー試してみましたがつきませんでした。

モンダミン(アルコール度数わずか)

最後試すのはお口くちゅくちゅモンダミン♪です。
こちらにも溶剤として微量ですがエタノールが添加されていますので検証していきましょう。


社長
ファイヤースチール、ガスバーナーともに着火することはありませんでした。

アルコール着火の検証結果と注意点

検証結果

ファイヤースチールを使った着火が可能なアルコール度数は約39%以上!
お酒の種類:ウイスキー/テキーラ/ジン/ラム/ウォッカ/ブランデー などの蒸留酒。

バーナーを使った着火が可能なアルコール度数は約25%以上!
お酒の種類:焼酎/泡盛など

注意点

アルコールの火は青色のため見えにくく、特に昼間はついていないように見えてついていることがありますので注意してください。
また、アルコールは火口にかける量が多いほど火が大きくなりますので注意しましょう。

YouTube UJack channelでも検証動画公開中!

今回の検証は動画にもしておりますであわせてチェックしてみてください!

やまひつじ
チャンネル登録もよろしくお願いします!!

まとめ

いかがでしたか?
今回は「お酒のアルコールが何度(何%)だったら着火するのか」について検証結果をご紹介しました。
これでもし、出先で着火剤やガスバーナーを忘れてもアルコール度数の高いお酒なら火口にかけて着火できますね。

社長
火の取り扱いには十分に注意してキャンプを楽しんでください!

【キャンプの火起こし】チャークロスとは?作り方から着火方法までご紹介

2020年4月15日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!