ファミリーキャンプで荷物を減らすコツ!コンパクトな道具もご紹介!

ファミリーキャンプといえば、人数分の荷物があったり、ギアが大きくなりがちだったりと、荷物が多くなってしまうものですよね。
なんとか荷物を減らせないかと悩むキャンパーも多いはず。
そこで今回はファミリーキャンプで荷物を減らすコツや、コンパクトな道具もご紹介します!

ファミリーキャンプの荷物を減らすコツとは?

①調理器具はセットにする!

ファミリーキャンプでは着替えだけでもかなりの荷物。
ですから、なるべく荷物を減らすにはコンパクトさが求められるんです。
そこで注目してほしいのが、クッカーセット。
クッカーセットは、フライパンからお鍋、ライスクッカーもすべて揃います。
セットなだけで積み重ねができますから、コンパクトになります。
さらに長く愛用し続けれるので、一度購入すればそれ以降のキャンプでコスパも抑えられます◎
家で使っている調理器具は、かさばるので一度検討してみましょう!

キャンプの準備は大丈夫?準備に必要なものをまとめてみた

2019年6月1日

②椅子はいらない!

ファミリーキャンプで着替えなどに使っている収納ボックスがありますよね。
アウトドア用の収納ボックスは、ソフトでない限り、ほとんどのものがかなり丈夫なんです。
大人が座っても全く問題ありません。

やまひつじ
さらにちょっとしたテーブルや物置代わりに使えるので、チェアを減らして収納ボックスをチェア代わりに使いましょう!

③防寒着は兼用できるものを!

キャンプでは急な悪天候に見舞われるため、レインウェアを持っていきますよね。
しかし目的別に服を準備してしまうと、それだけでも荷物が増える要因になるのです。
ですから、レインウェアと防寒着は別々ではなく、兼用できるものを持っていきましょう!

社長
シュラフに毛布を準備せず、防寒着を着てシュラフに入れば、毛布を持っていかずに済みますよ◎

④バーベキューコンロと焚き火台どちらかにする

バーベキューコンロは炭火焼きに適しており、焚き火台は焚き火に適しています。
どちらも専用の道具なので当然なのですが、これを別々で持参するとやはり荷物になります。
よほどのこだわりがない限り、どちらかひとつにしましょう。

⑤折り畳めないものは基本なし

キャンプ用品で折り畳めるものを購入するのは当然なのですが、なかにはやはり折り畳めないものがありますよね。
例えるならスモーカーや火おこし器など。
特にスモーカーは折り畳めないからこそスモークがしっかりできるんですが、手軽な燻製を楽しみたいなら折り畳みタイプでもそこまで問題はありません。
火おこし器も同じくコンパクトになるタイプを使用しましょう。
使い勝手は多少劣るものの、使えることには変わりありませんので、折り畳みできるものを持っていきましょう。

⑥ツーバーナーは目的を考えて持っていく

ファミリーキャンプでなんとなく購入してしまうのが、ツーバーナー。
ツーバーナーはあるともちろん便利ですし、料理もスムーズにいきます。
しかし、ツーバーナーは場所を取ってしまうもの。
だからこそ、持っていく前に、今回のキャンプでどんな料理をつくるのか、ということを考えることが大切なんです。
晩ご飯はバーベキュー、朝ご飯は卵やベーコンを焼く程度なら、ツーバーナーじゃなくてもできますよね。
シングルバーナーで代用できるなら、荷物を減らすことができるのでよく考えてみてください。

ウォータージャグは折り畳みにしよう!

おしゃれサイトには大体おしゃれで、折り畳みができないタイプのウォータージャグがありますよね。
確かにひとつあるだけで、おしゃれサイトになった感じがしますが、よく考えてみてください。
ウォータージャグをキャンプでよく使うか、ということ。
よっぽど広いキャンプ場でなければ炊事場に行くのはそんなに苦労することではないですよね。
飲み物はクーラーボックスに入れていますし、ウォータージャグの使い道はちょっと手を洗いたいときだけ。
かさばりがちなウォータージャグは一度使い道を考えてみましょう。

ファミリーキャンプで荷物を減らすならこれ!おすすめのキャンプギア

ユージャック 折りたたみ式 シングル ステンレス カトラリー

こちらは1人分のスプーン、フォーク、ナイフ、箸が揃うステンレスカトラリーです。
折り畳みでコンパクトな上に、収納ケースが付属しているので失くしてしまう心配もないですね。
やまひつじ
価格も1,000円以下なので家族で揃えてもリーズナブルなのが嬉しいところ。

CARBABY バーベキューコンロ

こちらは2~4人向けのバーベキューコンロ。
ネジなどは一切使わずに、組み立ては全部で5個の部品を組み立てるだけ。
誰でも簡単に30秒で組み立てられるんです!
さらにバーベキュー網をのせれば、炭火でバーベキューができますし、網を外して薪を燃やせば焚き火台としても使えます。
付属のA4サイズのケースに全ての部品を収納できますし、バラバラにして洗えるからこそ後片付けも楽チンですよ◎

ロゴス 55セルフインフレートマット

こちらのインフレーターマットは、超厚55cmで寝心地抜群で、自動で膨らんでくれるリバーシブルマットです。
優れたクッション性で快適な寝心地が確立されますし、バルブを開けるだけで自動で空気が入るので準備もすぐに完了◎
また、好みに合わせてグリーンとオレンジを使い分けることができるリバーシブルデザインが採用されているので、その日の気分に合わせて選べるのは嬉しいですよね。
もちろん圧縮すればコンパクトになりますし、収納バッグも付いているので持ち運びも楽々です!

ジェントス USB充電式 パワーバンク ランタン

こちらはUSB機器に給電できるランタンで、なんと明るさは1000ルーメンと圧倒的な明るさ。
濡れても使える防水機能もついていて、10m落下耐久OKなため万が一落としても安心です!
光は白色や昼白色、暖色と3段階に変えることができるので、寝るときから夜間の活動時間まで幅広く活用できます。
そしてなんといってもランタンの大きさが、500mlペットボトルよりも小さいんです!
やまひつじ
これなら荷物の幅をとることもないので嬉しいですよね。

ユージャック 充電式 LEDランタン ケース リモコン付

こちらは3色展開の充電式LEDランタンです。
点灯は白色、暖色、非常灯が含まれる8モードの切替が可能。
付属のUSBケーブルはLightning切替機能付きなのでiPhoneもアンドロイドも充電可能なモバイルバッテリーとして活用することもできます。
また、リモコンが付属しているため、就寝時に寝たまま灯りを消すことができるのも魅力的ですね。

小型クラス最強明度!UJackの充電式リモコン付きLEDランタンがおすすめすぎる件

2019年1月17日

キングキャンプ クッカーセット

こちらは17点がセットになったクッカーセット。
セット内容が豊富なため、必要なものは全て揃うんです。
収納の時は取っ手部分を折り畳むことができるため、荷物の持ち運びにはぴったり◎
持ち手の部分は熱が伝わりにくい素材が使われているので、やけどをすることもありません。
また鍋はノンスティック加工が施されているので、拭き取るだけで汚れや焦げ付きを落とせてお手入れも簡単です!

まとめ

いかがでしたか?
今回はファミリーキャンプでの荷物を減らすコツやおすすめのギアについてご紹介しました。
ファミリーキャンプは荷物が多くなってしまいがちですが、そんなファミリーキャンプでも事前に荷物を減らすための工夫をすれば、今よりも荷物を減らすことができます。
荷物を減らすコツとしては、折り畳みができるもののみを持っていったり、その道具が本当に必要かどうかを考えたり、また代用できる道具で荷物を減らすということが大切です。

社長
荷物をできる限り減らしたいと考えているファミリーキャンパーは、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!