ファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックス!サイズ別にご紹介!

ファミリーキャンプではどんなクーラーボックスを持っていっていますか?
なかにはサイズで迷っているという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回はそんなファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックスをサイズ別にご紹介します!

ファミリーキャンプ時のクーラーボックスってどのサイズ?

ファミリーキャンプを行う方で、どのサイズのクーラーボックスを購入するか迷う人もいますよね。
ファミリーキャンプですから、大きければ大きい方が良いものの、大きいと積載の時に幅をとってしまう…なんてこともあります。
ちょうど良いサイズはどれくらいなのか、またどれくらいあれば良いのか、というのを知りたいファミリーキャンパーも多いと思いますので、まずはサイズを調査してみました。

まず1泊2日のファミリーキャンプを想定すると、食材や飲み物を考えても40L以上のサイズのクーラーボックスがおすすめです。
40Lは大人2人プラス子供1人分の容量といえるので、50Lは大人2人に子供2人、60Lは大人5人分と考えて良いでしょう。

もちろん食材の量はそのときのキャンプによって変わりますし、飲み物をどれくらい飲むかによっても大きく変わってきます。
夏なら水分補給が欠かせないので、飲み物も多くなりますよね。

社長
サイズの人数はあくまでも目安なので、キャンプを予定している日の季節や、その日の料理の予定などでサイズを考えてみてください。

ファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックス!【40L前後】

フィールドアー キャスター付きクーラーボックス

こちらは大容量のクーラーボックス。
移動時に便利なキャスターが付いているため、ひとりで移動をするときにも便利です。
ポリエチレンのボディと内側のポリプロピレンの間に、断熱材27ミリを使っているというこの3層構造が保温力を高めています。
またサイズ展開もたくさん有り、80L以外にも、46L、100L、150Lのサイズ展開があります。

ロゴス ハイパー氷点下クーラー

こちらは驚異の保冷力を誇るクーラーです。
Mサイズの場合 アイスクリームが約13時間保存できるほどの保冷力が実現されています。
瓶類も入れられる衝撃に強いシェルプロテクト構造となっていて、折り畳みができるため収納にも便利です!
やまひつじ
夏場のキャンプでもこれなら安心ですよね。
一時保冷剤の使用もできますよ!
こちらのサイズ展開ですが、他に12L、20L、30Lがあります。

コールマン ポリライト48QT

こちらは、保冷力3日で容量45Lと使い勝手の良いハンドル付きクーラーボックスです。
500mlのペットボトルが27本入りますし、1.5Lなら14本、2Lなら12本入ります。
持ち運びしやすいハンドルがついている上に、カップホルダーも4個付いているので、利便性の高いクーラーボックスです。
社長
小さい子供のテーブルとしても使えるほど、耐久性も抜群ですよ!

ファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックス!【50L前後】

ペトロマックス ウルトラパッシブクーラー

こちらは分厚い4cm以上の断熱壁となっており、保冷力はもちろん、耐久性も抜群のクーラーボックスです。
蓋の上部は頑丈で滑り止めがついているので、その上に座ったりもできます◎
蓋には車のキャリアや荷台に固定しやすいように上下左右の真ん中に溝がついており、濡れた手でも操作可能なゴム製開閉ラッチが付いています。
またドレインホールが付いているので、使っている間に溶けた氷の水を排水すれば保冷時間を少し伸ばすことも可能です。
底には滑り止め用のゴムが装着されているので、傾斜のある場所でも動きにくく安心して使えます◎

ロゴス アクションクーラー

こちらは、アウトドアメーカーでも有名なロゴスから登場しているクーラーボックス。
底面には水抜栓があるため排水も楽々!
さらに蓋は取り外しができるため、丸洗いもできるんです!
肩掛けベルトが付いているので、持ち運びもしやすいのは嬉しいところですね。
カラーバリエーションはグレーとホワイトの2色の展開となっており、サイズ展開は25L、35L、50Lの3サイズとなっています。

コールマン スチールベルトクーラー

こちらはアウトドアメーカーでも有名なコールマンから登場しているクーラーボックス。
保冷力も高く、夏場のキャンプでも1泊で溶けずに持ちこたえれたというキャンパーもいるようです。
またカラーも可愛らしい色味でおしゃれなので、女性キャンパーには特におすすめしたいクーラーボックスです。
うまく使いこなすには、頻繁に開閉を繰り返さないことです。
これをうまくやっていけば、3日間食材とお酒を入れておいてもまだ冷えているので、保冷力はかなり抜群だといえますね!

ファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックス!【60L前後】

イグルー マックスコール クーラーボックス

こちらは58Lサイズのクーラーボックスです。
長期保冷に優れており、外気温32度で氷が6日間溶けないほど高性能となっています。
見た目もスタイリッシュでかっこいい上に、コップの置き場も4箇所設けられているので、テーブルとしても活躍してくれます。
サイズが大きいので2Lのペットボトルも余裕で入りますが、その分氷の量も増やす必要があるので、凍らせたお茶などを入れて全体が冷えるようにする工夫は必要不可欠です。

キャプテンスタッグ リガード ホイールクーラー

こちらは2Lのペットボトルが立てて15本入るほど抜群の収納力を誇る60Lサイズのクーラーボックスです。
移動に便利な大型ハンドル&キャスターが付いているので、長距離や坂道でも運びやすいのが嬉しいポイント。
また溶けた氷を外に排出する排出口も付いているので、使いやすいクーラーボックスです◎

UJack(ユージャック) クーラーボックス アイスランドクーラーボックス

こちらは最長保冷5日間のクーラーボックスです。
保冷効果には外気温、開閉頻度、氷や保冷剤の量によって変動します。
断熱材が重鎮された肉厚なボディと冷蔵庫並みの密閉力を誇る2重構造のシーリングガスソケットにより、外気の影響を受けず冷気を外に漏らしません。
排水用の水抜き栓が付いているのはもちろん、コーナーにはボトルオープナーも付いています。
付属品にはドリンクと食材を分けるためのバスケットと、仕切りにもなるまな板がついてきます。
サイズは20QT、35QT、45QT、75QTがあります。
やまひつじ
75QTには大型のキャスターが装備されています。

まとめ

いかがでしたか?
今回はファミリーキャンプにおすすめのクーラーボックスについてサイズ別にご紹介しました。
ファミリーキャンプでは人数が多い分、食材や飲み物も多くなってしまいがちです。
だからこそ大きめのクーラーボックスを持っていくことは欠かせませんよね。

社長
ファミリーキャンプの人数を考えながら、適したサイズのものを持って行ってくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!