【春キャンプ】おすすめの寝袋ご紹介!選び方や

春キャンプは暖かくなりますから、意外と見落としがちなのがキャンプギア。
春といえど、夜は冷え込むので持っていく寝袋は結構重要だったりします。
夏に使う寝袋だと、寒くて眠れないなんてことも…。
今回はそんな失敗がないように、春キャンプにおすすめの寝袋や選び方についてご紹介します!

春キャンプで使う寝袋の選び方とは?

寝袋は、中綿がダウンのものと化繊のものと2種類あり、使い勝手もかなり違ってきます。
ダウン素材の寝袋はコンパクトになりますし、かさばらなく持ち運びやすいのがメリット。
しかし、値段が高く濡れには弱いところが難点です。

化繊素材の寝袋は、コンパクトにならずかさばりがちですが、値段が安く濡れてもすぐに乾くので、結露に気をつけなくても良いのが特徴です。

春キャンプは真冬ほど冷え込みませんから、値段が高く購入しにくいダウン素材の寝袋よりは、手軽に使えて値段が安い化繊素材のシュラフで十分ですよ!

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

春キャンプにおすすめの寝袋!

季節ごとで衣替えをするように、温度変化に応じて寝袋も使い分けることが大切。
特に外は思わぬ気温の変化も考えられますから、大切な睡眠に関わる重要なポイントが寝袋。
そんななかでも春キャンプにおすすめのものをご紹介しましょう!

イスカ エア450

こちらの寝袋は、保温効率が考えられており、寒さに敏感な足元部分と胸元にダウンが多くなるように設計されているのが特徴。
また3D構造が、狭すぎず広すぎない快適なフイット感と、無駄のない保温性を確保してくれるので、快適な寝心地が抜群です!

モンベル ダウンハガー

こちらの高品質のダウンを使っており、軽量な上に、暖かさが実感できる高機能の寝袋です。
表地には世界最高レベルの撥水加工が施されているので、中綿の濡れからくる保温性の低下を抑えてくれます!
やまひつじ
快適な睡眠が得られること間違いなしですね◎

NANGA UDD BAG 280DX

こちらは軽くてコンパクト、高機能なダウンを280g使った寝袋。
超撥水加工がされているため、ダウン特有の水濡れなどの弱点を克服しながらも、湿気を通してくれる優れもの!
加工に使ったた薬剤は発ガン性物質を含まないものを使っているので、安心して利用できるのも魅力のひとつです。

ロゴス 丸洗い 寝袋ロジー

こちらは抗菌・防臭で清潔に保てる寝袋。
さらに大型洗濯機で丸洗いもできるので、お手入れも簡単です。
3枚組の寝袋なので、暑い日は中敷きを外すことも◎
気温によって調節できるのは嬉しいところですよね。
上下分離式のため、寒い日から暑い日、幅広い季節に使える優れものです。

ドイター アストロ -8

こちらは800フィルパワー以上のダウンを290g使った寝袋。
ダウンの膨らみを安定させた構造となっており、シュラフ内全体が暖かくなるように工夫されているのが特徴的。
また3Dウォームカラーは、首から肩にフィットしてくれるので、防寒効果も抜群!足元は人間工学に基づいた作りで、ストレスを軽減してくれるようになっていますし、軽量でコンパクトな収納ですから持ち運びにも便利です◎

ナンガ オーロラ450DX

こちらは寒い夜でも全く問題なく使える寝袋。
雨の湿気によってできる結露も弾いてくれるので、かなり優れもの!
-5℃まで対応しているので、寒い夜や朝方も安心して快適に眠れます。
社長
春キャンプだけでなく、夏や秋のシーズンにも使える3シーズン用なので、これひとつ持っておくだけでもかなり便利ですよ◎

春キャンプに使う寝袋と一緒に揃えるべきアイテム!

実は寝袋と共に必要なものにマットと寝袋カバーがあります。
これがあることで、シュラフの役割を一段と高めてくれるので、季節をとおして欠かせないものなんです!
その必要性について解説しましょう。

マットは保温性と寝心地をよくする

マットは地面と体の間に空気の層を作ってくれます。
テントで寝るときに、寝袋の命ともいうべきほどのアイテム。
保温力は中綿がどれだけたくさんの空気を含んだかによって異なってきます。
空気の層により、人体が発生する熱が外へ逃げていくことを防いで暖かさを維持してくれます。
寝袋に入ると体の重みで背中の部分(地面との接地面)の空気がつぶれてしまい、空気の層がなくなると、背中の部分が冷たく感じてしまいます。

やまひつじ
底冷えを防いでくれるのがマットなんです!
マットは、地面の凹凸をなくして体に優しくフィットしてくれます。
地面もごつごつとしていて、マットなしでは痛かったりしますが、マットを間に入れることで、地面との接地面の違和感をなくしてクッション代わりになり、快適に眠ることができるんです◎
シングルのときは別ですが、2人以上で寝るときは個別マットよりも広めのマット(ダブルサイズなど)を使った方が、ずれて間に隙間ができたりもせずに、コスト的にもお得ですよ!

寝袋カバーは水から守ってくれる

寝袋カバーは、水から寝袋を保護してくれます。
水といっても飲み物などもありますが、一番は結露によるもの。
結露は外気との気温差で発生しますが、人から発せられる熱や呼吸だったり、暖房器具を使うことによるものなども要因のひとつ。
寒い時期だけでなく、夏場でも気温差があれば結露してしまいます。
結露による水分で寝袋が濡れた場合、特にダウンだと膨らんで空気層を作ってくれる役割を果たせずに、保温効果がなくなるどころか、濡れて感触の良くない寝袋で寝るのはとても嫌ですよね。
シュラフの外側の素材にもよりますが、撥水性のないものはシュラフカバーを使ってシュラフを保護してあげてくださいね。
また寒い時期はカバーにより空気の層を作るため、より保温性も高まりますよ◎

寝袋ののお手入れも大切!

撤収のときに、早めに少しでも干してあげるのがベスト!
素材にもよりますが、汚れたら自宅でも専用の洗剤か中性洗剤を使って洗ってあげてください。
汚れたまま収納してしまうと、カビたり匂いの原因にもなってしまいます。
また収納時は少し大きめのものに入れ替えて、生地もやすませた方が良いでしょう。
湿気の少ないところでの保管も大事になるので、長く使っていくためにもお手入れもしっかり行いましょう!

冬キャンプはシュラフ選びが大切!特徴や選び方、おすすめのアイテムも!

2020年1月4日

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプの寝袋の選び方やおすすめのもの、また寝袋と一緒に使いたいアイテムについてご紹介しました。

社長
寝袋は、春キャンプといえどしっかり選んで持参することが大切なので、この機会に春キャンプを予定している人は自分の寝袋を見返してみてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!