【春キャンプ】子供の服装はこれ!選び方から気温別、おすすめアイテムも!

春キャンプでは、子供の服装がどうすれば良いか迷いますよね。
そんな子供の服装に悩んでいる方は必見!
これを見れば、春キャンプも快適に過ごせる服装が分かります。
今回は春キャンプの子供の服装についてまとめてみました!

春キャンプでの子供の服装の選び方は?

春キャンプの基本の服装

まずキャンプの服装ですが、動きやすければどんな服装でも良し!
わざわざキャンプ用にと買い足さなくても、普段着ているようなものでも基本OKなんです。
靴も手持ちのスニーカーがあればそれで大丈夫!
しかし、より機能性や快適性を求めるなら、アウトドアメーカーのものがおすすめです。
キャンプしてるという気分になれますし、ワクワク感も上がります◎
キャンプの服装は重ね着が基本です。
特に日中と朝晩の気温差が大きい春キャンプでは、暑ければ脱ぐ、寒ければ着るをさっとできるようにしておくことが大切。
また、子供はよく動き回りますからすぐに汗をかきます。

社長
そのまま放っておくと体が冷え、体調を崩してしまう原因にもなりますから、着替えはいつもより多めに準備しておきましょう!

春キャンプの服装は3つのレイヤー

春キャンプの服装は3つのレイヤーが大切です。
そのレイヤーについては、以下の通りになります。

  • ベースレイヤー
    ベースレイヤーというのは、肌に直接触れる服のこと。
    速乾性と保温性が優れているものを選ぶと快適に過ごすことができますよ!
    嵩張らないものなので、朝晩の寒さ対策に持参しましょう。
    ユニクロのヒートテックなどで十分OKです!
  • ミドルレイヤー
    ミドルレイヤーは、ベースレイヤーの上に着る活動着のこと。
    春の日中は動き回ると暑くなることもありますから、Tシャツや薄手の長袖で過ごすのがおすすめです。
    少し肌寒くなればベストやフリースで調整してください。
  • アウターレイヤー
    一番上に着るもので、防寒対策や防水対策が主な目的。
    アウトドアメーカーから出ているウインドブレーカーなどは機能的かつ軽量の物が多く、使いやすいのでおすすめです。
    また、レインウェアも防寒対策として役に立つので持っておくと便利ですよ!

子供用のアウトドアリュックは選び方が重要?ポイントやおすすめについても

2019年7月11日

春キャンプで用意すべき子供服1泊分一覧はこれ!

では春キャンプで用意すべき子供服1泊分一覧をまとめてみました。
春キャンプでの参考にしてみてくださいね!

  • 長袖Tシャツ×3…春キャンプ場は比較的涼しいため、基本的には長袖で問題ありません。
  • 半袖Tシャツ×1…春でも暑くなる日がありますので、念のために1枚備えておきましょう。
  • ズボン×2…比較的涼しい春は基本的に長ズボンで問題ありません。
  • パンツ×2…夏と同じで余分に準備しましょう。
  • 靴下×2…夏にショートタイプのものを選んだ方も、春は長いものを選ぶようにしましょう。
  • ウインドブレーカー×1…春は基本的に薄手のウインドブレーカーをメインにすると良いです。
  • レインコート×1…夏と同様に雨が多い春も必須アイテムです。
  • 帽子×1…春は紫外線が強いため装備しましょう。
  • インナーシャツ×2…夏ほど汗をかかないと思いますが、それでも忙しなく動くキャンプでは必須です。
  • ジャージーやスウェット×1…動きやすいジャージーが無難ですが、寝具としてもお使いの場合はスウェットも良いでしょう。
  • スニーカーや動きやすいブーツ×1…動きやすいスニーカーはもちろん、動きやすいタイプのブーツもおすすめです。
  • 長靴×1…防水加工のブーツで代用することもできますが、基本的に用意しておきましょう。
  • アウター×1…夜は冷えるため、暖かいアウターも用意しておきましょう。

春キャンプの子供の服装を気温別に解説!

春は1日の寒暖差が激しい季節ですので、まずは、訪れるキャンプ地の最低気温をチェックしましょう。
キャンプ場は高地にある事が多いため、表示されている最低気温より3~5℃くらい低いと思って、服装を準備してください。
最低気温を「5℃」「10℃」「15℃」に分けて、おすすめの服装を解説します。

最低気温5℃のとき

凍える寒さですので、ダウンジャケットなど真冬の服装を用意してください。
マフラーや手袋、カイロも忘れずに準備しましょう。
最低気温5℃の場合は以下の服装がおすすめです。

  • ヒートテックなどの暖かいインナー
  • 長袖
  • ネルシャツ
  • フリース
  • ダウンジャケット
  • マフラー・手袋・カイロ・耳当て・温かい帽子

最低気温10℃のとき

気温が10℃前後になると、空気が冷たく感じて、手を握ると指先も冷たく感じるくらい。
手袋があれば良いという感じで、カイロや温かい飲み物の入った容器があれば、取りあえず握っていたくなるような気温です。
ちなみに、2019年の静岡のゴールデンウィークの気温が、最高25℃・最低13℃前後でした。
最低気温が10℃くらいのときの服装は以下の通りです。

  • 長袖Tシャツ
  • ネルシャツ
  • フリース
  • ウィンドブレーカー(レインジャケット)

日中の暑いときはTシャツ1枚で過ごし、夕方からの肌寒ときはネルシャツを着て、夜は寒いのでフリースの上にレインジャケットを重ね着するのがおすすめです◎

最低気温15℃のとき

少し肌寒いですが、ダウンジャケットまではいりません。
フリース1枚でちょうどいいくらいの気温ですので、最低気温15℃のときの服装は以下の通りです。

  • Tシャツ
  • ネルシャツ
  • フリースまたはウィンドブレーカー(レインジャケット)

春キャンプ服装で子供におすすめアイテム!

最後に春キャンプ服装で子供におすすめのアイテムをご紹介します!

レインウェア

こちらは大人顔負けの高機能キッズレインウェアです。
シンプルなデザインで、キャンプだけでなく普段使いにもぴったり◎
裏地はべたつかないようにメッシュにしているのも嬉しいところ。
やまひつじ
耐水圧は10,000mm以上ですので、雨の日でも安心して使うことができますよ!

ネルシャツ

こちらは100%コットンが素材に使われていて、動きが激しい子供にもぴったりのネルシャツです。
子供の可愛らしさをより一層アップさせる胸ポケットが付いています。
やまひつじ
値段も安いので、汚れやすいキャンプでも気軽に使えますね!

アルバートル トレッキングシューズ

こちらはキャンプにぴったりのトレッキングシューズ。
防水・透湿素材が使われており、インソールには衝撃吸収付きなので、長時間歩き続けても負担がかからないのが嬉しいですね!
深溝パターンのハイグリップアウトソールで、軽量で衝撃吸収性に優れたEVAミッドソールなのが特徴。
かかとには夜間の視認性を高める反射シートを配し、安全性に配慮しているのも嬉しいところです◎

クリフメイヤー ジャケット

こちらはふわふわモコモコのシャギーボアフリースを、パイピングやポケットでアウトドアテイストに仕上げているジャケット。
ヨークやネックのカラー切り替えがアクセントとなっており、ジッパーがアゴに当たらないようにカバーがあり安心◎
裏地はメッシュタイプで内側の湿気を放出しており、ジッパーの噛み込みを防ぐ前立ても配色でアクセントになっているのが嬉しいところです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプの子供の服装についてご紹介しました。
子供の服装はやはり風邪をひかないためにも一番気を配るところですよね。
春キャンプという夏と冬の間の季節ですから、服装に迷う方もいるはずです。

社長
今回の内容で春キャンプで何を準備すれば良いかが理解できたと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!