【春キャンプ】必要なものまとめ!基本・服装・基本以外のもの

春キャンプに特別必要なものがいるのか分からない方もいますよね。
なかには夏キャンプと同じ装備で行こうと思っている人もいるのでは?
それは大きな間違いです!
今回は春キャンプに必要なものをまとめてみましたので、ぜひチェックしておきましょう!

春キャンプの必要なもの基本はこれ!

早春の頃はもちろん、ゴールデンウィークのシーズンになっても朝晩は10℃を下回ることがありますので、春キャンプは朝晩の防寒対策が必須!
まずは、そんな基本アイテムのテントやシュラフをご紹介します!

テント

テントは3シーズン用で十分対応可能。
しっかりと密閉して保温性を高めることが大切です。
テントの下に銀マットを引くだけでも、下からの冷気を抑えることができますし、AC電源サイトなら、ホットカーペットなども活用しましょう!
そんなテントのなかでも、特におすすめなのがこちら!
キャンプ道具の老舗「コールマン」の定番モデルで、快適な居住性とタフさを兼ね備えた名品アイテムです。
設営も簡単で、標準的な機能を全て備えていますので、キャンプ初心者には特におすすめしたいテント◎

シュラフ

シュラフは5℃くらいまで対応できるもので十分。
朝晩は冷え込みますから、すっぽりと包まれるマミー型を選びましょう。
それでも心配なら、毛布やブランケットなどを持参するのがおすすめ◎
暖かい料理を食べたり、ホットワインやウィスキーなどのお酒で体を温めるのも効果的ですよ!
そんなシュラフのなかでもおすすめなのがこちら。
-5℃まで対応可能なマミータイプで、ダウン素材の高い保温性と化繊素材の速乾性を合わせ持ったハイブリッドなシュラフ。
社長
身体のラインにフィットして外気の侵入を最小限に抑えることができるうえに、軽量でコンパクトなので、高い収納性が求められるキャンプスタイルでも活躍してくれますよ◎

春キャンプの服装で必要なものはこれ!

次に春キャンプの服装で必要なものをご紹介します。
春キャンプで過ごしやすくするためにも、服装で必要なものをしっかりとチェックしておいてください!

帽子

帽子は必須アイテムのひとつ。
UV加工されているもので、つばの広いアウトドア用だと、日差しも和らぎますし、防水機能がついているものならなお良しです!

長袖の速乾アンダーシャツ

速乾アンダーシャツは、おしゃれなものも多く販売されているので、Tシャツの下からちらりと見せても可愛いですよ◎

速乾素材のソフトシェル

速乾性のあるシャツやTシャツで、コーディネートを楽しめるのも春キャンプならでは◎寒さ対策にフリース素材などの暖かいウェアを準備しておくと安心ですよ!

ジャケット(ハードシェル)

ジャケットは、防水性と透湿性の優れたウェアで、できるなら冬用がおすすめです!

パンツやスカート

せっかくのキャンプですから、それぞれのスタイルに合わせたコーデで楽しみたいもの。

やまひつじ
スカートのなら、レギンスやレッグウォーマーで足元を暖めて、露出を少なくするのも虫対策になりますよ◎

シューズ

雨に降られたり、足元が悪かったりすることもありますから、ゴアテックス素材(防水性と透湿性に優れている素材)でできているアウトドア用シューズを着用しましょう!

春キャンプで必要なギア!

では最後に、春キャンプで必要なギアをご紹介します。
上記でテントとシュラフをご紹介しましたので、それ以外の必要なものをご紹介します。

厚手のマット

テント内め敷くマットは、夏のキャンプよりも厚みのあるマットが寒さ対策にもなるのでおすすめ。
もし薄いマットしか持っていない場合は、マットにラグなどを足して底から冷えないような工夫をすることで、過ごしやすくなります。
またマットは春キャンプに限らず、これからキャンプをしていくうえでは必要になってくるアイテムですから、買い揃えておきましょう!

カセットガスストーブ

春でも最低気温は、晩秋ぐらいに冷え込むときがありますから、小さいストーブで良いですから、1つ準備しておくと便利◎
石油ストーブが暖かく煮込み料理にも使えるのでキャンプ向きですが、手軽に使えるカセットガスストーブでも十分です。
ストーブは大型のツールームテントしか使えませんので、使うときは必ず換気をして、一酸化炭素チェッカーを使って常に安全に気を配ってくださいね!
なかでもおすすめなのがこちら。
社長
価格の安いカセットボンベを使えるストーブで、石油ストーブと比べるとあまり暖かくありませんが、4月に5月には十分対応できますよ◎

丈夫なペグ、張り綱

 

春は強い風が吹きやすい季節のため、テントやタープを購入したときに付属してくるペグでは、抜けてしまうことがあります。
全ての製品がそうではありませんが、付属のペグは必要最低限の素材でできていることが多いので、地面に打ち込んでいる最中に曲がったり、打ち込めても風で抜けてしまう可能性があるのです。
余裕があれば信頼できるペグ、張り綱を別途用意し交換しましょう。

なかでもおすすめはY字もしくは鍛造。
鍛造ペグは強度があり曲がりにくく、極端に柔らかい地面(砂地)以外では使える優れものです。
Y字ペグはペグがY字なっていてどんな場所でも使いやすいですが、アルミ合金でできているものが多く、石で曲がったりする可能性があるので注意。
面倒でもしっかりペグで留めておかないと、ソロ用の軽量なテントは春の強烈な風で、テントごと飛ばされる可能性もあるので備えておきましょう。

レインウェア

春は菜の花の咲く季節ですよね。
菜の花は菜種とも呼ばれていて、この時期は雨が続き「菜種梅雨」とも言われるため、3月中頃から4月中頃までは雨に備える必要あるのです!
例えばレインウェアと長靴を準備したり、キャンプの知識として雨に対する備えを学んでおくことをおすすめします。
濡れた状態では春とはいえ寒いですから、体力をすぐに奪われてしまいますし、安い雨合羽は必ず蒸れるため不快になることも。

なかでもおすすめは、蒸れないように透湿素材が使われているこちらのレインウェア。

やまひつじ
モンベルは少し高額と感じますが、品質がよく評判の良いメーカーですから、しっかり雨に備えることができるますよ◎

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプに必要なものについてご紹介しました。
春キャンプだからといって、暖かさに惑わされてはいけません。
しっかり必要なものを準備しておくと、春キャンプも楽しむことができるのです!

社長
せっかくの春キャンプで不快にならないように、必要なものはチェックしておいてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!