【春キャンプ】おすすめテントご紹介!選び方や注意点も

春キャンプでは、みなさんどんなテントを使っていますか?
春キャンプは暖かくなりますから、防寒重視というよりおしゃれ重視でキャンプスタイルを決める人もいますよね。
しかし実は春キャンプのテントには注意してほしいことも、正しい選び方もあるんです。
今回はそんな春キャンプのおすすめテントから選び方、注意点についてご紹介します!

春キャンプのテントで注意してほしいこと

春キャンプのテントで注意してほしいことをいくつかご紹介します。

やまひつじ
頭にいれて、当日失敗しないようにしてくださいね!

テント設営は早めに行う

春キャンプといっても、日が落ちるのは夏よりも早め。
ですから、テント設営は早めに行うことがおすすめです。
日中のテント設営時はポカポカ日差しの中で行えますから、冬キャンプのように凍えることもなく、夏キャンプのように、テント設営に苦労することもありません。

そしてテント設営後は思いっきり外遊びが楽しめる快適な陽気ですから、テントの中も日差しが入ればポカポカと温まるので、ゆったりと過ごすことができますよ◎
夜の寒さに備えて、早めに夕食にとりかかるのも良いでしょう!

春キャンプで使うテントの選び方って?

春キャンプにおすすめのテントをご紹介する前に、まずは春キャンプで使うテントの選び方について解説します。

最低でも3シーズン用以上のものを

テントは、キャンプで重要なアイテムのひとつ。
春キャンプでは、最低でも3シーズン用のもの以上を使いましょう。
3シーズン用とは、名前のとおり春先から秋の終わりくらいの3つのシーズンで使えるテントです。
もちろん場所や地域によって限度はありますが、基本的にはこの時期に使用できますよ◎

可能なら4シーズン用以上のものを

春キャンプは3シーズン用のもので十分対応できますが、春キャンプでは寒暖の差が激しいので、余裕があるようなら、春先限定でもかまいませんので4シーズン用のテントを用意しておくと安心。
春先はまだキャンプ場によっては寒い時間帯もあり、服装などでは対応しきれない場合もあります。
また春先のキャンプで寝るときは3シーズン用のものでは少し不安が残りますので、キャンプ場で4シーズン用以上のものを使うと良いでしょう。

冬のキャンプは魅力がいっぱい!寒い冬でも快適おすすめテント4選

2019年3月7日

春キャンプにおすすめのテントはこれ!

ではここから春キャンプにおすすめのテントをご紹介します。

コールマン テント トンネル2ルームハウス LDX オリーブ

コールマンといえば圧倒的人気ブランド。
特にこのトンネル2ルームハウス LDX はamazon限定で、6万円台で手に入るということからも、人気を集めているんです。
このテントはひとりでも組み立て可能ですし、4,5人まで泊まれますのでファミリーで使っている人が多いです。
少人数用でもコールマンのツーリングドームが、圧倒的人気!手ごろでかつ安心感がある定番メーカーといえますので、テント選びに迷ったら、まずコールマンを検討してみては?
やまひつじ
Amazonランキングでも常に上位を占める人気メーカーですよ!

スノーピーク アメニティドームS 3人用 SDE-002RH

人気急上昇中で新定番となりつつあるのがスノーピーク。
このアメニティドームSは先述のColeman ツーリングドームSTの競合製品なのですが、こちらの方が居室と前室がより広く取られるようになっているんです!
コールマンのものと比べ、お値段は倍近くするにもかかわらず、買い替え時にこちらを選ばれる方も多いようです。
また、ファンになると中毒性が高いのか、マグカップやテーブル、チェアなどスノーピークブランドでそろえているキャンパーも多いほど。
社長
芸能人にもファンが多いですら、SNSなどで紹介されることも多く、検索もよくされていますよ◎

DOD ワンポールテントL 8人用 T8-200T

DODはPOPな感性を持っているの方に人気があるブランド。
ゆるきゃんをイメージさせる可愛い色使いは女子キャンパーにも人気が高くなっています。
このワンポールテントも、同ブランドのワンタッチテントに並ぶ人気商品で、大人8人以上も泊まれるのに実勢価格25,000円程度という驚きの低価格と、非常にコンパクトという点が人気の理由!
やまひつじ
Amazonでもこのブランドのテントは品薄状態が続いていたほど人気のアイテムでしたよ!

春キャンプデビューならとんがりテント!

ではここからは春キャンプデビューにぴったりなテント、とんがりテントをご紹介します。

小川キャンパル ピルツ9-DX

こちらは、ティピー型トレンドの火付け役となった「ピルツ」シリーズの新作テント。
前後にメッシュパネルと出入り口が付いていて。
テント地は手入れが楽なポリエステル製となっています。
3~4人用なのでゆったりできるテントです。

ベルガンス ウィグロ 6-10パーソンテント

こちらはセンターポールに、アーチポール3本をプラスしたテント。
居住スペースが広く、6~10人でゆったりすごすことができます。
アーチポール部を巻き上げると、開放感抜群なんです!
グループキャンプにもぴったりなテントです。

ノルディスク アスガルド19.6

こちらは8~10人用のテント。
地面から80cmの立ち上がりがあるベル型のテントです。
居住空間の広さがとても魅力的で、本体はポリエステルとコットン混紡となっています。
フロア、インナーテントは別売りですので、注意しましょう。

UJack(ユージャック)のワンポールテントDesertシリーズ

こちらは1~4人と3~6人用の2サイズから選べるワンポールテントです。
インナーはコットン混紡となっているのでオールシーズン快適に使用することができます。
社長
別売りのグランドシートとインナーマットを併用すれば、さらに快適に過ごせますよ!

UJack(ユージャック)のワンポールテントDesertシリーズは安くて高機能!これは買いです。

2018年9月8日

テント以外のアイテムの選び方は?

では春キャンプでのテント以外のアイテムの選び方も解説します。

冬用の寝袋

夜は真冬並みに冷えることも想定して、できるだけ冬用のシュラフを使いましょう。
自宅にある毛布やブランケットもあるとなお良しです。

インフレーターマット

保温性がよく、空気が入ると膨らむ構造になっていているので、地面のデコボコや底冷えから守ってくれます。

焚き火台

焚き火台は、バーベキューに使えるタイプもあれば、ダッチオーブンのゴトクとして使えるもの、焚き火専用のコンパクトに収納できるタイプのものもあるので、好みのスタイルに合わせて購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプのテントについて選び方やおすすめのものまでご紹介しました。
春キャンプは日中暖かいので、夏用のテントを使ってしまいがちですが、夜は寒いので冬用のテントを使うことが大切です。
テントにも適用シーズンがありますから、3シーズン対応のものか、3月なら4シーズン対応のものを使うと良いでしょう。

社長
春キャンプのテントも注意していってくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!