【春キャンプ】魅力や楽しみ方を徹底解説!よりキャンプを楽しもう!

春キャンプは、とても暖かくなるので冬キャンプや夏キャンプと違って、様々な楽しみ方があります。
特別な遊び道具を持たずとも、子供も大人も自然と触れ合うことで、より春キャンプが楽しめます。
今回はそんな春キャンプをより一層楽しんでもらうために、魅力や楽しみ方を徹底解説します!

春キャンプの前に!春の特徴を知っておこう!

簡単に春の特徴について、時期それぞれ解説していきます。
下記の特徴を理解した上で春キャンプに臨むと良いでしょう。

3月

  • 上旬…風が強い日もあり寒いため、冬とあまり変わらない
  • 中旬…風が出てきて雨が多くなる
  • 下旬…風は収まるが、まだ寒い日が多く雨も続く

4月

  • 上旬…暖かくなるが、寒い日や雨の日もある
  • 中旬…陽気が気持ちよくなるが、雨がまだある
  • 下旬…山菜が美味しい時期、暖かいが雨もまだ続く

5月

  • 上旬…連休でキャンプがしやすく、晴れが多いためかなり暖かい
  • 中旬…メイストームもある
  • 下旬…夏も近づき暖かいが、梅雨が近づいてくる

春キャンプの魅力ってなに?

ここからは、春キャンプの魅力についてご紹介します。

キャンプの道具を揃えやすい

春キャンプの魅力は、キャンプ行く前からすでにあるんです。
春キャンプに挑戦してみたいと思ったら、まずはアウトドア用品店を覗いてみてください。
ネットショップやリサイクルショップなど、キャンプ用品が手に入る場所をチェックしみてみると、アウトレットセールや新作が発売されたことによる、型落ちモデルなどが安く売られていることがあります。

やまひつじ
キャンプ道具を安く手に入れるチャンスなのは嬉しいですよね!

4月からは過ごしやすい

東北や北海道のキャンプ場ではまだ寒いかもしれませんが、西日本になると4月からは初心者でもかなり過ごしやすくなるのが特徴。
菜種梅雨が終わると気温も暖かくなりますから、キャンプ場の標高が低ければ寒さ対策もあまり必要ないほど。
しかし天候だけで判断するのには注意。
天候が不安定なので晴れたり、曇ったり、雨が降ったりすることも。
雨除けになるタープも一緒に使ってキャンプすると良いでしょう。

虫が苦手な人でも楽しめる

西日本なら4月まで、東北や北海道なら5月の桜が咲く季節までの間はまだ寒いですから、虫があまりいないので、虫が苦手な方でも気軽にキャンプが楽しめます◎
冬キャンプのように全くいないというわけではありませんから、もし虫が苦手なら、虫除けスプレーなどを準備しておいて万全にしておきましょう。

社長
夏ほど発生しないものの、冬ほどいないわけではないので、少なくとも虫除け対策はあったほうがより快適に過ごせますよ!

桜の見頃を迎えれる

春キャンプの最大の魅力であり最高の楽しみ方が、花見とキャンプを一緒に楽しむ花見キャンプ。
キャンプ場によっては桜の木を植樹しているところがあるので、花見を楽しみながらキャンプをすることができるんです!
開花時期に合わせて予約無しで行くと混んでいる可能性が高いのですから、こまめに桜前線などの情報をチェックしながらキャンプの予定を立てましょう。
ちなみに北海道の桜は開花時期は5月頃です。

ご飯が美味しい

春キャンプの魅力であり楽しみ方にもなるのが、旬の食材が多いこと。
特に山菜類は春に旬を迎えることが多いため、自然豊かな山のキャンプ場周辺では直売所などで、たけのこやタラ芽などを買購入することもできます。
山菜だけではなく一般の野菜にもたくさん旬の食材があり、アスパラガスやキャベツ、魚介類ならサワラやアサリなどが豊富ですよ◎

やまひつじ
パエリアやチャウダーなど温まる料理で寒さ対策をしながら、美味しいご飯を堪能できるのは春キャンプならではの魅力ですね!

焚き火も楽しめる

花冷えと言って桜が咲く頃でも、ときには冷えることもあります。
そんなときは焚き火をするのがおすすめ。
夏は合宿でキャンプファイヤーをするイメージがありますが、夏に焚き火をすると暑くて大変ですよね。
冬は寒いので寒さ対策を兼ねて焚き火をしますが、春も同じように焚き火ができるんです。
また、焚き火を使っての調理もできるため、旬の食材が多い春との相性も抜群!

社長
ただし焚き火をするときは春特有の強風に注意しながら行ってくださいね。

春キャンプの楽しみ方はこれ!

BBQやオーブンでの調理、一人でゆっくり楽しんだり、大勢でワイワイしたりと、春キャンプの楽しみ方は人それぞれ異なります。
ここからは春キャンプをより楽しむための楽しみ方をいくつかご紹介します!

日差しを浴びてリラックスする

春と冬で、圧倒的に違うのは太陽の日差し。
春は暗く厚い雲が少なくなり、雲の隙間からは太陽の暖かい日差しが燦々と地面に降り注いできます。
冬場は寒くてあまり外に出れなくても、太陽の日差しを体いっぱいに浴びて、リラックスする時間を楽しむことができますよ◎
特に何をするわけでもなく、太陽の日差しを浴びながら、本を読んだり、音楽を聴いたり、お酒を飲んだりしてゆっくりと過ごしてみては?

草花を見て楽しむ

春キャンプの楽しみ方はいろいろありますが、春になると芽吹く、季節の草花を楽しむのも春キャンプの醍醐味。
春の花々といえば、桜を見ながらお花見キャンプを楽しむのも良いですが、他にも春であればこその季節の花々があります。
そんな季節の草花をいくつかご紹介しますので、ぜひ探してみてください!

  • やまぶき草

やまぶき草は、黄色が鮮やかな可愛らしい花で、標高にもよりますが4月の中旬から主に見られます。

  • カタクリ

カタクリは、ピンクの花が下向きに咲く、可愛らしいユリ科の花で、3月の下旬から4月の上旬までが見頃です。
雨の日や曇った日には開花せず、天気の良い日にしか見られない花になるので、晴れた日に探してみてください。

  • 節分草

節分草は、白い小さな花弁が可愛らしい草花で、文字通り2月下旬から3月上旬が見頃です。
春の訪れを告げる可愛らしい花で、学名はエランシス、春の花という語源の名前を持っているのが特徴です。

  • ミスミソウ

ピンクや白の可愛いらしい花びらで人気のミスミソウは、3月中旬から4月の上旬までが見頃です。
雪の残っている頃、雪を終わるようにして芽吹くことから名付けられたそうです。

星空を眺める

星空を眺めるのも春キャンプの楽しみ方のひとつ。
星空を見るのは夏だけはなく、むしろ春の方が虫が少なく、安心して星空を眺めることができるんです!
しかし寒さ対策は必須で、春とはいえ夜になると気温は低くなるので、暖かい格好とカイロなど、寒さ対策をして星空を観察するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプの楽しみ方や魅力について解説しました。
春キャンプは桜や草花がたくさんあり、動物たちも活発に動きだすので特別な遊び道具を見つけなくても、散歩するだけでも楽しめます。
冬と夏とは違った魅力がたくさんある春だからこその楽しみ方がありますよ。

社長
ぜひ今回ご紹介した魅力や楽しみ方を理解して、春キャンプをより一層楽しんでみてください!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!