【春キャンプ】いつから楽しめる?魅力やポイントもご紹介!

春キャンプといえば、1年のなかでも一番キャンプがしやすい時期ですよね。
暑すぎず寒すぎず、快適な気温でキャンプを楽しめるシーズンです!
初心者キャンパーでも気軽に楽しめるのが、春キャンプ。
今回はそんな春キャンプがいつからなのか、また春キャンプの魅力や楽しむためのポイントについてご紹介します。

春キャンプっていつから楽しめるの?

どの地方も、だいたい3月中旬から下旬頃にかけてオープンするキャンプ場がほとんどです。
この頃から春キャンプを楽しめますが、関東地方の3月の平均気温は9℃ほど。
夜には5℃を下回ることも多いですから、しっかりとした防寒対策が必要となります。

暖かくなってくる4月過ぎからゴールデンウィークにかけては、気温が上がり過ごしやすくなってきますが、人気シーズンということもあって当然混雑することがほとんど。
混雑を避けたいなら、時期をずらしたり、自分だけの穴場スポットを探してみるのもおすすめです!

春キャンプの魅力とは?

まずは春キャンプの魅力を4点ご紹介します!
春キャンプには、こんな楽しみ方があるんですよ。

初キャンプにぴったり!

春キャンプは寒すぎず、暑すぎない気候ですから、キャンプデビューにぴったりの季節なんです!
キャンプ場が一番賑わうのは長期休暇がある夏ですが、夏キャンプだとかなり暑いためテントを設営するだけでも疲れてしまいます。
さらに夜は暑さで眠れないこともありますし、人も虫も多い季節です。
しかし春キャンプは虫も少なく、人も夏ほど多くはないので快適に過ごせるんです◎

社長
アウトドアメーカーやショップでは、キャンプ未経験者を対象にしたキャンプイベントやテント設営講習会なども開催されていますから、参加してみるのも良いでしょう!

日中は思いっきり楽しめる!

冬キャンプのように「さむい」と縮こまる必要がないのも春キャンプの魅力のひとつ。

やまひつじ
ポカポカ暖かいですから子供も思いっきり遊べますし、トレッキングやウォーキングなどを一緒に楽しむにもぴったりの季節ですね!

景色が抜群!花見もできる!

春の景色を楽しむ代表格といえば、お花見ですよね。
桜はもちろん、さまざまな花が咲く景色を眺めながらのキャンプは、気分も華やかになるもの。
キャンプ場によっては桜の木下でキャンプができるところもありますから、探してみては?
また木々の芽吹きを感じたり、遠くの山の冠雪を眺めながらのキャンプも春ならではの魅力で、キャンプ場によってはガイドツアーを行っているところもありますよ!
過ごしやすい気候の中で、自然の移ろいを感じてみるのはいかがですか?

春の味覚を堪能できる!

フキノトウにたらの芽、こごみや山ウドなどの山菜のほか、タケノコ、タマネギ、キャベツにアスパラガスなど、春に旬を迎える野菜は他にもたくさんあります。
魚介ならメバルやサヨリ、アサリ、ホタルイカなども美味しい季節ですよね。

せっかく郊外のキャンプ場に出かけるのですから、ご当地の味覚を手に入れて、美味しいアウトドア料理に挑戦してみましょう!
外で調理するのっけっこう楽しいものなんですよ!

キャンプの新商品がたくさん!

春はアウトドアブランドの新製品が一斉に発売される時期でもあります。
これからキャンプ道具を揃えようと思っている人は、新製品か定番ギアか選択肢が広がりますよね!
どちらを選ぶかは悩みどころではあるものの、そんな悩みもまた楽しいところです。
思い切って最新機能のギアを揃えてみるのもいいかもしれませんね!

やまひつじ
新作ギアがきかっけで、近隣キャンパーと話が盛り上がることもあるかもしれませんね!

春キャンプを楽しむためのポイント!

お花見キャンプや新緑キャンプはとても気持ちがいいですが、浮かれすぎると失敗してしまうことが多いのもこの季節の特徴です。
そんな春キャンプを楽しむためのポイントを4つご紹介します!
ポイントを抑えておけば酷い失敗も防げますよ◎

シュラフは冬用を使う!

キャンプ場の場所にもよりますが、春はまだまだ寒暖差が激しいことも。
昼間は半袖でいられるほど暖かくても、夜になると冷え込むなんてこともよくありがちです。
寝冷えして風邪をひいてしまったということがないように、寝袋は冬用、最低でも使用可能温度は10℃前後の物を選ぶのがポイントです。
暑ければ足を出して寝たりできますが、寒いとどうしようもありませんから、シュラフはキャンプ時の服装と同様に重要なポイントなのです!

長袖は準備すること!

長袖は必須というよりも、防寒対策をしっかりという意識の方が良いでしょう。
キャンプの服装はレイヤード(重ね着)が基本です。
暑ければ脱いで調節ができるものの、寒いと着る以外に方法がありませんよね。
3月~4月のキャンプでは、最低でもユニクロのウルトラライトダウンのような、薄くて軽いけど一応ダウンコートのようなものは持って行きたいところ。

GW頃になると厚手のパーカーやジャンパーで十分なこともありますが、風を通しにくい素材がおすすめです。
その他、中に着込めるようにユニクロのヒートテックのようなインナー上下は持って行っておくと安心です。

社長
他にはブランケットなど、ちょっと羽織れる・掛けれるものを持って行くとベストですよ!

暖房器具は気温をチェック!

キャンプ場の標高やその時の天候などによって、必要な暖房器具は違ってきます。
電源サイトを予約して、ホットカーペットやファンヒーターを使う、石油ストーブを用意する、カセットガスを使用するタイプのガスストーブなども便利です。

事前に気温などをチェックをしてから準備するのがおすすめです。
もしストーブまでは必要ないという状況なら、湯たんぽを持っていっておくと安心ですよ!

標高が低めのキャンプ場を選ぶこと!

山間部のキャンプ場では春でも雪が降ったり、気温が氷点下まで下がることもありますから、小学生以下を含むファミリーキャンプには少々厳しいものがあるんです。
標高が高いほど気温が下がりますから、標高が低いキャンプ場を選ぶのがおすすめです。

サイトも木陰が多くなる林間サイトより、日がよく当たる草原サイトなどを選びましょう。
日がよく当たるサイトだと撤収時もテントが早く乾くため、撤収作業がはかどるんです!
富士山の近くでは、4月でも雪が降ったりしますし、市街地には雪は全くありませんが、キャンプ場は雪だらけだったこともあります。
実際に2017年4月の富士山2合目にあるキャンプ場では、雪は残っていたそうです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は春キャンプがいつからなのか、また春キャンプの魅力や楽しむためのポイントについてご紹介しました。

春キャンプはキャンプ初心者でも気軽に挑戦できる季節ですし、暖かくて過ごしやすいのが嬉しいところ。
また夏よりも人が少ないですから、ファミリーキャンプでも、ソロキャンプでも思う存分、キャンプを楽しめますよね。

社長
これから春キャンプの時期になりますから、ぜひこの機会に春キャンプに挑戦してみては?

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!