【ソロキャンプ】危険を回避する対策!危険防止アイテムも!

ソロキャンプといえば、ひとりでのんびりと過ごせるのが魅力的ですよね。
しかし、一方で危険が潜み、時にはトラブルとなることもあるんです。
ひとりだからこそのトラブル、とくに女性ソロキャンプではしっかりと対策する必要があります。
今回はそんなソロキャンプの危険性について、対策や防止アイテムもご紹介します!

ソロキャンプって危ない?

ソロキャンプはひとりで気ままに楽しめる反面、実は危険性も潜んでいます。
対策の前にまずはこんなことがあるという危険性をご紹介しましょう!

自分のサイト周辺とのトラブル

キャンパーのブログやSNSを見てみると、自分のサイト周辺の利用客とのトラブルがあることがあるようです。
なかには、知らない人がテントの前に居座り、なかなか帰ってくれずに困ったという経験をした人も。

夜間や就寝時の問題

トラブルは暗くて人が少ない夜間や、就寝時に起こりがちです。
寝ている間に自分のテントに他人が入り込んでいて、いつの間にか写真を撮られていたことを後になってSNSで知ったという体験をした人も。

盗難被害に遭うことも

グループキャンプをしたことがある人によくあるのが、防犯意識が低いままソロキャンプに挑戦するケース。
盗難はソロキャンプに限った話ではないものの、特に一人だと狙われる確率はかなり高くなってしまうのです。

ソロキャンプでの危険を回避するための対策!

では、ソロキャンプで危険を回避するためには、どんな対策をすれば良いのかご紹介しましょう。

整備が整った安全なキャンプ場を選ぶこと

一番気をつけるべきポイントはキャンプ場選び。
まず大切なのが、管理人が24時間常駐しているところ。
なにか困ったことがあったときに、すぐに駆けつけてもらえますし、もしもの時を考えて管理人室から近い場所でキャンプを行うのが良いでしょう!
次に有料のキャンプ場を選ぶことがポイント。
無料だと施錠の設備がなく、名簿がありませんので何かあったときに特定することができません。
特に女性ソロキャンプの場合はおさえておきたいところです。

そして区画サイトを選ぶこともポイント。
フリーの区画だとまれに、すぐ隣にテントを張られることもありますから、ここも大切です。

またケータイの電波が入るところもポイント。
連絡手段として欠かせませんし、色々わからないことがあった時にも調べられます。
しかしここで注意するのが、SNSなどへの投稿です。

やまひつじ
ひとりでキャンプ場にいることがわかるような内容は、避けるようにしましょう!

防犯対策しておくこと

暗くなった時間帯やちょっとテントを離れた隙に、キャンプ場では少なからず盗難の被害に遭われた方もいるんです。
とくにソロキャンプだと、荷物番をしてくれる人もいませんから、すべて自分の防犯意識の高さにかかってくるわけです。
もし、どうしてもテントを離れなければいけないときは、ランタンをつけっぱなしにしたり、サンダルを置いておいたり、鍵をかけていくなど、できることは徹底しておくのが大切です。

社長
寝るときに高めのギアを持っているなら、できるだけテントにしまうことも忘れないようにしてくださいね!

野生動物から身を守るための対策をとる

どんなに人が多いキャンプ場であっても、野生動物が現れることも。
そういった獣害になるべく合わないようにするためには、食べ物や食べ残しなどをしっかり管理することが大切なのです!
生ゴミももちろん注意する必要があります。

しかしどちらかというと獣よりも虫の対策の方をしっかりと考えておいた方が良いので、蚊はもちろんですが、ブヨにも注意しておきましょう。
ブヨに刺されると赤く腫れ上がり、激しい痛みやかゆみなどの症状が現れます。

やまひつじ
とくに夏場は朝や夕方などの涼しい時間帯に現れやすいので、虫除け対策は徹底しておいてくださいね!

自然災害から身を守るための対策をとる

急激な天候の変化や、局地的豪雨などに遭遇したとき、なにも対策していないと大変なことに。
もしものことを考えて、テントは雨に強いものを選んでおくと安心です。
またサイトを選ぶときにも、地面の凸凹、土か芝生か砂利か、といった地面のコンディションに気をつけておくのが最適です。

ソロキャンプでの危険防止アイテムを持つべし!

ソロキャンプでの対策を理解したところで、危険を回避できるアイテムをご紹介しましょう!

南京錠

テントのジッパー部分を南京錠で施錠することによって、人が入りにくくなる効果があります。
またテントの仕様によっては、うまくつけられない場合もあるので、事前にしっかりとチェックしておきましょう!

防犯ブザー

防犯ブザーも手軽にできる対策のひとつで、安い値段で購入できるのでおすすめです◎
キャンプ場の夜は暗いですから、LEDライト付きのものも良いでしょう。
コンパクトな防犯ブザーで小さなバッグにつけていても邪魔にならず、大音量のブザーで安心感を得ることができます。

電池式のガーデンセンサーライトをテント前に設置する

人の動きを動体検知すると光るセンサーライトで、乾電池で簡単に動くので、テントの前に置いておくと良いです◎
ちょっとテントサイトを離れるときや、温泉・トイレに行くときの盗難対策にも。

トレイルカメラを設置する

トレイルカメラは屋外用の防犯カメラで、屋外でもコンセント不要で電池式なので、ポールや雨樋、樹木などに取り付けられることができます。
雨に濡れるところでも取り付けられ、壊れることもありません。
不審者対策や猛獣対策にも役立ちますし、重宝すること間違いなし!
とはいえ陽射しの強い場所で長い間続けると、表面のプラスチックカバーの日焼けによる色が変わってしまうので注意が必要です。

催涙スプレー

防犯スプレーはスタンガンよりも有効。
防水スプレーは犯人から離れていても、効果が発揮できますし、女性でのスタンガン使用は、冷静に対処することができないと思います。
催涙スプレーは目や顔面に吹き掛ける必要があるものの、激痛が長時間続くため、そのうちに逃げることも。
とはいえ、人が多い場所で使うと周りの人にも被害を与えてしまいますので、そこは注意してくださいね!
最悪の事態を予防する最終手段グッズとして考えると良いでしょう。

【ソロキャンプ】初心者必見!アイテムの選び方やリストをご紹介!

2020年2月12日

まとめ

いかがでしたか?
今回はソロキャンプの危険性についてご紹介しました!
ソロキャンプは、ひとりで自由気ままに楽しめるのが魅力的ですが、その一方で様々な危険が潜んでいるのは理解しておかなければなりません。

社長
ひとりだからこその危険もありますから、ソロキャンプを行うときは十分にそういった危険性に注意しながら、楽しんでくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!