【冬キャンプ】グランドシートは必需品!役割からおすすめもご紹介!

冬キャンプでグランドシートを使っている人をあまり見かけませんが、実はグランドシートってかなり必需品だったんです。
今回はそんなグランドシートの役割から注意点、おすすめのものをご紹介します!

冬キャンプにグランドシートって必要?

グランドシートというのは、簡単に言うとテントの下に敷く保護シートのようなものです。
専用シートは耐久性や防水性、厚みなどがあるので より機能的。
そんなグランドシートの役割についてご紹介します。

【冬キャンプ】あると便利なアイテムまとめ!冬キャンプも快適に過ごそう!

2020年1月27日

テント床を守る役割がある

キャンプで使うテントは決して安くはありませんから、できるだけ傷つけたくないもの。
そんなときにグランドシートを敷けば、テントのボトムがデコボコした地面に直接当たらないため、石などでテントが傷くことも防げるんです!

社長
愛用しているテントを長く使うためにも、これは大切なポイントですよね。

地面からの浸水を防ぐ

キャンプで雨が降ったとき、基本的にテントは雨を通さないような構造ではありますが、それでも素材によってはどうしても浸水してしまうことがあります。
そんなときに、グランドシートがあれば底からの浸水を防いでくれるんです!
またそこからの湿気も遮断してくれるので、雨の日キャンプでもよりテント内が快適に過ごせます。
グランドシートを敷くことで、テントのボトムが直接地面に触れませんから、テントが汚れることも防げますよね。
それによって、片付けるときの手間も半減されるのでかなり便利なのです。

地面からの冷気も防ぐ

グランドシートは厚みがあり、保温効果の高いものだと、地面からの冷気も防いでくれます。
ただのビニールシートとの1番の差は、やはりこの保温性といっても過言ではありません。

やまひつじ
冬キャンプには必須のアイテムだということが分かりますよね。

撤収時の作業スペース確保に使える!

また、グランドシートを活用することによって、作業効率が上がるのはご存じでしたか?
撤収時にキャンプ道具を片付けて、その都度車に積んでいると効率が悪く、撤収だけに時間がとられてしまいますよね。
荷物を車に載せるときには、荷物を積み込む順番が大事だったりしますから、片付ける順番も考えなければなりません。
そんなときグランドシートがあれば、撤収で片付けた荷物を順番を考えずにグランドシートにまとめていき、最後に一気に積み込むことで撤収時の効率が違ってくるのです!
撤収時にテントを片付けたら、空いたグランドシートを有効に使いましょう。

冬キャンプでグランドシートを使うときの注意点!

グランドシートは、テントのボトムよりも少し小さいサイズのものを使うのが基本。
グランドシートがテントからはみ出してしまうと、グランドシートに雨水が溜まってしまい逆に浸水する可能性が高くなってしまうんです。
その点アウトドアブランドの専用のシートは、テントよりも少し小さめの作りになっていますから、気にする必要はありません。
もちろんテントの大きさに合わせて、折りたたんで使うこともできます!

グランドシートは代用品でも可能?

アウトドアブランドの専用シートは耐久性・防水性といった機能面や使いやすさに優れていますが、少し値段が高いのが難点。
そんな方に代用品としておすすめしたいのが、ビニールシート!とはいえ、どこでも売っているような安いペラペラのビニールシートでは、グランドシートとしては活用できません。

ビニールシートでも、厚手で防水性の高いものを選んで代用することが大切です。
もちろんアウトドアブランドの専用シートに比べて、薄くて保温性や耐久性などには欠けるものの、ビニールなのでしっかりしたものなら、防水性は期待できます。
芝生でキャンプするのが多い方や、厚手のインナーマットを持っている人は、ビニールシートでも十分です。

やまひつじ
ビニールシート最大の欠点である、薄さを補いたいなら、ダンボールを合わせて敷くのもおすすめですよ◎

冬キャンプで使うグランドシートのおすすめはこれ!

最後に、冬キャンプで使うグランドシートのおすすめ品をご紹介します!

コールマン マルチグランドシート

こちら厚くて強度の高い210Dのポリエステルが採用されたグランドシート。
テントフロアと同じ厚みがあるので、破れにくく耐久性が高いアイテム。
テントの底をダメージから守ってくれて、地面の凹凸を緩和してくれます。
目の粗いオックスフォード素材のですから通気性もよく、湿気がテント内にこもりにくいのも魅力のひとつです。

耐水圧約2000mmと防水性に優れているので、浸水の心配もありませんし、乾くのが速いので雨の日も素早く撤収できるんです。
4サイズ展開ですので、自身のテントに合わせて選べるのも嬉しいところ。

やまひつじ
機能性が高く使いやすいグランドシートですよ!

スノーピーク ヘキサイーズ1グランドシート

こちらは、高品質かつスタイリッシュなソロ向けテント「ヘキサイーズ」専用のグランドシートです。
厚くてタフな210Dのポリエステル素材が採用されており、小石や小枝などによる傷付きや破れからテントをしっかり守ってくれるんです。

耐水圧約1800mmミニマムと、3000mm相当のスペックを備えているので雨の日も安心!
テントの底面からの浸水を防いでくれるので、快適なテント生活が送れますよ◎
約400gと軽く、持ち運びに便利な収納ケースが付属しているので、できるだけ荷物の重量を抑えたいソロキャンパーにぴったりのアイテムです。

小川キャンパル PVCマルチシート

こちらは、耐水圧10000mm以上と抜群の防水性を誇るグランドシート。
高耐久かつ汚れに強いPVC素材を使っており、ツルツルとした手触りが特徴的なアイテム。
汚れても水や中性洗剤で拭き取れますのでメンテナンスが簡単なのも嬉しいところ。
通気性はやや劣るものの、カビが発生しにくく衛生面も安心です。
高周波溶着加工により、縫い目がなく仕上がりがきれいなのも特徴的。
本製品は210×140cmですが、サイズが豊富に展開されているので、テントのサイズや形状に合わせて選べるのもポイント。

ロゴス テントぴったりグランドシート

こちらはコスパ重視の方におすすめのグランドシート。
250×190cmでインナーサイズ270×210cmのテントに最適で、グランドシートを敷いてその上にテントを組み立て、四隅の紐をフレームに結び付けるだけと設営が簡単なのも魅力のひとつ。
主な素材に防水効果の高いPEラミネートクロスを採用しているので、浸水や湿気を遮断しテント内を快適に保ってくれます。
やまひつじ
テント底面の汚れや濡れを軽減できるうえに、メンテナンスが簡単なのは嬉しいですね!

UJack ワンポールテント用 グランドシート

こちらはワンポールテント用グランドシートです。
耐水圧5000mmで、サイズは300、450cm用の2サイズが用意されてます。
8角形のグランドシートを販売しているメーカーは少ないのでワンポールテント使用者には助かりますね。

UJack(ユージャック)のワンポールテントDesertシリーズは安くて高機能!これは買いです。

2018年9月8日

まとめ

いかがでしたか?
今回はグランドシートの役割、また注意点、さらに冬キャンプでおすすめしたいグランドシートについてご紹介しました!
グランドシートを使わないキャンパーもいますが、やはり冬キャンプをできるだけ快適にしたいなら、グランドシートは欠かせません!

社長
ぜひこの機会にまだ持っていない方は、購入してみてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!