【ソロキャンプ】初心者必見!アイテムの選び方やリストをご紹介!

ソロキャンプといえば、ひとりで気軽にキャンプを楽しむものですから、一度はやってみたいもの。
とはいっても、どんなアイテムを準備すれば良いか分かりませんよね。
今回はそんなソロキャンプアイテムのリストから選び方もご紹介します!

ソロキャンプって楽しいの?

友達と予定が合わずとも、一人で気ままに計画できるのがソロキャンプ。
一人だと寂しいと思いがちですが、むしろ自分だけでするというドキドキ感、自由気ままに行動できる開放感がたまらないんです!

やまひつじ
必要最低限の準備と、いく先の情報収集さえすれば、あとは誰にも邪魔されずにソロキャンプが堪能できますよ◎

ソロキャンプの予算ってどのくらい?

ソロキャンプに限らず、キャンプアイテムを揃えるには意外と予算がかかるもの。
ですから、アイテムを選ぶ前に予算を一度考えてみるのがおすすめです!
コンパクト収入で軽いものは高性能である分、やはりお値段は張りますから、値段と性能を見比べながらアイテムを選びましょう!
ソロキャンプに初挑戦する方や低予算で考えている方は、1~3万円ほどで1式揃えるのもひとつの手。

社長
すでに道具を持っている方は、そのアイテムをそのままソロキャンプで使ってみてから、買い足すのもおすすめですよ!

ソロキャンプの選び方を知っておこう!

ソロキャンプ以前に、最低限揃える必要があるアイテムは、移住空間アイテム、キャンプサイトアイテム、調理アイテムなど。
ではこれらのアイテムをソロキャンプ用で揃えるには、どんなポイントが大切なのかご紹介します!

移住空間用アイテムは季節や収納で選ぶ!

ソロキャンプは、キャンプに必要なものをすべて自分で準備しなければなりません。
そのため、テントやシュラフ、マットは一人でも設営や取り扱いがしやすいものを選ぶことがポイントです。

特にテントやシュラフ、マットなどの移住空間用アイテムは一番かさばるもの。
ソロキャンプでは自分ですべての荷物を持っていかないといけませんから、できるだけコンパクトにまとめられるものを選んでください。

またバイクやツーリングなど運搬する荷物に限りがある場合は、軽いものを選ぶのもポイント。
逆にキャンプ場まで車で乗り入れできる場合は、ある程度重くても運搬できるので、収納と比較しながらアイテムを選ぶことが大切です。

社長
さらに季節によって、防寒性と通気性どっちを重視するかも違ってくるので注意してくださいね。

テントは収納と広さ重視したいか宿泊の有無で選ぶ!

日帰りでソロキャンプを楽しむなら、シュラフやマットは不要ですよね。
さらに日帰りか宿泊有りかによっても、ソロキャンプ用のテントの選び方も違ってきます。

テントは最低限の広さがあれば良いという方はコンパクトな1人用、また少し広めが良いなら2人用を選ぶのがポイント。
またテントは1枚の生地で構成されたシングルウォールテントと、インナーテントに外側の生地であるフライシートの2重構造になったダブルウォールテントがあります。

シングルウォールテントは設営が簡単でコンパクト仕様が多いですが、防寒性や耐水性が低く寝泊まりするには不向きです。
ダブルウォールテントは、シングルウォールテントよりも設営時間がややかかり、パッキングのときも大きさがありますが、寒さや雨風を防いでくれるので住居性は抜群です!宿泊をするソロキャンプなら、シュラフやマットとともにダブルウォールテントを選ぶようにしましょう。

キャンプサイトアイテムは収納性と設営のしやすさで選ぶこと!

ソロキャンプをより快適にするには、アウトドアテーブル、チェア、ランタンはコンパクトに収納でき、設営から撤収まで手早くできるものを選ぶのがポイント。

せっかくのキャンプですから焚き火はしたいですよね。
カップルや家族でのキャンプだと、大きなキャンプファイヤーを起こす必要がありますが、ソロキャンプなら自分があたれる焚き火さえあれば十分。

ですから、収納性が高く、焚き火も気軽にできる焚き火台を選ぶようにしましょう。
ちなみに、網などで調理できるスペースが付いている焚き火台を選べば、バーベキューコンロやガスコンロの代わりにもなるので、荷物も減らすことができますよ!

調理アイテムは焚き火の有無とコンパクト性で選ぶ

ソロキャンプでの調理アイテムは、キャンプサイトで焚き火をするかどうかで違ってきます。
焚き火をしないなら、焚き火台を調理台として兼用できないため、ガスバーナーやグリル台、バーベキューコンロなどを準備する必要があります。
調理アイテムも基本的にコンパクトにできるものを使うのがポイント。
フライパンや飯盒がまとまったクッカーや、フォークとスプーンがセットのカトラリーなどがおすすめです。

ソロキャンプアイテムリストをご紹介!

ではここからは、ソロキャンプのときの服や食料を除いた基本アイテムをご紹介します!

バックパック

すべてのアイテムを詰め込んで、自由に移動できる重要な装備です。
どこまでも遠く背負って歩けるフィット感と丈夫さが大切。
容量は80リットルくらいがおすすめですが、背負える容量と重さ、またフィット感は個人差があるのでうまく選んでくださいね!

テント

こちらはワンポール型のソロからディオ向けのテントです。
ソロテントにしては珍しく、テント内で立ったまま着替えができるほどの高さがあります。
インナーはTCクロスなので夏は涼しく、冬は暖かく使用できますね。
さらに、ソロテントの中では大きめですが、収納サイズはバイクにも積載できるほどなんです!

社長
キャンプ道具紹介系YouTuberのモロケンさんにご紹介いただきました!

シュラフ

こちらはイスカのシュラフ。
体の構造にぴったりフィットして寝やすいうえに、包まれるような安心感のあるのが特徴的です。
さらに安くて軽いのに質の良さも抜群!
やまひつじ
コンパクトに収納でき、収納すると1Lペットボトルと同じくらいのサイズになりますよ◎

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

タイベックシート

タイベックという建築素材で、丈夫で防水素材の特殊な紙です。
テントのグランドシートからごろ寝用など使い勝手の良いサイズにカットするのがおすすめ◎

チェア

こちらは360度回転式のチェアです。
さっと向きを変えることができるのでソロテントの限られたスペースでも活躍すること間違いなしです!
やまひつじ
収納サイズも長さ40cm x 直径12cmとコンパクトですね。

キャンプを快適に過ごすなら背もたれありのものを!座椅子やチェアについても

2019年7月30日

バーベキューコンロ

こちらはリフレクター装備で卓上使用可能なバーベキューコンロです。
展開と収納が一瞬でできる構造になっているの準備も楽々ですね。
サイズもS、Lサイズありますので、焚火での使用も考えているならLサイズを選ぶのがおすすめです。

クッカー

スノーピークのクッカーは、深いか浅いか、素材もステンレスやアルミニウム、チタニウムの3種類あり、予算から選ぶことができます。
こちらはアルミ製のソロ用深型クッカーです◎

キャンプで失敗知らずの炊飯ができる?ライスクッカーで美味しいご飯を!

2019年5月29日

カトラリー

こちらは手になじむ天然木製取手の1人用カラトリーセット。
ハンドルは天然木で、オートキャンプにおすすめです◎

超絶軽くて一生使えるUJack(ユージャック)のチタンカトラリーセットはキャンプや山登りのおすすめ!

2018年10月28日

まとめ

いかがでしたか?
今回はソロキャンプのアイテムリストや選び方、また予算についてもご紹介しました。
ソロキャンプは気軽に楽しめますが、アイテムもしっかり準備しなくてはいけません。

社長
忘れ物がないように注意しながら、ソロキャンプを楽しんでみてください!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!