【冬キャンプ】アメニティドームの良さや寒さ対策について徹底解説!

アメニティードームといえば、おしゃれなテントですから、冬キャンプでも使いたいという方がいるのでは?
しかし、アメニティドームは普通のテントと違って、しっかりと寒さ対策をする必要があります。
今回はそんなアメニティドームの魅力から寒さ対策についてご紹介します!

冬キャンプで使うアメニティドームの良さとは?


まずは、アメニティドームがどんなに魅力的か知ってもらうために、アメニティドームの魅力について解説します!

初心者でも組み立て簡単!

アメニティドームには、ポールの色と適正なスリーブ位置の色が同じになっているなど、説明書がなくても組み立てやすいのが特徴。
そのため、まだキャンプ初心者やテント設営初心者にとっては、組み立てが簡単なことはかなり嬉しいところなんです。

社長
20~30分ほどあれば十分に設営できますので、テント設営時間も短縮できるのは、冬キャンプでは嬉しいですよね。

コスパ抜群!

アメニティドームは、コストパフォーマンスがかなり良いのが魅力のひとつ。
定価の3万2千円で買って5年使い、オークションで2万2千円ほどで売れたとすると、実質1万円程度ですよね。

なかでもスノーピーク製品は、品質の良さと無期限保証があるため、メンテナンスさえすれば生涯使えるといっても過言ではありません。
また、オークションでも値がくずれにくいので、自分のキャンプスタイルに合わなくなったら高値で売ることができるのも嬉しいところ。

風に強い

アメニティドームは、突風に煽られたときの揺れに強いのも特徴です。
高さがあり、立ち上がり角度がきついテントだと、風を受けて揺れることが多いですよね。
しかしアメニティドームの場合は、強風時、タープがバタついて危ないときでも全く問題ありませんでした。
風を受けて揺れはするものの、危険は感じません。
しっかりペグダウンしておけば、風で倒壊することはないのがアメニティドームの魅力でもあるのです。
また強風時は、タープの風対策に手が掛かるため、テントが風に強いというのは安心できるポイントでもありますね。

設営時に風向きの心配がいらない

一般的に、テントは風向きを考えて出入口を風下にする必要がありますが、アメニティドームの場合、設営時にテントの向きを気にしなくて良いのが嬉しいところ。
アメニティドームは3方向の出入り口があり、前室に2方向、後方も出入り可能です。

やまひつじ
風が強いときには、出入り口を変えれば問題ないということですね!

頑丈なジュラルミン製のポールが安心

アメニティドームのポールは、ジュラルミン製のため、耐久性が高いのが特徴。
実際に使っているときに意識することはないと思いますが、実は折れにくい素材なんです。
アメニティドームは比較的安いですから、この価格でジュラルミン製のポールを使っているテントは他にないと言えるほど。

社長
この点もアメニティドームが風に強いと言われている理由なのでしょう!

冬キャンプでもアメニティドームが使える!寒さ対策について

アメニティドームは手頃な値段ですし、性能もよくてとても素晴らしいテント。
初心者からベテランまで幅広く支持されていますが、アメニティドームには寒さ対策のスカートがついていないのが難点。
そこで冬キャンプでアメニティドームを使うための、効果的な寒さ対策をご紹介しましょう!

セラミックヒーターを使うこと

電源の付きのキャンプサイトなら、セラミックヒーターが利用可能です。
真冬のアメニティドーム内の暖房器具には、こちらのパナソニックのセラミックヒーターを使うのがおすすめ。
真冬の2月でも問題なくキャンプできますし、セラミックヒーターを使うことで、寒いどころかテント内がポカポカに温まって、暑いくらいに温めることができますよ!
アメニティドームにかぎらず、テント内の防寒対策は暖房器具を使うのが、冬キャンプの防寒対策では一番最強といえます。
やまひつじ
セラミックヒーターは、傾くと自動的に停止してくれるような安全装置がついているので安心して使えますよ!

冬キャンプでセラミックファンヒーターを使おう!魅力や注意点、おすすめもご紹介!

2020年1月9日

冬用の防寒シュラフを使うこと

アメニティドームの寒さ対策では、秋冬でも防寒できるスペックのシュラフを利用すること。
秋冬の寒さをしのげるスペックのシュラフがあれば、暖房器具がなくても冬キャンプの夜の寒さをしのぐことができるんです!
特にコールマンのマミースタイルは、価格もリーズナブルでなうえに、マイナス18度までいけるほどのスペック。
社長
シュラフを選ぶポイントは、大は小を兼ねるで、これだと思ったスペックのひとつ上のスペックのものを選ぶと失敗しませんよ!

冬キャンプはシュラフ選びが大切!特徴や選び方、おすすめのアイテムも!

2020年1月4日

アメニティドーム専用マット&厚手のマットを使うこと

アメニティドームには、専用のグランドシートと、テント内のフロアマットシートが販売されています。
グランドシートとフロアマットシートを使わずに冬キャンプしてしまうと、外気の冷気を直に受けてしまうほど。
ですから、専用のグランドシートとテント内のマットシートは必ず使った方が良いといえるでしょう。

とはいっても、アメニティドーム専用のグランドシートとテント内のマットシートを使っても、完全に冷気を防げるわけではありません。
それを補うためにも、アメニティドーム専用のテント内のマットシートと併用して、さらに厚手のマットを併用するのが効果的。
地面の冷気から完全にまもってくれるので、おすすめはサーマレストのマット。
本格的な登山キャンパーも愛用しているほど、信頼と実績のあるマットですから間違いありませんし、オールシーズン使えるマットですよ!
こういった厚手のマットの上に、しっかり防寒できるシュラフを装備をしておけば、アメニティドームでも冬のキャンプは余裕に過ごせます。

冬キャンプでのアメニティドームにスカートは必要?

スノーピークのスタンダードモデル以上のスペックのテントは、スカートがはじめからついています。
テントについているスカートは、外からの冷気をシャットアウトするのに役立ちます。

しかしエントリーモデルのアメニティドームにはスカートがついていません。
そこでアメニティドームのスカートを自作して、冬キャンプを過ごすのがおすすめです。

とはいえ、普通に考えると自分でスカートを自作するのは面倒ですよね。
スカートがあるのとないのとでは、寒さの感じかたも体感温度も、まったく違ってきますので、はじめから一年を通してキャンプをする予定があるなら、スカート付きのテントを購入するのをおすすめします!

冬キャンプにはスカートが必需品!魅力から自作やおすすめのものもご紹介!

2019年12月15日

まとめ

いかがでしたか?
今回は冬キャンプでのアメニティドームについてご紹介しました!
アメニティドームは、スカートつきのものではないと寒いかもしれませんが、スカートがなくてもしっかりと寒さ対策をすれば、冬キャンプでもアメニティドームでアウトドアを楽しめます!

社長
人数に合わせたアメニティードームを準備して、楽しく過ごしてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!