【冬キャンプ】愛知のキャンプ場まとめ!ランキング形式でご紹介!

キャンプ場は夏に利用する人が多いこともあって、冬は営業していないなんていうところも多いですよね。
しかし、愛知には通年営業しているキャンプ場もたくさんありますし、なかには安いキャンプ場もあるので、一度チェックしておきたいところ!
今回はそんな冬キャンプも可能な愛知のキャンプ場についてまとめてみました!

今年は冬キャンプデビューしてみよう!

寒さが厳しくなっていると、冬キャンプの時期が到来!
冬キャンプでは、眺望が良く、夜には満天の星空を眺めることも◎

やまひつじ
夏場の天敵である虫も少ないのも魅力的ですよね。
さらに普段は混雑するキャンプ場も、冬キャンプなら人が少なくなるため静かな時間を過ごせます。
確かに寒さは厳しいですが、寒い中食べる暖かい料理は、身に染みるほど絶品です!
今回は愛知でも通年営業しているキャンプ場がありますので、そんなキャンプ場をランキング形式でご紹介しましょう!

愛知のおすすめキャンプ場まとめ!安い・ペット・川遊びも

2019年10月3日

第1位:アウトドアベース犬山キャンプ場


こちらはメガホーンを販売されているサイトとしても有名なキャンプ場です。
利用するなら、やはりフリーサイトがおすすめ!
ソロなら一泊1300円という低価格は嬉しいですよね。
駐車場からサイトまでは距離がありますから、無料で借りられるリアカーを利用するのがポイント。
また直火可能というのもポイントが高いところですし、灰捨て場があるので処理はセルフで行えます。

社長
幕内で焚き火が可能なティピーが、設置している施設も珍しいですよね!

【詳細情報】

・住所 愛知県犬山市今井東山95番地
アウトドアベース犬山キャンプ場 公式サイト

第2位:桃太郎公園 栗栖園地


こちらでは炭、薪の使用が禁止されているため、炭火BBQや焚き火が禁止となっています。
また、薪ストーブもこのルールだと誤解を招く恐れがあるため、使うのはおすすめしません。
利用できるのはガスやガソリンなど、液体燃料の火器のみとなっているのが注意してほしいところ。
低料金でいろいろ自由に楽しめるルールだったそうですが、マナー・モラルの問題で禁止となったようですね。
しかし、だからこそ本格的なキャンプを楽しみたい人や、冬季の引き籠りキャンプとして利用したい人にとってはぴったりのキャンプ場ですね!

【詳細情報】

・住所 愛知県犬山市大字栗栖字古屋敷14-3
なっぷ 桃太郎公園 栗栖園地 公式サイト

第3位:不動ヶ滝園地


こちらは、遠峰山を源にした清流が落下する15mの滝があるのが特徴的なスポット。
滝を中心とする周辺一帯は、自然の景観を生かした不動ヶ滝園地として整備されているので、比較的に使いやすいキャンプ場です。
なお、バーベキューやキャンプなどができる3つの広場が設けられています。
林に囲まれた静かなキャンプ場ですが、貸し出し備品は一切ありませんので、テント、飯ごう、燃料、毛布などは利用者で用意していきましょう!

【詳細情報】

・住所 愛知県額田郡幸田町荻四ツケ入
市の不動ヶ滝園地 公式サイト

第4位:愛知県民の森 キャンプ場


こちらのキャンプ場は、自前テントでフリーサイトのソロキャンプならたった200円で利用することができるコスパ抜群のキャンプ場です。
しかし張れる区画が2m×3mしかため、それに収まるサイズではいけないところは、注意が必要です。

やまひつじ
オートサイトも安い部類ですが、7m×10mなので決して広くはありませんが、安いキャンプ場を探している人にはぴったりですね!

【詳細情報】

・住所 愛知県新城市門谷字鳳来寺7-60
愛知県民の森キャンプ場 公式サイト

第5位:大門公園・大谷公園キャンプ場

こちらは住宅街の裏山に作られた公園の斜面にあるキャンプ場です。
池と公園と山の裏に囲まれた場所なので、場所のわりには静かなところにあるのが魅力的。
駐車場は8台くらい停めることができ、駐車場に車を停めてすぐにおおきな池があるのが特徴的です。
池のほとりを時計回りに歩いて行くと左側に公園があり、広場の中央にキャンプファイヤーのできそうな場所が設置されているのも◎
池と公園と山にぐるりと囲まれた場所ですから、わりと街中でも思っていたよりも静かにキャンプが楽しめますよ!

【詳細情報】

・住所 愛知県岡崎市大門3丁目23番地
市の大門公園・大谷公園キャンプ場 公式サイト

第6位:滝頭公園


こちらはアウトドア派のキャンパー達にうれしい無料でキャンプができるキャンプ場。
ここでは、テントサイトや炊事場などの施設を無料で利用できるうえ、かなり管理いきとどいているで綺麗で清潔感があります。
愛知県内には他にも無料キャンプ場はたくさんありますが、渥美半島では自分が知る限りここだけなので、伊良湖観光に行く道中などにもおすすめ◎
公園内にはテニスコート、野球場、芝生広場などの敷地がかなり広く、池もあり自然豊かな公園となっているので、子供連れのキャンプにもぴったり!
荷物が多いと駐車場とテントサイトを往復することになると思いますから、荷物は最小限にするのをおすすめします!

【詳細情報】

・住所 田原市田原町西滝頭6
滝頭公園 公式サイト

第7位:大曽公園


こちらのキャンプ場は、知多半島の真ん中に位置しているため、名古屋から車で30分とアクセスしやすく、南知多方面へ行く際の中継地としても便利なキャンプ場です。
園内のキャンプ場には、研修棟、芝生広場、BBQ場、炊事場などがあり、研修棟には研修室、和室がありますので、雨天時のキャンプでも安心です。
炊事場には石窯もあり、ピザやパンを焼くこともできるのは嬉しいところ。

やまひつじ
キャンプ場を利用するときは、電話で予約する必要がありますので、注意してくださいね。

【詳細情報】

・住所 愛知県常滑市大曽町6-3
大曽公園の市 公式サイト

第8位:中日小野浦 キャンプバンガロー村


こちらは知多半島の西海岸、伊勢湾に面した平担な砂地にあるキャンプ場です。
バンガロー25棟と100張の設営ができるテントサイトがあり、そのスケールは知多半島随一、オートキャンプ、持ち込みテントも可能となっています。
設備も充実していますし、交通の便もあって、ビギナーでも安心して利用できるのが嬉しいところ。
かまどで火をくべて本格的なキャンプが楽しめるキャンプ場です◎

【詳細情報】

・住所 愛知県知多郡美浜町大字小野浦字河谷54-16
中日小野浦キャンプバンガロー村 公式サイト

第9位:大窪公園


こちらのキャンプ場は、第一号東海緑地の隣に位置し、名鉄常滑線「新日鉄前駅」、国道247号線にも近いため、アクセスは比較的良好なキャンプ場。
比較的小規模の公園ですが、園内のキャンプ場で、バーベキューができます。
ここは無料で利用できますが、かならず予約が必要になるため、利用するときは注意しましょう。
キャンプ場には、共同の屋根付きかまどが20基あり、バーベキューコンロやタープテントなど、機材の持ち込みも可能!
タープ、テントやイス、バーベキューコンロなど、機材レンタルもできますから、食材と一緒に設置から撤収までも対応可能なのが魅力的なキャンプ場です!

【詳細情報】

・住所 愛知県東海市荒尾町大窪1
大窪公園の市 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?
今回は冬キャンプができる愛知のキャンプ場についてご紹介しました!
冬になるとしていないキャンプ場もあるなか、愛知ではたくさん通年営業しているキャンプ場がありますので、ぜひ一度チェックしてみては?

社長
今年冬キャンプデビューするなら、使いやすさもチェックしておきましょう!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!