【冬キャンプ】あると便利なアイテムまとめ!冬キャンプも快適に過ごそう!

冬キャンプといえば、寒さがきついですよね。
しかし冬キャンプだからこその楽しみ方があります。
今回はそんな冬キャンプにあると便利なアイテムを、防寒グッズ編や片付け編と分けてご紹介します!

冬キャンプにあると便利なアイテム!【防寒グッズ編】

冬キャンプをするうえで、必需品ではないけどあると便利なグッズがあります。
そんなあると便利なグッズで、まずは防寒編についてご紹介します!

ダウンブーツ

お座敷スタイルでくつろぐときや、寝ているときなど足先が冷えるのは辛いものですよね。
そんなときにダウンの靴下やダウンブーツを履いておくと、温かく過ごせます。
こちらのアイテムは軽くてムレることもありませんから、自然な履き心地が感じられますよ!

フェイスマスク

キャンプ場で寝ているときに、シュラフの中は暖かくて快適であるにも、鼻先や顔が寒いなんてことがよくあります。
そんなときは、想像するだけでも笑えるのですが、フェイスマスクがあるとベスト。
目だし帽に抵抗がある人は、マスクをつけるだけでも断然変わってきます。
やまひつじ
首もとも冷えますから、マフラーやタオルなどを首に巻いておくのも効果的ですよ!

一酸化炭素警報機

テント内で火器を使うことは、本来テントメーカーは推奨していません。
酸欠や不完全燃焼による一酸化炭素の事故が発生する可能性があるからです。
社長
安全にもこの一酸化炭素装置を安全のためにも、持っておくのと安心して火器も使うことができますよ!

ヘリノックス シートウォーマー

ヘリノックスのチェアを使ったことがある人なら、わかると思うのですが、メッシュになっている部分があるため、寒い冬キャンプで座るとひんやりしてしまうんです。
そんなひんやりを止めて暖めてくれるのが、このシートウォーマー。
発熱するわけではありませんが、温かい素材でできているため、チェアに装着して座っているだけだも温かく過ごせますよ!

コールマン 遠赤ヒーターアタッチメント

こちらはへんてつのないただのカバーみたいなように見えますが、バーナーの上に乗せるだけで簡易ストーブができる優れもの。
サイズは小さく、見た目からはその暖かさを感じられないように思えますが、実はかなりの暖房効果を得ることができるんです!
ただ風には弱いので、スクリーンテントや前室ありのテントで使うのをおすすめします◎
かなり温かくなりますので、買っておいて損はありませんよ!

フライトキャップ

こちらはロシアなどで被っていそうな、あったかアイテム。
ニット帽でも良いのですが、こちらの方が雰囲気が出ますし、おしゃれですよね。
やまひつじ
被るだけでとても暖かいですし、特に雪なかキャンプのときでも大活躍してくれますよ!

ブランケット

冬に必須のブランケットは冬キャンプでも大活躍です。
たき火を囲む際にもブランケットをかけるだけで保温効果がぐっと高まります。
また、インナーシュラフになるブランケットなら、寝るときにテント内で使って身体の温度を下げないまま、快適に眠ることができるんです!簡単に温度調節ができるアイテムですから、冬キャンプではブランケットを持って行くのをおすすめします!

冬キャンプの防寒は足元から!ソックスからブーツまでおすすめをご紹介!

2020年1月19日

【冬キャンプ】あると便利グッズ!【片付け編】

冬キャンプでも、かなり忙がしいのが後片付けですよね。
そんなときに、あると便利なアイテムをご紹介しましょう!

70リットルごみ袋

たとえ晴れであっても、乾燥撤収ができるとは限らないのが冬キャンプですよね。
結露や霜でびちょびちょになったテントは、日当たりのいい場所でしっかり乾かさなければいけません。
しかし撤収の時間やサイトの場所によっては、タイムアウトの場合がありますので、間に合わないときも。
そんなとき、大き目のゴミ袋があるとかなり便利です。
冬の幕は大きいので45リットルには入らない場合が被いので、70リットルの厚手のゴミ袋を車に積んで置きましょう!
おしゃれなタープバックと呼ばれるバックもありますので、そちらも準備しておくと便利です◎

ハンディモップ

冬キャンプで厄介なのが結露ですよね。
ひどいときはポタポタと雨漏りのように結露が落ちてくることもあり、撤収前にテントを乾かすのがかなり大変になってしまうほど。
しかしそんなときに、ハンディーモップであらかじめ結露をふき取っておけば、テントの乾燥の時短やシュラフや洋服が濡れるのを防ぐことができるのです!
縦長タイプのマイクロファイバーのハンディモップは100円ショップやホームセンターなどで購入できますので、準備しておいてみては?

ゴム手袋

お湯が出ないキャンプ場で大活躍するのがゴム手袋。
真冬のキャンプの水での皿洗いは、かなりきついので必需品ともいえるほど。
沸かしたお湯を持っていって、スポンジに浸しながら洗うと油汚れも落ちますので、あるとかなり便利です◎
どこでも売っているゴム手袋ですが、できれば奮発して裏起毛タイプを購入するのがおすすめ!

ジャグ

ゴム手袋同様に、お湯が出ないキャンプ場での皿洗いのときや、ちょっと手や顔を洗うときなどに冷たい水では抵抗がある人もいますよね。
そんなときに、保温性の高いジャグに沸かしたお湯を入れておけば、いつでもお湯が使えるんです。
やまひつじ
保冷保温性の高いジャグは冬場だけでなく夏場も大活躍してくれるので、持っていて損はありませんよ!

スノースコップ

雪の積もる地域では、雪をかき分けてテントを建てる必要がありますよね。
そんなときに、普通のスコップではなく、雪かき用のスノースコップを使うことで、雪かきもスムーズに行うことができるんです!
プラスチック製のスノースコップなら、ホームセンターでも購入できますので、探してみては?
ちなみに、雪遊びをするときにも、スノースコップがあれば、遊びの幅が広がりますよ!

キャンプで使えるテクニック集まとめ!後片付けや裏技も

2019年10月4日

まとめ

いかがでしたか?
今回は冬キャンプであると便利なものをご紹介しました。
野外は当たり前ですが、冬キャンプではとても気温が下がります。
せっかくの楽しい冬キャンプも寒さに負けてしまうと楽しませんし、快適に過ごすなら上記のアイテムがあるとかなり便利です。

社長
また、風邪など体調不良などのリスクを防ぐこともできますから、しっかり準備して冬キャンプを楽しんでくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!