冬キャンプにはインフレーターマットを使おう!シングル・ダブルおすすめをご紹介!

冬キャンプは冷気を遮断するために、マットが重要なのはご存じでしたか?
様々な種類のなかでも、冷気を遮断してくれるインフレーターマットがおすすめなんです!
今回はそんな冬キャンプにおすすめのインフレーターマットをシングル・ダブルそれぞれご紹介します。

冬キャンプに最適なインフレーターマットってどんなもの?

キャンプに使うマットには様々なタイプのものがありますが、冬キャンプに最適なマットは、インフレーターマット、エアマット、EVAフォームマットです。
なかでもインフレーターマットは、バルブを開くだけで自動的に空気が入る仕組みになっているため、設置をより簡単に行えるのが魅力なんです!

インフレーターマットは寝袋などの下に敷くことで、キャンプでも寝心地抜群のマット。
床下の石などの凸凹を緩和してくれて、キャンプでも快適な睡眠が可能なのです。
断熱性もしっかりとありますから、冬場は地面からの冷気を遮断してくれる効果も◎
そんなインフレーターマットには、シングルサイズとダブルサイズとがあるので、それぞれおすすめのアイテムをご紹介します。

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

冬キャンプに必要なアイテムまとめ!暖房、寝具、便利アイテムもご紹介!

2019年12月27日

冬キャンプで使う前に

まずはインフレーターマットの特徴を理解しよう!
インフレーターマットの特徴には、しっかりとした厚み、空気入れの手間がない、優秀な携帯性が挙げられます。

インフレーターマットは肉厚なスポンジにより高いクッション性が実現されています。
地面の凸凹さえも吸収してくれるので、冷えもしっかりシャットアウトしてくれるのです◎
そして栓を開ければ半自動的に空気が入り、膨らんでくれます。
もちろん空気量の微調整も可能です!
インフレーターマットはコンパクトに収まるので、エアベッドなどとは違って持ち運びしやすいのも魅力のひとつですね。

魅力いっぱいのインフレーターマットですが、ひとつ注意して欲しいことがあります。
それは「穴が開きやすい場所での使用」です。
インフレーターマットは柔らかいスポンジを使っているので、あまりにも床の凹凸が激しいと、穴が開いてしまう場合があります。

やまひつじ
穴が開きやすい場所での使用は避けるようにしてくださいね。

冬キャンプの注意点まとめ!持ち物や環境からみる気を付けたいところ

2019年12月26日

【シングルサイズ】冬キャンプにおすすめのインフレーターマット!

サーマレスト EVOライトプラス

こちらは独特なエアフレーム構造が特徴的な、インフレーターマットです。
自動膨張機能を取り入れつつも、エアマットのようなふわふわ感もある、次世代のマットともいえるアイテムなのです!断熱性の高い6センチという厚みでありながらも、収納時はとても小さくコンパクトにできるのも魅力ポイントです◎

サーマレスト マットレス トレイルスカウト

こちらはどのシーズンでも使えるインフレーターマット。
快適さと軽量さのバランスをよりよくするために、従来のモデルよりと5ミリ薄いのが特徴です。
薄くなったといって、断熱性のは維持されていますので、安心して利用できます◎
やまひつじ
価格も他のものと比べてリーズナブルですから、冬キャンプ入門用のマットにも最適ですね!

スノーピーク インフレータブルマット テレコ TM-135

こちらは収納ケースがエア注入バッグになるのが、最大の魅力ポイント。
なんとこれにはリペアキットが付属しているので、破れても小さいものであれば自分で修理できるのは、コスト抜群ですよね。
膨らみが足りないと感じてもポンプが不要なので、とても使いやすいのが特徴です◎

ニーモ・インクイップメント マット・パッド ゾア20R

こちらは超軽量でなおかつコンパクトに収納できるので、冬キャンプでミニマリストを目指す人にぴったりなインフレーターマットです。
縦横2方向の肉抜き加工を施すことによって、保温性を保てるような工夫がされているので、冬キャンプにもぴったり◎

ロゴス セルフインフレートマット・ソロ

こちらはテントにフィットするサイズ感を意識して作られているため、複数のマットを連結することによって、テント内にぴったりと敷き詰めることができるインフレーターマットです。
厚さはなんと5センチと分厚く、これなら山奥のキャンプ場でも冷気をしっかりとシャットアウトしてくれますね◎

イスカ コンフィライトマットレス

こちらは防寒性に優れており、川辺などの凸凹が多いところでも快適な睡眠がとれるインフレーターマットです。
裏面にはノンスリップ加工が施されていますので、寝ている間もズレによる不快感もありません。
やまひつじ
収納サイズもかなりコンパクトにまとめられるのが嬉しいですね◎

【ダブルサイズ】冬キャンプにおすすめのインフレーターマット!

コールマン キャンパーインフレーターマット ダブル

こちらは、ダブルサイズのキャンプ用インフレーターマットです。
セルフインフレーターなので、栓を開けておけば自然と膨らんでくれます。
スポンジの厚さは2センチで、耐久性が高いことからも、メンテナンスが簡単にできるのが嬉しいところですね◎

ロゴス セルフインフレートマット・DUO

こちらは5センチという厚みを活かした、快適な寝心地が実現されたインフレーターマットです。
厚みがある分、収納面で心配になる方もいると思いますが、空気を抜くことで専用の収納袋にコンパクトに収めることができるのです!
これなら車のトランクやクローゼットにも簡単に収められますね◎

DOD CM2-64

こちらはカラフルなデザインが印象的で、家族や女性におすすめのアイテム。
もちろん、専用の収納袋にコンパクトに収まるので、持ち運びも楽々です!
冬キャンプでもデザイン性を重視したい、という方にはぴったりなので、おしゃれキャンパー必見ですね◎

キャプテンスタッグ インフレーティング

こちらはクッション材に、厚さ3.5センチのウレタンフォームが使われているので、空気をたっぷりと含んで優れた弾力性を持つインフレーターマットです。
栓を開けてマットを広げると自動的に空気が入って膨らみますし、収納時もコンパクトに収まるので持ち運びも楽チン。
やまひつじ
ダブルサイズですが、かなりリーズナブルな値段で購入できるのが嬉しいですね◎

まとめ

いかがでしたか?
インフレーターマットは、床下の凸凹を緩和してくれるだけでなく、冬キャンプでは冷気も遮断してくれるので、冬キャンプには積極的に取り入れたいアイテムです。

社長
メーカーによって、厚みもデザインも異なってきますから、ぜひお気に入りのものを見つけてみてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!