いわき市のキャンプ場まとめ!自然豊かなキャンプ場に泊まろう!

いわき市のキャンプ場は、他の地域と比べるとキャンプ場の数は少ないですが、なんといってもやはり自然豊かなキャンプ場だからこその楽しみ方ができるのが魅力的なんです!
そこで今回はそんないわき市にあるキャンプ場についてまとめていきます。

【いわきのキャンプ場】ハッシュ村

どんなキャンプ場?

こちらのキャンプ場は、2019年3月にグランドオープンしたばかりのキャンプ場で、いわき三和インターより車で8分ほどのところに位置しています。
四方を山に囲まれたプライベートキャンプ場で、場内にはリノベーションした古民家があるため、初めてでもなんだか懐かしくなるようなおだやかな時間が魅力的です。
基本的には貸切の施設ではあるものの、連休などの特定日ではファミリーやグループに向けて少人数でも楽しめるイベントプランが準備されています。
敷地内であれば好きなところにテントを立てられますので、大自然のなか優雅で贅沢なキャンプが楽しめます。

さらにレンタル品はトップレベルの品質と人気を誇るスノーピーク用品をたくさん取り揃えているため、初心者でも気軽にハイグレードなキャンプができます。
サイトは芝生で開放感のあるフリーサイト、栗の木が生えた林間サイトから選べ、屋根つきバーベキュー棟やガス台のある炊事棟、女性も嬉しいシャワールームや水洗トイレも完備されていますので、雨でも安心の充実した設備が整っているんです。

また水深が膝下くらいの子供も遊びやすい清流もありますし、春から夏にかけては新緑、秋には紅葉といった一年を通して自然を満喫できるのも魅力のひとつです。

詳細情報

住所 福島県いわき市三和町下永井銅屋場267
駐車場 10台
施設タイプ バンガロー/ロッジ・ログハウス・コテージ/ツリーハウス・その他/フリーサイト
料金 入村料大人500円、子供無料
営業期間 シーズン営業
定休日 なし

なっぷ ハッシュ村

【いわきのキャンプ場】いわき市遠野オートキャンプ場

どんなキャンプ場?

こちらは入遠廼川に沿った開放感のあるキャンプ場です。
広々としたのどかな雰囲気が魅力的で、施設も充実しているからこそ安心してのんびりと過ごすことができます。
日照時間が長く温暖な気候に恵まれているいわき市だからこそ、春夏は緑に囲まれ、秋は紅葉を楽しみながら快適にキャンプを楽しむことができるんです。
また冬でも降雪が少ないのでテントを張りやすい環境となっています。
近くを流れる入遠野川では釣り人で賑わいますし、車で25分ほどいくと温泉リゾートの「スパリゾートハワイアンズ」や日本三大古泉の「いわき湯本温泉郷」もあります。
さらに1時間圏内だといわきの海岸がいくつもあるので、レジャーにもぴったりです。
ログケビンなどの宿泊棟も充実していますので、かなりおすすめキャンプ場です。

詳細情報

住所 福島県いわき市遠野町入遠野越台97-1
施設タイプ キャビン/区画サイト
駐車場 あり
料金 大人420円、小人210円/オートサイト4,200円/サイト2,100円
営業期間 通年
定休日 なし

いわき市遠野オートキャンプ場 公式ページ

【いわきのキャンプ場】いわきの里鬼ヶ城

どんなキャンプ場?

こちらのキャンプ場は、ききり荘やコテージの他、オートキャンプ場など宿泊場所がたくさん設備されており、自然を感じながら思い思いの過ごし方が楽しめるキャンプ場です。
利用する目的や人数など、好みに合わせて選ぶことができるので、初心者でも利用しやすいのが魅力的。
またここでは森林浴を楽しみながらアウトドアや季節のイベント、体験などを行うことができます。
食材を準備してもらえたり、各種貸し出しなど様々なサービスが準備されていますので、目的に合わせて自由に活用できるのも特徴です。

さらに豊かな自然と雄大な山々に囲まれたレクリエーション施設でもあるので、季節ごとに風景が変わり、四季折々に自然の息吹と素晴らしさを実感させてくれるキャンプ場でもあります。
広い敷地にはたくさんの花々が植えられており、特に桜シーズンは何種類もの桜が咲き誇るため、イベント開催やライトアップなども行われています。

場内にはレストランも併設されており、美味しい食事も楽しめるので、美しい景色と共に食事を満喫できます。
その他にも大浴場が併設されているの、様々な施設が充実しており、1日中飽きないキャンプ場です!

詳細情報

住所 福島県いわき市川前町上桶売字小久田73-3
施設タイプ バンガロー/ロッジ・ログハウス・コテージ/区画サイト/フリーサイト
料金 入場料大人310円、小人210円/オートサイト3,360円/フリーサイト1,010円/バンガロー5,000円/コテージ16,800円~
営業期間 通年
定休日 なし

いわきの里鬼ヶ城 公式ページ

【いわきのキャンプ場】夏井川渓谷キャンプ場

どんなキャンプ場?

こちらのキャンプ場は、夏井川渓谷内にあり、新緑から紅葉の季節まで多くのキャンパーで賑わうキャンプ場です。
多くの滝や渕が変化に富んだ景観をつくったり、紅葉がきれいに渓谷を彩る岩場の間を清流がはじけるように流れる渓谷には、磐越東線が走ったり、モミやスズタケなど紅葉に彩られるシーズンになると、例年列車が徐行運転されるなど、大勢の人たちで賑わいを見せているキャンプ場でもあります。
夏井川渓谷県立自然公園にあるキャンプ場ですので、予約も要らず無料で利用することができます。
江田駅からは歩いて5分ほどでホームが見える距離のため電車でも便利ではありますが、本数が少ないため車でのアクセスがおすすめです。
江田駅の向かいには商店があり、その先を左折するとキャンプ場の駐車場に着きます。
いわき中央ICから約20キロほどとなっています。
トイレもきれいで使いやすいですし、屋根付きの炊事場もありますので、食材を持ち込むことでバーベキューも気軽に楽しめます。

やまひつじ
手軽にキャンプを楽しむにはぴったりの場所ですね!

詳細情報

住所 福島県いわき市小川町上小川字江田地内
駐車場 あり
施設タイプ フリーサイト
料金 無料
営業期間 通年
定休日 なし

いわき市 夏井川渓谷キャンプ場

【いわき市のキャンプ場】田人ふれあいの里キャンプ場

どんなキャンプ場?

こちらのキャンプ場は、いわき市田人町の国道289号線沿いに位置しています。
トイレ棟や炊事棟があるので、安心してキャンプを楽しむことができます。
駐車場も隣接しているものの、国道からの入り口が分かりづらいので、「田人おふくろの宿」で受付をするときに確認しておくのがおすすめです。
キャンプ場を利用するときは、「田人おふくろの宿」で受付をする必要があります。
またここでは320円とかなりリーズナブルな価格設定となっているのま魅力的です。
近くにある「おふくろの宿」には天然温泉があるため、お風呂にも困る心配もありません。
さらにバーベキューエリアもあり、食材も準備してもらえるので気軽に利用できるのも魅力的です!

詳細情報

住所 福島県いわき市田人町旅人字江尻71
施設タイプ フリーサイト
駐車場 あり
料金 320円
営業期間 通年
定休日 不明

いわき市 田人ふれあいの里キャンプ場

まとめ

いかがでしたか?
今回はいわき市にあるキャンプ場についてまとめてみました。
いわき市にあるキャンプ場は他の地域のキャンプ場と比べると、かなり数少なくなっていますが、いわき市は自然豊かな地でもありますから、存分に自然と触れ合いながらキャンプが楽しめます。

社長
四季折々に違う表情を見せてくれるキャンプ場ばかりですので、ぜひ次回のキャンプ場選びの参考にしてみてくださいね!

糸島のキャンプ場まとめ!静かで自然豊かな糸島のキャンプ場でキャンプしよう!

2019年11月6日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!