冬キャンプの過ごし方まとめ!おすすめの過ごし方とアイテムをご紹介!

冬キャンプでは、どんな過ごし方をするか悩みますよね。
寒いからこそ、キャンプの過ごし方が限られてくるもの。
今回はそんな人に向けて、おすすめの過ごし方やアイテムをご紹介していきます!

冬キャンプでの過ごし方ってみんなどうしてる?

キャンプといえば、四季折々の自然を堪能できるアウトドアですよね。
夏キャンプはもちろんみなさん行っていると思いますが、冬キャンプはまだ行ったことがないという人も多いのでは?
しかしキャンプこそ冬に行うべき!といえるほど、装備をしっかりしていれば初心者の人でも十分に楽しめるんです◎

社長
冬キャンプは、夏キャンプと違ってシェルターやテント内にこもりがちですが、それも冬キャンプの醍醐味のひとつといえるでしょう。

冬キャンプで快適な過ごし方にするために。
装備のポイントをチェックしよう!

テント

冬キャンプの場合、夏キャンプと同じテントなど持っていくギアは同じでも、スペックの面、つまり「冬の寒さ」というところに注目して選ぶ必要があります。
まずテントですが、寒さのなかでテント泊を行うなら、極寒にも耐えうる素材やタイプのテントを選ぶことが大切。
2ルームタイプのテントを使えば、フルクローズできますので、雨や雪のときでも安心です◎
フルクローズで冷気をシャットアウトしましょう!

またサイズによっては、寝室兼リビングとして使えるワンポールテントも、冬キャンプにおすすめ◎
ひとつのテントのなかで全てが完結されますので、寒空のなかを移動せずに済むのは嬉しいですよね。
ワンポールテントを冬キャンプで使う場合は、アウターレインフライの裾が地面までしっかり届くものを選びましょう。
そうでないと冷たいすきま風が入ってきてしまいます。

またコットン幕のテントはポリエステルと比べて熱の移動が少なくなるので、冬のテント内の熱を外に逃がしにくく、結露しにくくなっています。

やまひつじ
冬にこそコットンテントを試したい!というそんな方には UJackワンポールDesertシリーズがおすすめ!

UJack(ユージャック)のワンポールテントDesertシリーズは安くて高機能!これは買いです。

2018年9月8日

コット

夏キャンプでは、テント内のコットで昼寝するあの風通しの良さが、冬キャンプでは仇となりますので、逆に冬キャンプでは、どれだけ冷気を寄せ付けないかがポイントです。
まず、コットとシュラフだけでは、地面の冷たさを防ぐことができず、マットがないと下からの冷気で体が冷えてしまうんです。

ですから、対策としておすすめは、コットの上に断熱性の高いマット、その上に冬用シュラフとすれば、暖かく快適に眠ることができますよ◎
またコットと床の間に荷物を詰め込んで、冷気をシャットアウトするのもひとつの手です!

社長
例として、グランドシート、インナーマット、コット、インフレータブルマット、シュラフと完璧なあったかフル装備がおすすめですよ◎

シュラフ

シュラフには上下を切り離せる封筒型のものもありますが、冬キャンプで使うなら断然マミー型のものがおすすめ◎
なんといっても、体の密閉率が高いですし、意外と寒さを感じる頭の部分まですっぽりと被れるので、あったかさと安心感に包まれて眠れるんです!

化学繊維素材のシュラフよりも、断然暖かいという点ではダウン素材のシュラフがおすすめ◎
パッキングサイズも小さいですし、何かと荷物の多い冬キャンプにもうってつけです!

キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

2019年3月13日

カイロ

部分的にでも暖かさを感じると、体は自然と暖かくなってくるもの。
カイロは手軽に使えて携帯しやすいですし、キャンプでも立派な防寒グッズとして役立ちます。
しかし長時間使用同じ場所に貼り続けたり、貼ったまま寝てしまうと低温やけどの原因になるので注意。

社長
誤った方法で使うとやけどの事故にもならかねませんので、カイロといえど注意して使用しましょう。

冬キャンプでカイロを効率よく使えば寒さ知らず!種類とおすすめもご紹介!

2019年12月10日

ストーブ

やはり冬キャンプには、ストーブは欠かせないアイテム。
しかしどんなストーブでも良いというわけではなく、強い冷気や雪の降る屋外で使える耐久性に優れたものを選ぶのがポイントです。
またタープやテントによっては、暖房使用に適していないものもあるので、安全面も事前にしっかりとチェックしておくことが大切◎

なかには極寒のなかでも効率良く燃焼する特殊な機能が搭載されたストーブもあり、振動や角度調節にも強く、生ガスが発生しないなど安全面の工夫もされているものがおすすめです◎

キャンプに使う薪ストーブの魅力って?おすすめの人気薪ストーブについてもご紹介!

2019年3月9日

冬キャンプの過ごし方はこれ!

人がいないキャンプ場を楽しむ

冬キャンプは、人も少なく初心者でも楽しみやすい環境です。
キャンプ場に到着したら、設営もかっこよく張れずとも、人目を気にしなくても良いですよね。
またフリーサイトなら場所の取り合いもほとんどなく快適です◎

冬の自然を満喫する

冬の空気は澄んでいるという言葉をよく耳にする人もいると思いますが、実際に冬の空気は乾燥することで水蒸気があまりなく、気温が下がることで不純物があまり拡散しなくなることから、夏よりも冬の方なきれいな空気となるのです。
そんななかでコーヒーを入れて一息つく、深呼吸してみると夏のキャンプとの違いを感じるのも過ごし方のひとつですよ◎

やまひつじ
森林浴感覚で冬の自然を満喫してみましょう。

アウトドアでインドアを楽しむ

キャンプは外でいろいろなアクティビティをして楽しむことが多いですが、冬キャンプではあえてやることをなくしてインドアを楽しむのもおすすめ◎
夏キャンプだと昼間テントの中にこもって遊ぶと熱がこもるため不向きですが、冬キャンプは昼から夜まで暖かくしたテントの中で何もせずただ寝転がっているだけという過ごし方ができるのも冬キャンプの醍醐味です。
トランプやプロジェクター、3DS、Switchなどゲームを楽しむのもアリ◎

冬キャンプの過ごし方にぴったりなアイテム!

トランプ

王道のトランプは、キャンプの荷物に忍ばせておきたいグッズのひとつです。
紙製のものだと濡れると破れたりすることもあるため、プラスチック製のものがおすすめ◎小さな子供がいるファミリーキャンプなら、ババ抜きや七並べと簡単なルールのトランプゲームもできますし、子供が小学校高学年以上ならポーカーや大富豪など複雑なルールのものも楽しめますね!

ウノH2O

ウノは小さいこどもには難しいのでは?と思う方も多いと思いますが、実は色と数字さえ読めれば、それなりに楽しめるアイテムなんです!
パパチームとママチームに分かれて、複数人で楽しむのも◎
やまひつじ
どのカードを出すかこどもに選ばせてみるのも、面白いかもしれませんね!

ナインタイル

created by Rinker
オインクゲームズ
テレビで東大生が脳トレに取り入れていると紹介されたこともあるカードゲームです。
2~4人でプレイできるので、配られたゲームタイルをお題のカードの模様や配列に合わせて並べるという簡単なゲームですが、センスと瞬発力が試されるんです!
色鮮やかなカードを見ているだけでもワクワクしますよね!

まとめ

いかがでしたか?
冬キャンプでは、やはりどうやって過ごすのか過ごし方が気になる人も多いですよね。
冬キャンプだからこそ、自然を堪能するのも良いですし、テント内やリビングスペースをしっかり暖房して、ゲームを楽しむのもおすすめです◎

社長
ぜひ冬キャンプで自分なりの過ごし方を見つけてみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!