キャンプ道具をDIYしよう!ポイントやDIY集についてまとめ

みなさんは、どんなキャンプギアを使っていますか?
おしゃれなキャンプギアを揃えるためには、自分でDIYするのが一番早く揃える近道です!
今回はそんなキャンプギアのDIY集やポイントについてまとめてみました。

キャンプ道具は誰でも簡単にDIYできる!

キャンプ道具はたくさんありますが、全部揃えるとなると予算的に厳しいこともありますよね。
さらに木製のおしゃれなテーブルが欲しいにも、金属製のものしか販売されていなかったり、キャンプギアを同じ色で揃えたいにも販売されていない、ということも。

やまひつじ
そんなときにおすすめしたいのがDIYなんです!
アイデア次第では専門知識や道具が無くとも、DIYであれば自分の理想に近いキャンプ道具を製作することが可能です。

キャンプ道具をDIYする前に!大切なポイントを知っておこう

自分の好みのキャンプ道具をDIYする前に、まず大切なポイントについてご紹介します。
このポイントを抑えてから取り組むのと、知らずに取り組むのとでは仕上がりが全く違ってきますから、以下のポイントをしっかりと頭に入れておいてくださいね。

用途を明確にしておく

キャンプ道具といっても、どんなものに使いたいかによって、完成度も変わってきますよね。
例えば、焚き火台とセットで使えるテーブルの作製であったり、クーラーボックスを置くための台の作製であったりと、用途は様々です。

社長
使いたいときのことをイメージしながら設計すると、失敗することなく作製することができますよ!

重さを想定しておく

キャンプではできるだけ荷物をコンパクトにしたいものです。
キャンプ道具を自分の好み通りのデザインにやっと完成したと思えば、いざ持つと重たくて持ち運びができず、結局使えなかったということにもなりかねません。
ですから、キャンプ道具をDIYするときは、軽量化を意識して作製しましょう!

デザインを考えておく

キャンプ道具をDIYするといっても、こういう仕上がりにしたい!というのは人それぞれ違うものです。
有名ブランドのようなおしゃれなデザインにしたいと思っても、想像で作っても完成したときに思っていたのと違うなんてことも。
ちょっとあったらいいのにというのを実現できるのが、自作のメリットでもありますから、あらかじめ自分のロゴを作っても刻印したり、好みの色にペイントしたりと細かいところまでデザインを考えておくと、作りやすいですよ!

素材の特長をおさえる

キャンプ道具をDIYするうえで、使う材料の素材の特長を知っておくことは当然のことです。
木材を使うなら、やすり加工やニス塗りをすることで見映えや耐久性が上がるなど、素材の特徴をおさえて、それを活かす設計をすることもDIYにおける大切なポイントですよ!

どんなキャンプ道具がDIYできる?

ではここからはどんなキャンプ道具がDIYできるのか、またどんなポイントをおさえるべきかについてご紹介します。
DIYするときの参考にしてみてください。

アウトドアチェア


アウトドアチェアはキャンプに必須のアイテムで、ゆっくりつくろげるけど実用性にも優れたデザインにするのがポイントになります。
二つのパーツを組み合わせるアウトドアチェアなら、初心者でもDIYしやすいデザインです。
また背中の布地は丈夫なものであれば、どんな柄でも◎個性を十分にアピールできる上に、コンパクトに収納できます。

アウタドアテーブル


アウトドアテーブルは、折り畳めるようにするとなると少しハードルが高めです。
すでにあるものをリメイクするのも良いですし、市販のアウトドアテーブルの色を塗り替えるだけでもオリジナル感がアップします。
全体を折り畳めるように考えるよりも、天板と脚を別々に考えるとうまくいきますよ!

アウトドアラック


アウトドアラックは、脚と棚板を組み合わせて使うので、収納性も抜群です。
脚をアイアン風に黒く塗ったり、棚板をオイルステインで塗装したりと、アレンジの仕方も豊富に考えられます。
脚立のようなラダースタンドも、タオルをかけたり小物を引っかけたりするのに便利です。

やまひつじ
間に棚板を通せば簡単にアウトドアラックに変身するんですよ!

焚き火を囲めるテーブル


焚き火を囲みながら語ったり、バーベキューをみんなで囲むのは、キャンプの中でも最も楽しい時間です。
食事をするときでもまったりするときでも、火を囲んでテーブルがあると、飲み物を置いたりお皿を置いたりできますから、かなり便利なアイテムです。
ぐるりと囲む広いテーブルを、いかにコンパクトに収納できるかが、DIYするときのポイントとなります。

ミニアイテムを隠すキャンプ道具

キャンプではゴミは持ち帰るのが基本です。
しかしビニール袋に入ったゴミは見映えもよくないですから、自作で分別できるゴミ袋をDIYしたいところ。
またキャンプの収納ケースはタフさが大切です。
車に詰め込むときには脚を折り畳み、フィールドではスタンドで自立できるものだとかなり便利。
収納力も抜群で、ハンドル金具を取り付けるとアウトドア感いっぱいの収納ボックスに仕上がりますよ。

クオリティが高い!キャンプ道具DIY集!

もちろん上記でご紹介したキャンプ道具以外にもDIYできるキャンプ道具はあります。
そんなキャンプ道具のDIY集を集めてみました。

スタイリッシュな木製スパイスボックス


キャンプ料理に凝りだすと持っていく調味料の種類も多くなりがちですよね。
いつのまにかキッチンテーブルの上には調味料がたくさん出ていた、なんてことも。
調味料を整理するためのスパイスボックスは市販でも販売されていますが、コンパクトなものだとあまり種類が入らなかったり、大きすぎてテーブルの上に置けなかったりということもありますよね。
キャンプでのキッチンというのは、ただでさえ狭いものですから、できるだけ調味料はコンパクトにまとめたいですよね。
そんな思いから作られたこちらのスパイスボックスは、収納性高くて、なおかつテーブルの上に置いても場所を取らない省スペースで魅力的です。

参考:キャンプのキッチンを格好良く整理!スタイリッシュな木製スパイスボックス

おしゃれな木製のLEDランタン専用ケース

ひと昔前までは、夜のキャンプサイトを明るく照らす光源を持つランタンというと、燃焼式ランタンが一般的だったため、ほとんどのキャンパーが何かしら燃焼式ランタンを持っていました。
しかし最近では、LED光源のランタンだけでも十分明るいモデルが多く出回っており、使う電池残量さえ気を配っていれば、1~2泊程度なら使える時代となりました。
とはいえ、燃焼式に比べてどうしてもメカニカルな雰囲気を持つLEDに、自然になじんでほしいという思い人も少なくないはずです。
そんなメカっぽさをなくし、ランタンを入れたまま使うことができて、さらにシーンに応じて光照射範囲を変えることができる専用ケースのDIYです。

やまひつじ
おしゃれな木製ケースというところも魅力のひとつです!

参考:LEDランタンがナチュラルな雰囲気に様変わり!オシャレな木製のLEDランタン専用ケース

まとめ

いかがでしたか?
今回はキャンプのDIYについてまとめてみました。
自分の好みのキャンプギアがなかったときは、DIYで製作するのが一番です!
色も形もデザインも自分オリジナルなのはもちろん、自分が求めているキャンプギアが手に入ります。

社長
この際、DIYで素敵なキャンプギアを手に入れちゃいましょう!

[究極のDIY] 自分の考えたキャンプ道具を製品化する方法/サンプル制作/OEM/3Dモデリングなど

2019年1月23日

キャンプにツールボックスがあると便利!布製、スチール製、樹脂製のおすすめも

2019年8月12日

おしゃれなキャンプにするならゴミ箱を使おう!おすすめから自作も!

2019年5月11日

キャンプにおすすめのテーブル5選!選び方から自作方法も!

2019年2月11日

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!