アウトドアにはルーフボックスを使おう!ポイントや選び方からおすすめについても

皆さんの中にはキャンプなどのアウトドアに行く際に、ルーフボックスを使っている人を もいるのではないでしょうか?ルーフボックスを使うことで、キャンプに荷物が多くなりがちでも楽々積載することができます。
そこで今回はアウトドアにおすすめのルーフボックスや選び方、購入するときのポイントについてご紹介します。

アウトドアで荷物が増えたらルーフボックスを使おう!

キャンプなどのアウトドアアクティビティを楽しむときは、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。
こだわればこだわるほど増えていく荷物、荷室も減ってしまいます。
そんな問題を確実に軽減してくれるアイテムがルーフボックスなんです。
車上にキャリアを設置して固定するだけで簡単に使えますので、驚くほど荷物が入り高速道路でも心配無用の耐久性があります。
キャンプなどのアウトドアでは行き帰りのドライブも大切な楽しみのひとつです。

やまひつじ
車内が荷物でぎゅうぎゅうだと窓からの季節も見えないですし、もったいないですよ。

アウトドアでおすすめのルーフボックスのメリットやデメリットは?

ルーフボックスがアウトドアでかなり重宝されるアイテムであることは間違いありませんが、良いところ以外にも悪いところも当然あります。
そのため悪いところも把握した上で、自分が使うシーンに合うかどうか検討してみましょう。

ルーフボックスのメリット

ルーフボックスの最大のメリットは、やはり積載量が格段に増えることです。
スキー板やベビーカーが入るモデルもあれば、テントやスクリーンタープなども入るものもあるので、トランクだけでなく荷物をどんどん積めるのはやはり一番のメリットと言えます。
そして、二つ目のメリットは安いことです。
車のサイズに限りがあっても、買い換えるほどではないと、そんな悩みを持っている人に大活躍してくれるのがルーフボックスです。

ルーフボックスのデメリット

ルーフボックスのデメリットは、駐車場に制限がかかる場合があることです。
最低地上高が上がってしまうため、立体駐車場に入れない場合があります。
もし不安なときは、一度車を降りて確認することが大切です。
2つ目のデメリットとしては、燃費が少し悪くなることがあげられます。
空気抵抗を受けるため、これはやはり避けられないところです。
JAFのデータでも市街地でマイナス2.5%、高速道路でマイナス12.5%という結果も出ているほどです。
郊外や高速道路で燃費が落ちるということは理解しておいた方が良いでしょう。

基本のルーフボックスの取り付け方は?

ルーフボックスを取り付けるためには、まずルーフキャリアを設置する必要があり、キャリアは主に3つのパーツで構成されています。
1つ目のパーツはバーで、このバーの上にルーフボックスが乗ります。
2つ目のパーツはフットで、バーが車体に当たらないように高さを出すためのものです。
3つ目のパーツは取り付けキットで、フットを車体に固定するためのパーツになります。

社長
車によってもルーフサイズが違ってくるため、まずは自分が使っている車の適合表を確認することが大切です。

アウトドアで使うルーフボックスを購入するときのポイントとは?

アウトドアで使うルーフボックスを購入するときのポイントをいくつかご紹介します。
購入する前は事前にこういったことも参考にして購入するようにしましょう。

サイズ

ルーフボックスには最初の展開が豊富にあります。
そのため購入するときは車の大きさや用途に合わせて選ぶことが大切です。
車の大きさに合わせて選ぶ場合、大型ルーフボックスは、SUV、ステーションワゴン、ミニバンなどに最適です。
長さ200センチ未満のルーフボックスだとコンパクトカーに最適です。
また用途に合わせて選ぶ場合は、スキー板やテントを収納する人は長さ200センチ以上のルーフボックスがおすすめです。
またクーラーボックスなどキャンプ用品を収納したいという人は、高さのあるルーフボックスを選ぶようにしましょう。

開き方

ルーフボックスには片側が開くタイプと両開きタイプがあり、両開きの方が安全かつ手軽に開閉を行うことができます。
そのため使いやすいものを選ぶなら、両開きタイプをおすすめします。

ベースキャリアとの適合性

すでにベースキャリアを取り付けているのであれば、ルーフボックスと適合するか確認することも大切です。
できる限り同じメーカーのルーフボックスを購入するのがおすすめです。

社長
適合表は各ホームページなどで確認できますので、チェックしてみましょう。

高さ

ルーフボックスを取り付けると車高が高くなるため、制限のあるところでは注意する必要があります。
例えば車高185センチのミニバンに40 センチのルーフボックスを取り付けたとします。
そのなると220 センチを超えるため、高さ制限200 センチ のところは通れません。
長さや幅だけでなく高さも考慮して選ぶことが大切なのです。

アウトドアにおすすめのルーフボックスは?

ここからはアウトドアにおすすめのルーフボックスについてご紹介します。

カーメイト ルーフボックス55 ブラック BRQ55BK

こちらはイノーが誇る人気のルーフボックスで、これまでの従来のボックスと違って一定の厚みのあるルーフボックスとなっています。
そのため圧倒的な耐久力を誇っており、どんな車種でも合う最高のルーフボックスと言えます。

スーリー ルーフボックス TH6342 ツーリング チタン エアロスキン

こちらはジムニーやランクル、ラングラーなどのSUV車にぴったりなルーフボックスです。
収納力はもちろんのこと、簡単に取り付けられることやワンタッチで開閉できるといった、アウトドアでも最大の実力を発揮してくれるため人気が高いです。

カーメイト ルーフボックス シャドウ124 マットブラック BRU124MBKE

こちらはルーフボックスの底面と車の間から抜ける空気の流れを意識しているため、空気抵抗を減らす工夫が施されている限定ルーフボックスです。
マットブラックは人気のカラーであり、どんな車でも合うデザインが魅力的です。

スーリー ルーフボックス TH6348-1 ツーリング チタン エアロスキン

こちらは420Lという大容量でありながらも重さが15キロのため、一人でも着脱が出来るのが魅力のひとつです。
さらに頑丈のボックスだからこそ耐久性も高く、左右どちらからでも開閉ができるため、荷物の積み下ろしも便利でおすすめです。

カーメイト ルーフボックス33 ホワイト BRQ33WH

こちらは車種を選ばずに取り付けられるデザイン面が充実しており、さらに高い積載量を実現した人気のルーフボックスです。
取り付け自体も簡単で、価格も手頃のためルーフボックス初心者にもぴったりです。

アウトドアでルーフボックスを使えば積載も楽チン!

いかがでしたか?
今回はアウトドアにおすすめのルーフボックスについてご紹介しました。
キャンプでは荷物が多くなってしまいがちですが、ルーフボックスを使うことで積載量もそこまで深く悩まずにラクラク載せることができます。

社長
今回ご紹介したおすすめのルーフボックスや購入するときのポイントを理解して、選んでみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!