キャンプの準備は大丈夫?準備に必要なものをまとめてみた

みなさんは、キャンプに行くときの準備は大丈夫ですか?
ベテランキャンパーなら必要な道具も揃っているので、忘れ物がないと思いますが、キャンプ初心者の人や普段あまりキャンプに行かない人だと、ついつい忘れ物をしがちです。
当日困ったことにならないためにも、しっかりと事前に準備をしておく必要があります。
そこで今回は、キャンプの準備に必要なものについてまとめてみましたのでご紹介していきます。

キャンプの準備は万全にしよう!

キャンプに行くと、いざキャンプ場についたときに「あれがなかった!」や「あれがあれば便利だったかも」というような経験をしたことがあるのでは?
そんなことがないためにも、キャンプに行くときには、必ず事前に準備のチェックをしておくことが大切です!
またキャンプ初心者の人も、「何があればいあのか分からない」ということもあるので、必要なものを確認しておきましょう!

キャンプの準備に必要なものは?

ではここからキャンプの準備に必要なものについてご紹介していきます。

テント

テントは長く使っていくアイテムであるため、初めから機能性に優れているかチェックしましょう。
初めてだとしても機能性があってデザイン製に優れているものがいいでしょうね。

タープ

タープというのはリビングのような空間を作るときに必要なものです。
食事をするときや少しくつろいだりするときに、日差しや雨から遮るための役割があります。
ヘキサタープやワンタッチタープ、スクリーンタープなどタイプもいくつかあるのでチェックしておきましょう。

ペグハンマー

これは、テントに付いているペグを打つためのアイテムで、釘うちハンマーや周りにある石でペグ打ちをしてしまうと、ペグが傷ついてしまうので、これは準備しておきたいアイテムです。

寝袋

寝袋はリュックに入れて登山にも使えたり、3シーズンで使えるシュラフがおすすめです。
やまひつじ
冬のキャンプでも厚着をして寝袋に入れば寒さ対策もできますよ。

マット

マットは、こちらのサーマレストがおすすめです。
これがあるだけででこぼこな地面でも快適に眠れるようになります。
また地熱を遮断してくれるうえに、破れる心配もないので長く使い続けることができます。

エアー枕

キャンプで枕がないと眠れないという人もいますよね。
そんな人はコンパクトに収納できるエアー枕がおすすめです。
こちらは枕の高さを調節でき、専用の袋が付属されているのでコンパクトに収納できますよ。

ランタンなどのライト

夜になると足元が見えず怪我をする可能性もあります。
そのためランタンなどのライトは絶対に持っていきましょう。
全体を照らすライト、テーブルの上を照らすライト、手元を照らすライト、と3つのライトは最低限必要です。
またLEDランタンだと管理もしやすいですし、高輝度でおすすめですよ。
ちなみにジェントスのSOLシリーズは太めのグリップなので使いやすいので人気があります。

ネックライトなどの手元灯

夜中に外を歩いたり、テントの中で夜ゆっくりと自分の時間を満喫するなら、ネックライトなどの手元灯が必要です。
パナソニックのシリコン製ネックライトなら軽いので長時間着けておくことができますし、操作自体も楽なのでおすすめですよ。
また汗を弾いてくれたり、ネックライトなので両手が使えるのも嬉しいところですね。

熱源と調理器具

キャンプで調理するときに必要な熱源、調理器具は必要不可欠ですよね。
ガスでの料理ならジュニアガスバーナーがおすすめです。
折り畳むことができますし、コンビニでも販売されているカセットガスも使うことができるんです。
調理器具は様々なものがいろんなブランドから販売されているので、使いやすいものを選ぶと良いですよ。

クーラーボックス

クーラーボックスは、初めから良いものを購入しておくと、長い間使い続けることができます。
保冷力が変わらず維持してくれるうえに、頑丈でなかなか壊れることもありません。
クーラーは飲み物を冷やしたり、生物を入れておくのに欠かせません。
ちなみにこちらのアイテムは、使ったあとに折り畳むことができるので、コンパクトに収納でき便利なのでおすすめです。

メインテーブル

食事をするときはもちろん、調理をするときにもテーブルは欠かせません。
様々なブランドからたくさんの種類が販売されているので、自分のキャンプスタイルや使う目的に合わせたものをチョイスしましょう。

チェア

チェアは食事をするときやくつろぐとき、また何かの作業をするときなど様々なシーンで活用されることが多いです。
そのため長時間座り続けても痛くならないような座り心地が良いものを選びましょう。

救急箱

キャンプでは何があるかわからないので、怪我をしたときすぐに処置が可能なアイテムをまとめた救急箱は必ず必要です。
社長
一緒にキャンプにいくメンバーとは、置き場所を共有しておきましょう。

キャンプのときに個人で準備するものとは?

キャンプ用品はもちろんですが、その他にもレインウェアなど必要なアイテムがあります。
事前に準備をしておきましょう。

レインウェア

キャンプなどのアウトドアでは天気が変わりやすいため、急な夕立の可能性も十分にあります。
雨に濡れてしまうと体温が思っているよりも奪われてしまうので、雨対策はしっかりとしておきましょう。

レインパンツ

これはレインウェアとともに揃えておきたいアイテムです。
足元が濡れてしまうと体温が激しく奪われてしまうので、設営時や撤収時に雨が降っているなら、レインパンツを持っているとかなり活躍してくれますよ。

スポーツサンダル

サンダルがあると、川遊びにはもちろんですが、サンダルだとサイトで過ごしているときも着脱しやすいのでかなり便利になります。
また滑り止めも付いているため、水場でも安心ですね。

ヘッドライト

ヘッドライトは、ネックライトと同様に灯りを灯しながら両手が使えます。
夜中の真っ暗なキャンプ場ではかなり活躍してくれます。
やまひつじ
人数分あると便利ですよ。

着替え

特に暑い季節だと汗をかきやすいため、1枚余分に持っていくと良いでしょう。
ポイントとしては、動きやすいもの、汚れて良いもの、すぐ乾くもの、軽いものといったところを考えて選びましょう。

防寒用具

夏の季節でも夜は冷え込むことがあります。
特に夜に焚き火を囲むときは防寒用具を準備しておきたいところです。
厚みのあるストールやブランケットなら、膝掛けとしてや包むこともできるので、ちょっとしたときに活躍してくれますよ。

女性は絶対忘れないで!キャンプの準備に欠かせないもの

では最後に女性のキャンプ準備に欠かせないものについてご紹介します。

日焼け止め

やはり夏の季節のキャンプには日焼け止めが絶対欠かせませんよね。
キャンプでは一日中外にいることがほとんどなので、数値の高いものを持っていくのがおすすめです。

メイク落としシート

キャンプのときにお風呂に入れなかったりということもあるので、顔を炊事場で洗えるようにメイクシートも必要です。
やまひつじ
しっかりとメイクを落とした後に顔を洗えば、時間を短縮することもできますよね。

コンパクトなサイズの化粧品

車をテントのすぐ横にとめられない場合は、できるだけ荷物を軽くしたいものです。
そのため化粧水や乳液などのスキンケア用品は、コンパクトな容器に入れて持っていくようにしましょう。
また使いきりのサンプル品などもキャンプのときにはちょうど良いですよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、キャンプでの準備に必要なものについてご紹介しました。
キャンプ当日に「あれがなかった!」「これがなかった!」という風に慌てないように、しっかりと事前に準備しておくことが大切です。
またキャンプ初心者の人は特に必要なものを把握していない可能性か高いので、必ず事前確認をしておきましょう。

社長
今回ご紹介した準備に欠かせないものをぜひ参考にしてくださいね!

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!