電車でキャンプを気軽に楽しもう!メリットやデメリット、おすすめのキャンプ場についても

みなさんは、キャンプに行くとなると車で行く人がほとんどですよね。
しかし電車なら運転する必要がないので、誰かに負担をかけることなく参加できて、みんなで楽しむことができるんです。
とはいえ、荷物が限られたり移動範囲も限られてきますが、駅から近いキャンプ場ならストレスフリーで楽しめるんです!
そこで今回はそんな電車で行くキャンプのメリットやデメリットからおすすめのキャンプ場についてご紹介していきます。

キャンプ場に電車で行くメリットとは?

車がなくても、電車に乗ってキャンプに行くことができる、駅から近いキャンプ場だと楽々ですよね。
とはいえ、キャンプに電車で行くメリットとは何なのか、まずはご紹介していきます。

渋滞や事故のリスクを抑えられる

車だと連休中のキャンプだったりすると、渋滞してなかなか前に進まずイライラ何てこともありますよね。
しかし電車でキャンプに行くということは、渋滞することもなく、車だとあり得る交通事故のリスクも抑えることもできるんです。
さらに運転することもないですし、車に荷物を積むという時間も省けます。

やまひつじ
気軽にキャンプ場でゆったりした時間を過ごすことができるんですね。

帰り際でもお酒を楽しめる

車を運転する運転手にとっては、帰る時間が近づくにつれお酒を楽しめる時間が限られてきます。
グループでのキャンプなら運転手を気遣って、メンバー全員がお酒を飲まないようにするということもありますが、電車でのキャンプならそんな気遣いも必要ないですし、運転手も不要なのでみんなでお酒を楽しむことができるんです。

電車でキャンプに行くデメリットとは?

電車でキャンプに行くとなると、気軽ではありますがデメリットもあります。
ではそんなデメリットについてご紹介しましょう。

荷物の量を制限しなければいけない

車でのキャンプなら、多少かさばる荷物でも車に積むことができますが、電車でのキャンプとなると荷物に限りがあるため無駄なものはなるべく抑える必要があります。

社長
そのためシビアな荷物選びが求められてくるんですね。
とはいえ、キャンプ場によってはトレーラーやコテージでのキャンプも楽しめたり、レンタルグッズが充実しているところもあるので、そういった荷物が少なくても済むところもチェックしておきたいところですね。

移動範囲が限られてくる

車でのキャンプならちょっと近くの遊び場や温泉まで、さっと移動することができますが、電車でのキャンプだとそんな自由に行動することができないため、移動範囲が限られてきます。
移動する予定がないならかなりストレスフリーなキャンプになるので、経験したことがない人は一度挑戦してみるのもおすすめですよ。

電車で行くキャンプ場の選び方とは?

上記のデメリットも問題ないように、キャンプ場を選ぶ必要もあります。
ではそんな選び方についてご紹介していきます。

キャンプ場にレンタルグッズがあるかどうか

電車でのキャンプに行く前に予めチェックしておきたいところが、キャンプ場にレンタルグッズがあるかどうかです。
テントやシュラフなどをレンタルできるキャンプ場は多いですが、中には調理器具もレンタルできるところもあります。
荷物をなるべく減らしたいなら、レンタルグッズを活用するようにしましょう。

やまひつじ
さらにバーベキューの食材を購入できるキャンプ場であれば、手ぶらでもキャンプを楽しむこともできますよ。

キャンプ場の周辺に買い出しする場所があるかどうか

車ならさっと買い出しに行けますが、電車だと買い出しに行くのも一苦労です。
そのため予め買い出しできるスーパーなどがキャンプ場の近くにあるか確認しておくのがポイントです。
反対に買い出しする場所が近くにないときは、電車に乗る前に購入しておくか、また途中で電車を降りて買い出しできる場所を確認しておく必要があるといえますね。

キャンプ場の敷地内にお風呂があるかどうか

車でのキャンプなら近くに温泉があればすぐに行くことができますが、電車だと少し歩ける距離でなければ温泉に行くことが難しいでしょう。
特に女性や子供とキャンプに行くときは、敷地内にお風呂があるかどうか、また歩いていける距離に温泉施設があるかどうかを確認しておくのもポイントになります。

駅から近い電車でも行けるおすすめのキャンプ場について!

ではここからは電車でも行けるおすすめのキャンプ場についてご紹介していきます。

川井キャンプ場

こちらのキャンプ場は東京にある川井駅から歩いて7分ほどのところにあるキャンプ場で、かなりアクセス抜群なうえに都内であるにも自然豊かな緑と河原でゆっくりとした時間を楽しむことができるキャンプ場なんです。
ここではレンタルグッズも充実していたり、バーベキューセットも準備してくれるので、手ぶらでも楽しむことができるんです。
またラフティングやカヌー体験などのアクティビティも充実しています。
さらには、様々なサイズのバンガローがあったり林間のテントサイト、また日帰り用のドッグサイトなどがあるので自分達にあったスタイルのキャンプを楽しめるところでもあります。
川井キャンプ場公式ページ

氷川キャンプ場

このキャンプ場は、東京にある奥多摩駅から歩いて5分ほどのところにあり、駅から近いにも奥多摩の自然を存分に満喫できるところとしても人気があります。
また敷地内には木がたくさんあるので、マイナスイオンをたっぷりと堪能しながらキャンプを楽しむこともできるんです。
さらにここでは予め予約しておけば電車での方限定のお手軽バーベキューセットも準備してもらえることが可能です。
全部で7棟のロッジや21棟のバンガローも充実しているうえに、レンタルグッズも豊富に取り揃えられています。

やまひつじ
気軽にキャンプを楽しみたいという人にはここがおすすめですよ。
氷川キャンプ場公式ページ

なみのこ村

こちらのキャンプ場は神奈川の根府川駅から歩いて10分ほどのところにあり、相模湾に面しているロケーションが絶好だと人気の高いところです。
またログキャビンや寝具などのレンタルグッズも充実しているので、気軽に海でのキャンプを楽しめるところでもあるんです。
さらに隣接しているカフェでは食材やドリンクなどの必要なものも全て揃えることが出来ますし、潮風を感じながら行うバーベキューは贅沢な気分を演出してくれます。

社長
海の香りに包まれたり、波の音を聴きながら眠りについたりと、日常では味わえないような空間をここなら楽しむことができますよ。
なみのこ村公式ページ

パディントンベアキャンプグラウンド

こちらのキャンプ場は、神奈川の相模湖駅からバスで8分ほどのところにあり、相模湖リゾートプレジャーフォレストという遊園地の中にあるところです。
オートキャンプサイトはもちろんのこと、設営されているテントやトレーラー、ログキャビンなど様々なスタイルで宿泊を楽しめます。
さらには食事つきのプランもあるので、手ぶらでも楽しむことができます。
テーマパークの敷地内にあるからこそ、のんびりキャンプするだけでなく、遊園地でたっぷりと遊んだり、温泉で癒されたりと、様々な楽しみ方ができるキャンプ場です。
パディントンベアキャンプグラウンド公式ページ

まとめ

いかがでしたか?
今回は電車でのキャンプにおすすめのキャンプ場、また電車でのキャンプのメリットやデメリットについてもご紹介しました。
電車だと荷物の量は限られますが、キャンプ場の近くに買い出しできる場所やレンタルグッズが充実していれば、ある程度の荷物だけで済むのでストレスフリーでキャンプを楽しめます。

社長
まだ電車でのキャンプに行ったことがないという人は、ぜひこの機会に挑戦してみては?

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!