冬キャンプにおすすめのスノーブーツやアウトドアブーツまとめ!

みなさんは、冬キャンプを楽しむ際にどんな靴を履いていますか?
冬キャンプには、防水性や保温性の高いスノーブーツやアウトドアブーツがおすすめなんです。
そこで今回は、冬キャンプにおすすめのスノーブーツやアウトドアブーツについてご紹介していきます。
冬キャンプを快適に楽しむためにも、まずはブーツから取り揃えてみてはどうでしょう?

冬キャンプに使うブーツは普通のブーツと違う?

キャンプで使うブーツというのは、防水性や防寒性に優れたブーツであるため、通常のおしゃれなブーツとはまた違ってくるんです。
とはいってもキャンプで使うブーツは、キャンプではもちろんのこと、日常でも使えるようなおしゃれなデザインのものもあります。
ブーツの中でもスノーブーツやレインブーツが人気となっていて、アウトドアのブランドごとなどで多くの商品が登場されています。

やまひつじ
おしゃれなデザインのブーツももちろんあるので、うまく使いこなせばキャンプのコーデもワンランクアップしたコーデに仕上がりますね。

冬キャンプに使うブーツの選び方とは?

まずは冬キャンプに使うブーツの選び方についてご紹介していきます。
購入する前にこういった点をおさえておくことで、冬キャンプで履いたときに「失敗した!」ということもありませんよ。

保温力で選ぶ

冬キャンプで大切となってくるのが保温力といえます。
冬キャンプでは、やはり動くことがあまりないので、体はどんどん冷えていってしまう一方ですよね。
そんなときにインナーブーツを取り外すことができるタイプであれば、保温力も高いので手入れもしやすいんですね。
冬のブーツはぴったりなサイズのものを選ぶというよりも、若干大きめのサイズのものを選ぶようにしましょう。
厚手のタイプの靴下をはくこともあると考えて、歩きにくくならない大きさのサイズを選ぶのがおすすめです。

社長
理想はつま先のあたりにカイロを貼ることができるくらいのサイズがよいでしょう。

ソールで選ぶ

ソールの形や作りによって滑りやすさが変わってきますので、ここも選ぶときには重要となってきます。
基本的には氷や圧雪地面だと滑りやすいので歩き方を工夫するのもひとつの方法です。
滑りにくいソールを選ぶためには、メレルやモンベルなどのソールの作りだと比較的に滑りにくいといわれていますよ。

防水性で選ぶ

スノーブーツには、全面防水のタイプもあればそうでないタイプのものもあります。
一般的にはつま先の辺りまでのソールの部分が防水性となっているものがほとんどです。
雪だと水ではないことから防水性のものでなくても、ブーツがびちょびちょになるということは少ないのですが、防水性があるとかなり便利なところです。
そのため、スノーブーツを選ぶときにはラバーのところまで防水性であるのか、また全面的に防水性があるのかというところをチェックしておくようにしましょう。

冬キャンプで使えるおすすめのスノーブーツとは?

ではここからは、冬キャンプで使えるおすすめのスノーブーツについてご紹介していきます。

ソレル カリブー

こちらのスノーブーツは、スノーブーツの中でも特に人気があるブランドのソレルのスノーブーツです。
発売当初から現在まで人気が高くロングセラー商品でもあります。
こちらはアルミフィルムが搭載されているため優れた耐寒性のある着脱ができる9ミリのフェルトインナーブーツが特徴的です。
アッパーの部分は、外から水が入ってこないように防水性のある素材が使われているので、使い勝手の良いスノーブーツです。

ソレル ウインターカーニバル

こちらのスノーブーツは、防水性のあるアッパーにナイロン素材が使われているため、おしゃれなカラーが実現されているスノーブーツです。
やまひつじ
フェルトインナーブーツは、6ミリとなっているので、足元を暖かくしてくれるうえに着脱できるのも魅力のひとつです。

キーン ウィンターポートⅡ

こちらのスノーブーツは、キーンというメーカーの中でも定番のサンダルデザインと機能性を兼ね備えたブーツです。
そのため、厳しい雪山であっても快適に過ごせるように開発されている防水性素材や保温素材が使われていて、アッパーの部分は合皮とメッシュを組み合わせていることで足の蒸れを軽減してくれる機能性が高いスノーブーツでもあります。

冬キャンプにおすすめのアウトドアブーツとは?

上記ではキャンプにおすすめのスノーブーツについてご紹介しましたが、ここからは防水性が特に優れているアウトドアブーツについてご紹介していきます。

ダナー ウィメンズ ダナーライト

こちらのアウトドアブーツは、30年以上も愛され続けているもので、ブーティーを採用しているため防水透湿性がとても優れています。
そのため、ブーツに水がたまりにくくなっており、ソール部分にはビブラムが使われているのでキャンプでも安全に歩くことができます。

キーン ミルウォーキー

こちらのアウトドアブーツは、キーンが独自に開発した素材を使っているため、防水性がとても優れています。
ワークブーツとしても現場で役立つブーツでもあり、長い時間履いていても痛くなったり窮屈に感じることのない快適な履き心地が魅力的です。

ダナー マウンテン600

こちらのアウトドアブーツは、軽量化に優れたブーツで、ダナードライという独自の防水メンブレイン素材が使われているので、かなり防水性機能が高いブーツとしても人気があります。
社長
ソールの部分はビブラムが使用されているので、キャンプで使っても歩きやすいところが魅力的ですね。

ダナー エスクプローラー650

こちらのアウトドアブーツは、上記でご紹介したマウンテン600の次に登場したブーツで、防水性に優れた素材が使われているので、雨の日のキャンプでも安心して使うことができます。
やまひつじ
下り坂であっても滑りにくいブーツと機能性が高いうえに、シンプルなデザインから日常使いのブーツとしても人気がありますよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、冬キャンプにおすすめのスノーブーツやアウトドアブーツについてご紹介しました。
キャンプではシューズを使っている人も多いとは思いますが、冬のキャンプとなると防水性があったり保温性の高いブーツがおすすめです。
また防水性が高いブーツなら雨の日のキャンプでも安心ですよね。

社長
ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!