キャンプにおすすめの寝袋は?寝袋の選び方や種類も理解しておこう!

みなさんはキャンプをするときに寝袋を持っていっていますか?
就寝時はコットなどを使っている方も多いとは思いますが、寝袋の中には着たまま歩くことができるものもあったりと、防寒グッズとしても最適なんです。
とはいっても寝袋にはたくさんの種類があり、使うときの環境などで最適な寝袋を選ぶ必要があります。
そこで今回は、そんな寝袋の選び方からキャンプにおすすめの寝袋についてご紹介していきます。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

購入する前に寝袋の特徴について知ってる?種類や選び方についても!

寝袋をキャンプで使う方もいるとは思いますが、なんとなく良さそうだから、という理由だけで購入してしまうと、せっかくのキャンプも台無しになってしまいます。
さまざまな種類があるのも寝袋の特徴なので、選び方について理解してから購入してくださいね。

寝袋の形はいくつか種類がある!

キャンプ初心者におすすめの形が封筒型の寝袋です。
このタイプはジッパーを閉じなくても掛け布団や敷布団のように分けて使うことができたり、シュラフ同士を繋げて大きな布団にすることもできるんです。

またマミー型とよばれる体全体をすっぽりと包み込むタイプもあり、このタイプは、登山など本格的にソロキャンプを楽しむときに最適です。

社長
全体を包み込んでくれるからこそ、保温性に優れていて冬のキャンプにもおすすめです。

中綿の種類を理解しておこう!

寝袋のシュラフの中綿には2種類あり、それぞれ特徴があるため中綿の種類を把握しておくのも大切です。
大きく分けて

  • ダウン
  • ポリエステル

の2つのタイプがあります。

ダウンの方は、たくさんの空気を含むため保温性に優れていて寝心地がよいのが特徴です。
また収納性にも優れていてコンパクトにできますが、水に弱く洗うときには専用の洗剤が必要です。

やまひつじ
汚れない環境でのキャンプに最適です。

一方ポリエステルの方は、速乾性があり手入れをしやすいのが特徴です。
またダウンのものと比べて価格がリーズナブルなものがほとんどです。
しかしダウンと比べてもサイズがかなり大きくなるため、持ち運びには不便かもしれません。

やまひつじ
荷物をなるべく減らしたいというこだわりがない人にはおすすめですね。

寝袋によってはフィルパワーが違う!

フィルパワーというのは、ダウンに含まれている羽毛のボリュームを表しており、1オンスあたりの体積が大きいほど良質な羽毛であることがわかります。

社長
シュラフでこの数値が大きければ大きいほど暖かくて軽い高性能であるのです。

使う場所や季節で選ぼう!

キャンプでもテントなのか車中泊なのか、使う場所によっても最適な寝袋が変わってきます。
キャンプや夏ならマイナス6から3℃ほど、冬なら最低使用温度がマイナス5℃易化のものを選ぶのがおすすめです。

スペック指標をしっかりと確認しよう!

寝袋には快適使用温度と限界使用温度とよばれるものがあります。
快適使用温度というのは、記載されている温度域なら快適に眠ることができることを示しており、限界使用温度というのは寒さを感じるが使うことができることを示しています。
あくまでもメーカーからの目安ですが、選ぶときには限界使用温度のところは要チェックです。
夏に使うなら5から10℃、冬ならマイナス5℃以下、年中使うならマイナス5℃から5℃のものを目安に選ぶのがおすすめです。

収納時のサイズもチェックしておこう!

キャンプに持っていくとなると移動するときにどれだけコンパクトになるのかも重要になってきますよね。
2リットルのペットボトルくらいの大きさにまとめることができると、収納スペースも幅をとらず嬉しいですよね。
なるべくコンパクトにまとめれるものがいいなら、ダウンの寝袋だと圧縮性も高いのでおすすめですよ。

価格を比較して選ぶ!

キャンプ用品を購入するときに必ずチェックするのが価格ですよね。
寝袋は安いものであれば、1万円未満で購入でき高いものだと10万円ほどするものもあります。
この寝袋の価格は、素材や軽量さなど機能性によって値段が変わってくるので、自分のお財布と相談しながら選ぶのが良いかもしれませんね。

寝袋のジッパーの位置もチェックしておこう!

購入するときに意外と重要視されないのがジッパーの位置です。
しかしいざ使うと気になると、利き手によっては使いにくい場合もあります。
一般的には右ジッパーのタイプがほとんどなのですが、寝袋のブランドによってはジッパーの位置が選べるものもあります。
そのため、自分が使いやすい位置にジッパーがある寝袋を選ぶのもひとつの方法です。

寝るときだけじゃない!多機能性のものもある

キャンプギアは日々進化しているように、寝袋も日々新しいスタイルが開発されています。
寝袋とは思えないような足元が筒状となっていて足をだして歩ける着る寝袋や、デザイン性に優れたおしゃれな寝袋もあります。
一般的な寝袋とは違ったものだと自分のものだとすぐわかりますし、周りの人とも差をつけれるのも魅力です。

寝袋とマットを一緒に使うことがポイント!

キャンプでの就寝時は、寝袋だけではとても快適な睡眠ができるというわけではありません。
寝袋で暖かくてしていたとしても、地面から伝わってくる冷気を防ぐためにもマットが必要なんです。
そのため、準備するのは寝袋だけでなくマットも必須であることを理解しておきましょう。

キャンプにおすすめの寝袋5選!

コンパクト重視の「モンベル アルパイン ダウンハガー」

こちらの寝袋は、モンベルの寝袋の中でも特に収納性に優れています。
そのため、ツーリングキャンプや収納スペースをとらないところは、かなり嬉しいところでもありますね。

冬にぴったりの「ナンガ オーロラライト AURORA light 600DX」

こちらの寝袋は、軽量性や保温性に優れており、表生地には防水コーティング素材のオーロラテックスが使われています。
防水性を保ちつつ蒸気透湿性にも優れており、日本産だからこその良質な品質、コンパクトさが魅力的な寝袋です。

夏にぴったりな「コールマン パフォーマー」

こちらの寝袋は、広々としたゆったりな作りで、夏は寝ているときに汗をかいてしまいがちですが、これなら洗濯機で丸洗いすることができます。
またジッパーを広げるとブランケットやマットとしても使うことができるので、かなり使い勝手の良い寝袋です。

春や秋にぴったりな「イスカ エア450」

こちらの寝袋は、保温効率が考慮されており、特に寒さを感じやすい足元や胸元部分には、ダウンが多くなる造りとなっています。
また狭くもない広くもないちょうど良いフィット感の3D構造で無駄がないからこそ、保温性にとても優れています。
こだわり抜かれた寝袋だからこそ、就寝時も快適に過ごせます。

着たまま動ける「キングキャンプ 歩ける寝袋」

こちらの寝袋は、その名前の通り着たまま歩くことができる寝袋です。
また表地には撥水加工が施されており、裏地は保温性や速乾性に優れているマイクロファイバー生地が使われています。
そのため、汚れても丸洗いすることも可能で、ファスナーを開けば手を出せるので着たまま読書を楽しんだりもできます。

やまひつじ
キャンプにはもちろんのこと、冬の防寒グッズとして自宅でも着用できますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はキャンプにおすすめの寝袋についてご紹介しました。
寝袋にはさまざまな種類があり、ブランドによっては機能性も違ってきます。
自分がどんな機能性を重視するかによって値段も変わってきます。
自分が使いやすい寝袋を選ぶのが大切なので、今回ご紹介した寝袋をぜひ参考に、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!