キャンプ用ブランケットのおすすめ!選び方や使い方についても!

みなさんはキャンプでブランケットを使っていますか?
夏の季節にはあまり使わない人が多いと思いますが、秋や冬の季節になるとブランケットは欠かせないアイテムのひとつでもあります。
そんなブランケットには様々な種類がありますが、まずは選び方から使い方、そのつぎにおすすめのキャンプ用ブランケットについてご紹介していきます。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

キャンプにブランケットは必要!選び方についてご紹介!

ブランケットにはたくさんの種類があり、キャンプ用として使うには選び方も重要となってきます。

社長
まずはブランケットの特徴を理解して選びましょう。

素材で選ぶ

ブランケットには主に以下の3つの素材に分けられます。

  • ダウン
  • フリース
  • ウール

ダウン素材のブランケットは、軽くて保温効果が高いのが特徴です。
空気を抜くように折り畳むことでコンパクトに収納できますし、使いたいときにもすぐに状態に戻る反発力があります。
フリース素材のブランケットは、軽くて肌触りがとても良いうえに値段も安いのが特徴です。
通気性が高いことから、夏にはぴったりですが冬には合わない場合もあります。
ウール素材のブランケットは、吸湿性に優れており水分を逃がす放湿性も高いのが特徴です。

やまひつじ
さらには保温性も高いのですが、水の影響を受けやすいのも特徴です。

目的にあったサイズのものを選ぶ

ブランケットには様々なサイズのものがあります。
そのためブランケットを選ぶ際には、自分がどういった目的で使用するかによって、サイズも変わってくるのです。

社長
キャンプ用として使うのであれば、コンパクトなサイズのものが一番ベストといえますね。

軽量でコンパクトなものを選ぶ

キャンプにブランケットを持っていくなら、なるべく軽量でコンパクトに収納できるものがおすすめです。
キャンプといえば荷物が多いですので、持ち運びが便利なブランケットが適しているのです。
また収納ポケットがついていたり、収納できる専用の袋がついているものが携帯性も優れていておすすめですよ。

ブランケットは膝掛けとしてだけじゃない!おすすめの使い方

チェアカバーとして使う

キャンプ用のチェアは、ほとんどのものが通気性がよい素材や生地で作られています。
夏の季節にはぴったりですが、寒い季節に使うのは少し悩みどころですよね。
そんなときにブランケットをチェアにカバーとしてかければ、暖かくなるうえにおしゃれな見た目に変身するのでおすすめです。

タペストリーの代わりとして使う

テント内の装飾としてブランケットをタペストリー代わりとして使うのもおすすめです。
薄いタオル生地のような軽い素材のものを選んで飾ると、テント内も一気に華やかになりおしゃれ度がワンランクアップしますよ。

コタツ布団の代わりとして使う

冬の季節にキャンプを楽しむには、寒さ対策が大切となってきます。
コタツ布団だとかさばって持ち運びが大変ですが、ブランケットであれば大きいサイズのものをコタツ布団の代わりとしても活躍してくれます。

焚き火の近くでも使えるおすすめのキャンプ用ブランケット!

コールマン アウトドアリバーシブルブランケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B00NGXO0WW/

こちらのブランケットは、コットン素材となっているため火の粉が飛んできても、穴が開く心配がいりません。
焚き火の近くでも使えるので、子供も安心して使えますよね。
また大人女性が横になって体をちょうどよく覆えるくらいのサイズとなっているうえに、フリース素材だからこそ触り心地も抜群です。
チェック柄のデザイン性も高くとてもおすすめです。

ロゴス 防炎ブランケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HXG0DSC

こちらのブランケットは、日本防炎協会認定マークが取得されているほど、防火性に優れているブランケットです。
アクリル素材だからこそ羽毛も目立ちにくくホコリが舞うこともありません。
いざというときには、火消しにも使えるためひとつは持っておきたいアイテムですね。

キャンプで軽量重視ならダウンブランケットがおすすめ!

イスカ ダウンブランケット

こちらのブランケットは、寝袋を専門としているメーカーから登場しているブランケットで、中綿は良質なダウン、生地には強度と耐久性のあるナイロンが使われています。
なんといっても耐久性に優れており、長く使うことができるブランケットです。
150グラムとかなりの軽量で、内側ポケットに収納すればコンパクトになるので持ち運びにも便利です。

カナディアンイースト ダウンブランケット

こちらのブランケットは、様々な幅広いキャンプ用品を展開しているメーカーから登場しているブランケットです。
保温性の高いダックダウンが90%も中綿に使用されていて、撥水加工が表地に施されています。
またスナップボタンがついているため、ブランケットだけでなくボレロ、巻きスカートとしても使用することができます。赤と緑の2色の展開です。

アテパ マルチプル ダウン ブランケット

こちらのブランケットは、大判サイズとなっているので、様々な防寒対策として活用できるブランケットです。
上質なホワイトダックダウンを90%も使用しており、キルティング加工が施されているので、ふっくらと立体感があり柔らかい肌触りが魅力的です。
サイドにはスナップボタンがついていて、閉じれば寝袋として広げればレジャーシートとしても活用することができる優れものです。

多目的で使うのにおすすめのキャンプ用ブランケット!

HIGIMOUNT オールウェザーブランケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B0199Q1L7Q/

こちらのブランケットは、様々な目的に使うことができるブランケットです。
見た目はレジャーシートのように感じますが、見た目通りテントの下に引くグラウンドシートやレジャーシート、また防寒として使うこともできます。
防水性に優れていることから、冷気が対策としても使うことができるんです。
もちろん保温性抜群なので、通常のブランケットとしても使えます。

ソル スポーツユーティリティブランケット

こちらのブランケットは、防水性に優れており、テントの防水用としても使うことができる万能のブランケットです。
耐久性にも優れているため、薪など重たいものをのせて運ぶときにも使用できます。
さらに保温性も抜群なので、肌触りやダウン独特のシャカシャカとした音が気にならなければ、高性能のブランケットです。

ブランケットで暖かさ重視ならウール素材のブランケットがおすすめ!

ペンドルトン チーフジョセフクリブブランケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M0SGLWM/

こちらのブランケットは、ウール素材の暖かさに優れているブランケットです。

やまひつじ
なんと8割がウール素材で造られているため、かなりの保温性に優れています。
もちろん耐久性もあるので長く使うことができますし、使えば使うほど味がでてくるためお気に入りのアイテムになること間違いなしです!

膝掛けにはちょうど良いサイズです。

ツイードミル 大判ブランケット

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0A13NB/

こちらのブランケットは、通常使いとしても人気のあるブランケットです。
素材は羊毛を100%使っており、厚手で保温性が高いだけでなく優しい肌触りなのも特徴です。
また大きなサイズとなっているので、体全体を覆うことができますし、カラーバリエーションも豊富で自分の好みのものを見つけることができますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回はおすすめのキャンプ用ブランケットについてご紹介しました。

ブランケットといっても様々なタイプのものがあり、自分が使う目的によって選ぶ必要があります。

暖かさや軽さ、また防水性や防火性など、自分がどんなことを重視するかによってもブランケットの種類は変わってくるので、それぞれ適したシーンや特徴をしっかりと理解したうえで購入してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019.01.29

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!