キャンプ用のベッドって?おすすめのベッドから選び方まで!

キャンプ用のベッドって持っていますか?
キャンプにいくときにベッドを持っていかないという人も多いのではないでしょうか。
しかしキャンプ用のベッドは、ベッドしてだけでなく冬の寒さをしのぐためや、荷物の置場所としてもかなり活躍してくれるんです。

やまひつじ
ぜひ今回ご紹介するアイテムを参考にしてみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

キャンプにはベッドがおすすめ?おすすめの理由について!

どんなサイトでも対応できる!

ベッドがあると、地面と体が接していないことから、地面がどんな状況であったとしてもその地面の影響を浮けずに快適に過ごすことができるのです。

やまひつじ
たとえ石があるようなサイトでも問題ありませんよ!

断熱効果がある!

ベッドを使うと地面から体まで高さがあるため、地面からの冷たい空気や熱を遮断することができるのです。
さらにベッドの下に置くことによって、断熱効果をより高めることができますよ。

コンパクトに収納できる!

キャンプのベッドには、コンパクトに収納できて軽量なものがほとんどです。
そのため、どこ手も気軽に持ち運ぶことができ、バックパッカーに入れて愛用されているものもあるのす。

キャンプ用のベッドの種類

キャンプ用のベッドには2種類があります。

  • ローコット
  • ハイコット

ローコットのほうは、その名の通り高さが低くなっているので、子供も高いところから落ちる心配もなく安心して使うことができます。
またテント内で横になれば天井との距離が広いことから、とても解放感を得ることができます。
さらに、地面に近いからこそ、地面においている物が取りやすいところも特徴です。

一方でハイコットは、荷物を置く場所などに使うことができたりと万能なところが魅力のひとつです。
またテントの中でベッドの下に荷物を置くことができるスペースをとることもできます。
十分な大きさのテントであれば、圧迫感を感じることなく快適に過ごせるのです。

キャンプ用ベッドの選び方は?

キャンプ用ベッドを選ぶときには、様々な選び方があるのですが、ベッドはさまざまな種類が取り揃えられているため、選ぶときが重要になってきます。
どんなシーンで使うのか、というところをしっかりと想像しながら選ぶことが大切です。

社長
ベッドの特徴を理解してから購入してみてくださいね。

軽いもの

選び方の1つ目としては、軽いものです。
やはりキャンプ用品は軽いものを重要視している人も中にはいるはずです。
しかしベッドとなるとなかなか構造上、丈夫な作りからも重たいものがほとんどですよね。
そんなときにベッドはなるべく軽量化されているものを選ぶということが大切です。
特にソロキャンプでは特に重要視したいところですね。
値段が高めのものは、機能性抜群です。だいたい軽量化されているものは、ほとんどのものが高い値段で販売されているといっても良いでしょう。
しかし、高いからこそ機能性抜群なのでキャンプではかなり活躍してくれること間違いなしですよ!

寝心地の良さで選ぶ

ベッドだからこそ寝心地の良さはかなり重要となってくるのではないでしょうか。
寝心地が良いと感じるにはシートの張りが重要となってきます。
シートの張りが強いものというのは、からだが沈みにくいため、寝返りをしやすいのです。
とはいっても張りが強すぎると、肩や腰に逆に負担をかけてしまうため、注意が必要です。ですが、その人その人シートのかたさの好みがあると思います。
柔らかい寝心地が良いなら、シートの張りに余裕があるものなどを選ぶと良いでしょう。

組み立て簡単なもの

組み立て簡単なものであれば、くみたてるときも片付けるときも手間が要らず楽ですよね。
シートを強く張る必要があるものもあるので、簡単に調節できるようなものを選ぶとかなり楽になります。
また中にはワンタッチで簡単に組み立てができるようなタイプのものもあります。
脚が収束式となっているので、組み立てが簡単で女性でも気軽に使えるのです。

おすすめの折り畳み式キャンプ用ベッド

ロングサイズの「テントファクトリー スパイダーアクションベッド」

こちらのベッドは、アメリカンサイズのロングサイズのキャンプ用ベッドとなっています。
フレームがとても安定感があり、寝返りさえも安心してできるベッドです。
組み立てて設置するときも楽で折り畳みも簡単にでき、頭の部分が斜めになっているためとても寝やすいベッドでもあります。

短時間で組み立て可能な「コールマン パックアウェイコット」

こちらのベッドは、わずかな短時間で組み立てることができるため、ベッド自体に時間をかけることなくすむベッドです。
コンパクトにまとめることができる上に、軽量化されているので持ち運びも楽々です。

外遊びにも最適な「ユニフレーム リラックスコット」

こちらのアイテムは、キャンプにはもちろんのこと、ちょっとした外遊びにも最適なベッドです。
さらに簡単に広げることもできますし、生地の伸びも均一しっかりとあるデザインが魅力的で、そんなデザインだからこそ快適な寝心地を過ごすことができますよ。

リクライニング式のおすすめキャンプ用ベッド

5段階調節可能な「キャプテンスタッグ ビーチキャンプ用リクライニングベッド」

こちらのアイテム、組み立て自体も簡単なフォールディングベッドとなっており、5段階のリクライニングが5段階もできるため、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

枕一体型の「リクライニング式チェアーベッド」

こちらのアイテムは、枕が一体になっているタイプとなっていて、チェアとしてもベッドとしても使えるアイテムです。
枕が一体になっているからこそ、キャンプでのリラックスしながらに過ごすことができます。

組立式のおすすめのキャンプ用ベッド

組立式のキャンプ用ベッドになると広げるだけでは設置できず、
組み立てるために時間がかかります。しかし安定感もその分抜群で、コンパクトに収納ができ軽量化されているものがほとんどですよ。

安定感抜群の「コールマンベンチ コンパクトローコット」

こちらのアイテムは、ロースタイルのコットとなっていて、安定感が抜群のベッドです。
背の低いテントでも使うことができるベッドです。

超軽量化の「サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトライコット レギュラー」

こちらのアイテムは、スリーピングマットを使っている人がたくさんいるほどです。
バックパッカーにも愛用されているほど超軽量コットとなっています。
また独自のフレームによって強度を保っており、伸びにくい生地が使用されているので、長い期間使っていても壊れにくい設計となっています。

キャンプ用でおすすめのエアー式アウトドアベッド

空気のタイプの場合は、空気を入れて膨らませる必要がありますが、寝心地のよさはかなり抜群ですよ、

粘着性に優れている「ロゴス エアベッド OMNIエアベッド」

こちらのアイテムは、エアベッドのクッション性能の要ともいえるコイルの部分に粘着性に優れたバージンPVCのみをつかっていて、独自の形で上下にあるシェルを支えているのです。

大人もゆったりできる「フィールドア エアベッド クイーンサイズ」

こちらのアイテムは、厚みが23センチもあるため、地面のでこぼこや冷気も全く気にならないほど、冷気から守ってくれるベッドです。大人も揺ったりと過ごすことができるクイーンサイズでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
今回はキャンプ用のベッドについてご紹介しました。
キャンプ用のベッドは、様々な種類やメーカーもあり、そのアイテムによって組み立て方もサイズも寝心地の良さも変わってきます。自分の好みの寝心地があるとおもいますので、今回ご紹介したアイテムをぜひ参考にしてみてくださいね。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!