冬のキャンプを楽しむには?服装から料理、暖房グッズや寒さ対策についても!

みなさんは冬のキャンプをしたことありますか?

「冬の季節にキャンプって寒いじゃん…」って思う方がほとんどだと思います。

しかし、冬のキャンプは、寒さ対策をしっかりすれば夏のキャンプよりも快適に過ごせてしまうんです。
そこで今回は、そんな冬のキャンプを楽しむための服装や料理、また暖房グッズや寒さ対策についてもご紹介していきます。

冬のキャンプを楽しむための服装とは?靴は何を履けばいい?

冬のキャンプはかなり冷え込みます。
特に朝や夜になると特に寒くなるので、服装で寒さ対策をしっかりと行っておきたいものですよね。
標高が100メートル上がることに気温は0.6度下がると言われているので、
普段の服装だと冬のキャンプを快適に楽しめません。
そのため、冬のキャンプでは寒さ対策を行うことが重要なポイントと言えるのです。

やまひつじ
なるほど

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

1.自分の目的に合ったキャンプ用のアウターを見つける!

まず冬のキャンプに必要なのはアウターです。寒さ対策をする服装ならアウターは欠かせません。

  • レインコート
  • ダウンジャケット

2つのアイテムがおすすめです。

レインコートなら雨や風などの天候を気にせず冬のキャンプも楽しめます。
キャンプをしているときに、急に雨が降ってきたりすることもありますが、そんなときにも安心です。
レインコートは機能性が高くて、下に重ね着をするということを考えた1枚にすると良いでしょう。

ダウンジャケットなら、寒さ対策にはとてもおすすめです。
暖かいですし、下に重ね着をしなくてもすみます。
また最近ではダウンジャケットでも軽いものが多いので、冬のキャンプにもおすすめです。

やまひつじ
なるべくお金をかけたくないなら、ユニクロのダウンジャケットでも良いでしょうね。

2.冬のキャンプにおすすめのパンツ

冬のキャンプに最適なパンツの服装は、
しっかりと寒さから守ってくれるような裏起毛やダウンパンツがおすすめです。
またこれでも寒いなら、その下にタイツやレギンスをプラスするのが良いですよ。

3.冬のキャンプにおすすめの靴

冬のキャンプに靴も重要となってきます。寒さというのは、
地面から伝わってくるため一番の寒さ対策は、足元といっても過言ではありません。
冬のキャンプにおすすめなのは、ウィンターブーツです。

ウィンターブーツだと寒さ対策だけでなく蒸れないようにしたいところですね。
また滑りにくいグリップ力があるものや浸透性が高いものを選ぶのもおすすめです。

冬のキャンプのおすすめの料理って?温まる料理についてご紹介!

① 体温まる定番メニュー『おでん』

冬のキャンプには、冬の定番メニューであるおでんがおすすめです。
おでんは、事前に家で作っておきシャトルシェフに入れて持っていく、
というのが簡単なのですが、おでんは下準備だけでも行っておけば、
キャンプ場でもすぐに温めるだけで済みます。
まだキャンプ初心者だと、張りきって凝った物を作るというよりは、
おでんのような手軽な物を作る方が簡単ですしお酒のつまみにもなるのでおすすめですよ。

社長
子供から大人まで楽しめますね。

② 子供も喜ぶ『カレー鍋』

カレーと言えばアウトドアで定番のメニューですよね。
冬のキャンプには、そんなカレー鍋がおすすめです。
カレー鍋なら子供も喜んで食べてくれますし、手軽でママたちも喜ぶこと間違いなしですよね。

社長
さらにカレー鍋は体も温まるのでかなりおすすめです。

コンソメを使ったり和風だしを使えば、バリエーションも様々なので飽きることもありませんよ。

③ 大人のアウトドアにぴったりな『ピリ辛トマト鍋』

大人のアウトドアにぴったりなピリ辛メニューは、
美味しいだけでなく体も程よく温まるのでおすすめです。
もちろん、ベースは鶏ガラやコンソメとバリエーションも様々です。
トマト鍋なら、水煮缶とケチャップを鍋に投入するだけで簡単です。
こだわりでスパイスを入れても美味しく食べれますし、
最後に〆で麺をいれたりリゾットにもできるので、
気分によって最後まで楽しめる料理でもありますね。

冬のキャンプには欠かせない暖房グッズは?ストーブがおすすめ?

① 焚き火台

最近は直での焚き火が禁止されているところも多いですよね。
そのキャンプ場の環境に合った焚き火台を使うのがおすすめです。
焚き火台は、様々なメーカーから登場しているので、メーカーによっては値段も使い勝手も変わってきます。
中でもおすすめなのが、持ち運びが楽な焚き火台です。
バーベキューができる焚き火台なら、マシュマロを焼いたりと夜の冬のキャンプも楽しめるので、みんなで囲って寒い冬でも温まることができますね。

② 灯油ストーブ

灯油ストーブを冬のキャンプをするときに持っていくなら、
軽くてコンパクトなものがおすすめです。持ち運びがしやすいので、
持っていく際にも邪魔になりませんし、遠赤外線効果によって周囲も温めることができます。
対流型だと全体を暖めてくれますがテントの中心でないと鍛治の危険性もあります。
しかしコンパクトなストーブであれば、ストーブの上に鍋をおいたり、またやかんなどを置いたりもできるので便利ですよね。

③ カセットガスヒーター

カセットガスヒーターは、少し部分的に温めたいときに活躍してくれます。
カセットガスヒーターは、市販のカセットボンベが使えるためかなり便利です。
さらに、値段もお手頃なものがほとんどなので手軽に購入できますし、
暖房グッズのサブとして準備しておくのもおすすめですよ。
これなら、テントの端に置いても場所をとることなく、ストーブと一緒に使って冷える足元に使うこともできますよね。

その他の寒さ対策は?冬のキャンプでも快適に過ごせる!

① 銀マット

銀マットは熱を反射してくれるため、基本的には長く使うことができます。
物によっては3年使っても破れない物もありますし、銀マットは冬の寒さ対策としては基本とも言われています。
日常生活でも断熱用マットとしても使われたりするので、冬のキャンプの寒さ対策にはもってこいのアイテムですよ。

② インナーマット

インナーマットも寒さ対策にかなり活躍してくれるアイテムです。
インナーマットはクッション性もあるので、キャンプのテントも快適に過ごすことができます。
インナーマットをテント内に敷いておくことで、床からくる冷気を体が感じることなく過ごせるので、寒さ対策としてもおすすめなんです。

③ スリーピングマット

スリーピングマットは、普段家で使っている方も多いのではないでしょうか。
そんな自宅でも寒さ対策として使われているほど、活躍してくれるのがこのスリーピングマットです。
このスリーピングマットは、少し無茶なキャンプであっても寒さをしっかりと防ぐことができます。
スリーピングマットは、メーカーによっても厚みが変わってきますが、厚みが10センチもあるものは、かなり快適に過ごすことができます。
スリーピングマットは、クッション性が高いので、冬のキャンプだけでなく夏のキャンプにも活躍してくれますよ。

冬のキャンプにあったら便利な持ち物とは?

① ゴム手袋

ゴム手袋って冬のキャンプをするときに意外と忘れてしまいがちなアイテムです。
また始めから持っていかない人も多いですよね。キャンプ場では温水がでないので、
冬のキャンプのときにはかなり冷たい水を使うことになります。
そんな冷たい水だと体も冷えてしまいますが、ゴム手袋があれば手が冷えにくくなるので洗い物も快適ですよ。

② ホットカーペット

ホットカーペットもあると便利ですが、これは電源サイトを使うとかにしか使えないアイテムです。
しかし、ホットカーペットをテントに敷けば、テントの中の空気も暖まりますし、足が冷えることもないのでとても快適に過ごせます。
さらにストーブなどと違って一酸化中毒の危険性もないので、安全に寒さ対策できるのであったらとても便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は冬のキャンプを楽しむための服装や料理、また暖房グッズや寒さ対策についてご紹介しました。
冬のキャンプは、寒いからといってあまりしようと思わない人が多いですよね。
しかし、しっかりと寒さ対策をすれば冬のキャンプも快適に過ごますし、冬のキャンプで見る星空は圧巻のものです。

やまひつじ
ぜひこの機会に冬のキャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

キャンプ初心者必見!初心者キャンパー向けのキャンプ用品はこれだけでいい!

2019年1月29日

Youtubeやってます!
チャンネル登録ぜひよろしくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Kazuki

佐藤和樹(Kazuki Sato) 株式会社UJackの代表取締役社長。現在26歳。 趣味はキャンプと車弄りと映画鑑賞。 本社は千葉県にあり、 キャンプ用品をメインに取り扱っている。 製品の設計や開発なども独自に手掛ける。 UJack(ユージャック)は universal jack(世界に浸透する)を意味し、 文字通り世界中の人々にユージャッカーになってもらうことが目標。 あなたのアウトドアライフにさらなる”喜び”を。 Twitter、インスタグラム、Youtubeなどでも活動中!